名古屋城をバックに野外オペラ『蝶々
夫人』が上演される「ジャパン・オペ
ラ・フェスティヴァル」開催

日本の歴史的建物を借景として上演する、世界でも唯一無二の壮大なスケールの野外オペラ、“ジャパン・オペラ・フェスティヴァル”が、2019年9月26日(木)から29日(日)にかけて開催され、名古屋城天守閣前広場 特設ステージで『蝶々夫人』が上演される。
イタリアの作曲家プッチーニが作曲した『蝶々夫人』は、明治初期の長崎を舞台にした作品で、世界中で今もなお愛され続け上演回数も多い作品。本年の野外オペラの演出を手掛けるのは、世界各地を飛び回り斬新とひらめきの中、うっとりする美しいオペラを演出することで知られるガブリエーレ・リビス。昨年一般公開となり話題となった本丸御殿を蝶々夫人の家屋と見立てる演出を予定している。指揮はイタリアが認めた日本人指揮者、吉田裕史が務める。イタリア有数の歌劇場で現在活躍中の豪華実力派のソリスト、オーケトラ、合唱、舞台美術、衣裳、照明、演出が勢揃いし融合する、まさに世界最高の舞台芸術。イタリアの文化と日本の文化が織り成す美の饗宴がこの秋、名古屋城で楽しめる。
さらに9月30日には、ミューザ川崎シンフォニーホールにてボローニャフィルハーモニー管弦楽団による特別ガラコンサートが開催される。第1部は表現力、技術力が必要とされるオペラ序曲を演奏。2部は、名古屋城に出演した歌手と共にオペラ『蝶々夫人』をハイライト形式にして披露される。ボローニャフィルは、もともとボローニヤ歌劇場の主要メンバーで構成されたオーケストラ。オペラを知り尽くす彼等だからこそ奏でられる、歌うような”うねる”オーケストラ・サウンドで会場を包み込むことだろう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着