【サンボマスター・山人音楽祭 2019
】トリ前の赤城に響いた、一期一会に
全身全霊のロックンロール

山人音楽祭 2019【赤城ステージ】 サンボマスター
サンボマスターのライブを観るたび、なぜこのテンションが全く落ちることがないのだろう?と思うことがある。ひたすら客を煽り、全員優勝を叫び、いくらモッシュ&ダイブが起ころうと「そんなもんですか?」とさらに焚きつける。それはサンボマスター、ことに山口隆(Vo/Gt)が、1日たりとも同じオーディエンスはいないし、今日この日しか自分たちのライブを観ない/観られない人もいるだろうということ、もっと言えば、彼が「令和に間に合わなかったやつ」というように、災害や病気で本当に命を落としてしまった人が存在することを絶対に忘れないからだと思う。今日も今日とて、二度と出会えないかもしれない『山人音楽祭』2019年のオーディエンスと対峙する。
大トリのG-FREAK FACTORYザ・クロマニヨンズに挟まれた大役という部分が、さらにバンドに火をつけた部分はあったように見える。そのことが「ロックンロール!」の連呼をさらに熱いものにしていたように見受けられた。いや、山口にしてみればそれも必然的な口上なのかもしれないが。
サンボマスター
セトリを見ていただければ、鉄板中の鉄板ナンバーが居並ぶことは一目瞭然なのだが、くだんの「令和に間に合わなかったやつ」というMCで「令和に間に合わなかった命にも、今ここにいるお前らにも同じように言いたいことがある、アイ・ラブ・ユー!」と叫び、突入した「ラブソング」の美しさには刮目した。山口はひたすらオーディエンスを鼓舞するし、アッパーなロックンロールが彼らの魅力であることは相違ない。だが、全員優勝を叫ぶライブの中で重要なのが、ソウルフルで優しいラブソングなのだ。そしてそれを具現化する山口、近藤洋一(Ba/Cho)、木内泰史(Dr/Cho)のもはや呼吸のように身についたグルーヴを生み出す演奏の緩急。実際に歌う山口以外の二人も全力で楽器によって「歌う」。
サンボマスター
サンボマスター
そしてサンボマスターの「ロックンロール イズノットデッド」は「お前ら勝手に死ぬなよ!」という叫びに通じる。山口がラスト1曲を前に「時間がねえから手短に言わせてくれ!お前らは生まれたときからクソだったことは一度もねえ! ならなんだこんなに苦しい夜があるのか? それはその夜がクソなだけだ。お前がクソだったことは一度もねえ!」と、手短どころかますます感謝と檄がヒートアップしていく。
サンボマスター
「俺はブルーハーツにもハイロウズにもクロマニヨンズにもなれなかった。でも俺は俺になれた。お前もお前になれる!」――この叫びから放たれた「輝きだして走ってく」はもはや、長年のレパートリーと肩を並べる説得力を獲得していた。全力ってどういうもので、どこまで出せるのか? 生きてる実感は何をどうすれば感じるのか? 少なくともこの赤城ステージでの時間を過ごしたオーディエンスは体感したはずだ。

文=石角友香 撮影=HayachiN
サンボマスター

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着