【フラワーカンパニーズ・山人音楽祭
2019】「30年分を、30分に」不屈の
ロックンロール・バンドが初登場

山人音楽祭 2019【榛名ステージ】 フラワーカンパニーズ
「今年、結成30周年を迎えることができました。今日(の持ち時間)は30分。30年分を、30分につぎ込みます!」
鈴木圭介(Vo)は、そう言った。その言葉通り、初登場のフラワーカンパニーズは、イントロのアルペジオに早速、大きな歓声が沸いた1曲目の「深夜高速」から全5曲を渾身の演奏で披露。それを見た誰もが、山あり谷ありの、あまりにもドラマチックだった30年の活動の原動力になった、メンバーたちの不屈の闘志や音楽愛をしっかりと受け取ったはずだ。そこには日本のロックンロール・バンドの矜持もまた詰まっていた。矜持という言葉が堅苦しいと言うなら、かっこよさと言い換えてもいい。
フラワーカンパニーズ

フラワーカンパニーズ

多くの人から愛される代表曲中の代表曲を1曲目に持ってきたところに、山人初参戦にかけるバンドの思いが窺えたが、夜明けを目指しながら、いつまでも青春の彷徨を続ける気持ちを歌ったその「深夜高速」から大きな盛り上がりを作ると、2曲目の「はぐれ者賛歌」では、「歌ってくれ。もっと!」と叫んだ鈴木に応え、観客がシンガロングの声を上げた。
最新アルバム『50✕4』から披露したファンキーでブルージーな「DIE OR JUMP」と鈴木がブルース・ハープを鳴らした「いましか」の2曲では、それまで歌を聴かせるように抑えていた楽器隊が一転、主張を始め、武骨なアンサブルのおもしろさをアピール。「こんなにたくさんの人が来てくれるなんて素晴らしい。ありがとう。(山人に出られる日を)待ってたよ!」と、鈴木が山人初参戦の歓びを語ると、グレートマエカワ(Ba)が実は昨年も出演をオファーされながらスケジュールが合わず、泣く泣く断念したことを明かして、「これから毎年出たい!」と客席を沸かせた。
フラワーカンパニーズ
「メンバーチェンジなし、活動休止なし、ヒット曲なしでもやれるぜ!永遠によろしく!」
ラストは、「真冬の盆踊り」。ヨサホイ!ヨサホイ!という掛け声と力強いブギのリズムが観客を踊らせ、前列の観客の上で煽る鈴木に応え、観客もバンドと一緒に声を上げる。すると、そこにG-FREAK FACTORYの茂木洋晃と四星球の北島康雄が乱入。声を上げ、一緒に踊るというフェスならではのサプライズがまた観客を歓ばせた。後々、山人の伝説として語り継がれていきそうだ。誰もが惜しみない拍手を、フラカンに贈る中、運ばれてきた30周年を祝うケーキが最後の最後にメンバーたちを驚かせた。

文=山口智男 撮影=半田安政
フラワーカンパニーズ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着