9月7日@東京ドーム

9月7日@東京ドーム

ポルノグラフィティ、
デビュー20周年の締め括りで
東京ドーム2デイズ公演を開催!
初日はお祭り騒ぎで締め括り

ポルノグラフィティが20周年のアニバーサリーイヤーの締め括りとして、9月7日・8日の2日間に渡って東京ドームで『20th Anniversary Special LIVE“NIPPONロマンスポルノ'19〜神vs神〜”』を開催した。10周年の時にも東京ドームライヴを行なったが、今回は2デイズ開催。両日ともにチケットはソールドアウトし、1日目と2日目でセットリストが大きく異なる、まさに両日必見の公演となった。

9月7日、火薬の特効の音が会場に響き渡り、ファンファーレが鳴って1日目のライヴが始まった。バンドメンバーとともに、岡野昭仁(Vo)と新藤晴一(Gu)が登場すると大きな歓声が起こり、1曲目の「プッシュプレイ」、そして「メリッサ」を続けて演奏。“東京ドーム! さぁ、『神vs神』始まったよ。最高の1日にして帰ろうぜ!”と昭仁が呼びかけ、さらに会場を熱くさせた。

取材:田中隆信
 ポルノグラフィティが20周年のアニバーサリーイヤーの締め括りとして、9月7日・8日の2日間に渡って東京ドームで『20th Anniversary Special LIVE“NIPPONロマンスポルノ'19〜神vs神〜”』を開催した。10周年の時にも東京ドームライヴを行なったが、今回は2デイズ開催。両日ともにチケットはソールドアウトし、1日目と2日目でセットリストが大きく異なる、まさに両日必見の公演となった。

 9月7日、火薬の特効の音が会場に響き渡り、ファンファーレが鳴って1日目のライヴが始まった。バンドメンバーとともに、岡野昭仁(Vo)と新藤晴一(Gu)が登場すると大きな歓声が起こり、1曲目の「プッシュプレイ」、そして「メリッサ」を続けて演奏。“東京ドーム! さぁ、『神vs神』始まったよ。最高の1日にして帰ろうぜ!”と昭仁が呼びかけ、さらに会場を熱くさせた。

“すごいよ、東京ドーム。今日はギターも弾くけど光景を目に焼き付けて帰る”と晴一が会場を見回して話すと、昭仁も“今日という日を楽しみにしておりました! 息つく暇もなく、盛りだくさんで行くのでけん。覚悟してもらっていいですか? 最後までよろしく!”とファンに呼びかけ、スペシャルゲストの本間昭光を呼び込み、「ミュージック・アワー」「マシンガントーク」「ヴォイス」「狼」を本間のピアノとともにメドレーで聴かせた。デビュー曲の「アポロ」ではヴォーカルのレコーディングに6時間も掛けたことなど、当時のエピソードも披露したあと、“この曲で素晴らしいスタートを切れたというか、20年はこの曲がなければスタートが切れなかった曲です”と昭仁が曲紹介をして演奏。前半は本間のピアノと晴一のギターの演奏のみで昭仁が歌い、後半はそこにバンドの演奏が加わるというアレンジで聴かせてくれた。

中盤、懐かしい映像が映し出されたあと、小鳥のさえずりが聞こえると、会場からは笑い声が。というのも、これが聞こえたら昭仁のソロコーナーが始まることをファンは知っているから。恥ずかしそうにステージに再登場した昭仁は“小鳥のさえずり、「また昭仁がひとりでやるな」って、おざなりの拍手じゃなかった?”と会場を沸かせつつも、“広い東京ドームですので、真ん中行くわ”と花道を通ってセンターステージに移動し、「n.t.」をアコギの弾き語りで披露した。続いて、晴一がカントリーテイストの「Hey Mama」をアコギを弾きながら歌唱し、会場を和ませる。

そして、ここから後半戦へ。“2組目のスペシャルゲスト、Fire Horns! 20周年ということで新しいことに挑戦。スガシカオさんのライヴで観て、いつかライヴで一緒にやりたいと思っていて、それが実現しました!”と紹介し、「渦」「俺たちのセレブレーション」「ジレンマ」「愛が呼ぶほうへ」をホーンセクションとともにファンキーに、そして華やかに披露した。炎の特効で文字通り熱くなった「ラック」、ファンが左右に腕を振り、そして大合唱で盛り上げた「キング&クイーン」を聴かせ、再びFire Hornsも加わり「Mugen」「ネオメロドラマティック」「ハネウマライダー」といったアップテンポな楽曲でどんどんテンションを上げていく。「ハネウマライダー」での約5万人のタオル回しは壮観。“まだいける?”と昭仁が呼び掛け、手拍子からの「アゲハ蝶」。“♪ラララ〜”と大合唱しながら、場内にウェイブが起こった。

“自分たちのことをポルノグラフィティと名乗って、大阪で活動を始めたのが25年前。吹田というところにあるフリーバードっていう6畳に満たないスタジオで音を出したんだけど、ただただ音を出してるだけで楽しかった。まだ何もなし得てないわしらでも、おぼろげながら夢を描くものです。それから25年経ちました。駆け出しの頃の僕らが全く想像もできんかった場所に、今、僕らは立っています。こんな場所にポルノグラフィティを連れてきてくれてありがとう。今までで一番素敵な景色を見せてくれて本当にありがとう”と昭仁が感謝の想いを伝え、最新シングル「VS」で本編が終幕した。

“ポルノコール”に応えて、バンドメンバーと一緒に昭仁と晴一がステージに再登場。“結構いっぱいやったで? それでもまだ足りん? 分かった! あんたら心してかかってきな!”と「オー!リバル」では昭仁と晴一がステージの上手と下手に用意されたフロート車に乗り込み、外周を周回りながら歌い、演奏した。昭仁はバズーカ砲を使ってサイン入りボールを客席に投げ込むファンサービスも。コール&レスポンスで観客とコミュニケーションを取りながら、ぐるっと周回ってステージに戻って「Century Lovers」を演奏。最後はスペシャルゲストの本間とFire Hornsを呼び込み、“この1年、20周年ということでいろんなイベントやらライヴやらやってきたんですけど、あたらためて素晴らしい愛をいただいてるなって感じました。このファンがあったからポルノグラフィティの20年があったと思います。これからも皆さんの期待に応えられるように頑張っていきたいのでお願いします! 最後、皆さんと大騒ぎして帰ろうや!”と言って、お祭り騒ぎの「ライラ」で1日目を締め括った。

取材:田中隆信

【セットリスト】
1. プッシュプレイ
2. メリッサ
3. THE DAY
4. メドレー
~ミュージック・アワー
~マシンガントーク
~ヴォイス
~狼
~ミュージック・アワー
5. アポロ
6. グラヴィティ
7.Twilight,トワイライト
8. n.t.
9. Hey Mama
10. 渦
11. 俺たちのセレブレーション
12. ジレンマ
13. 愛が呼ぶほうへ
14. ラック
15. キング&クイーン
16. Mugen
17. ネオメロドラマティック
18. ハネウマライダー
19. アゲハ蝶
20. VS
<ENCORE>
1. オー!リバル
2. Century Lovers
3. ライラ

■ポルノグラフィティ オフィシャルHP
https://www.pornograffitti.jp
9月7日@東京ドーム
Blu-ray&DVD『ポルノグラフィティ 20th Anniversary Special Live Box』2019年12月25日(水)発売
    • 【Blu-ray】
    • SEXL-140~4/¥24,000(税込)
    • 【DVD】
    • SEBL-280~7/¥20,000(税込)
    •  
    • <収録内容>
    • 1.『16th ライヴサーキット“UNFADED”』横浜アリーナ公演の模様
    • 2.『16th ライヴサーキット“UNFADED”』ツアードキュメント映像
    • 3. スペシャルな20周年LIVEの映像(詳細は後日発表)
    • 4.これまでのライヴを振り返りながらメンバーが語る、本ボックスのために収録した「しまなみテレビ特別編」
    • ※その他、豪華特典封入予定
    •  
    • ※12月25日(水)同日に『16th ライヴサーキット“UNFADED”』のみを収録した映像商品もリリース予定(『ポルノグラフィティ20th Anniversary Special Live Box(仮)』に収録される『16th ライヴサーキット“UNFADED”』横浜アリーナ公演の模様と同じ内容です。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着