Kleissis

Kleissis

Kleissisがコンセプト
アルバムをリリース!
“これがKleissisです!”と
紹介できる1枚

7人の声優によるヴォーカルユニットKleissisの初のコンセプトアルバム『eschatology/a grand conception “ARCALAST“』が9月25日にリリースされた。アルバムのことはもちろん、デビュー1周年を迎えたこれまでの活動の中で印象的な出来事を振り返りつつ、2年目への意気込みを語ってもらった。メンバーを分けて行われたインタビューの後編は、田中有紀、富田美憂、髙橋麻里の3人に集まってもらい想いを紐解く。

自分たちの声で1曲を作り上げるのが
楽しい

いよいよ9月25日に初のアルバム『eschatology/a grand conception“ARCALAST”』がリリースされますね。

田中
1stシングル「Kleissis Chaos」、2ndシングル「Another Sky Resonance」はCD形態で目に見えて触れられる形だったんですけど、その後は配信でのリリースが続いていたので、9曲が一つにまとまった“これがKleissisです!”と紹介できるアルバムがCDとしてリリースされるのはすごくうれしいです。
富田
これまでの1年間で発表してきた楽曲がアルバムになるといううれしさもありますし、デビュー曲である「Kleissis Chaos」から始まって、各世界のテーマソングが順番に並んで、エンディングテーマの「さよならの彼方へ」で終わるエモさもあるので、すごく楽しみにしていました。
髙橋
配信のリリースも気軽に聴けていいなって思いますけど、自分たちの作品がCDで残るというのはすごくありがたいです。Kleissisの活動が始まってからずっと“アルバムが出せたらいいな”と思っていたので、ファンの方が“待ってたよ!”と喜んでくださっているのが本当にうれしいです! たくさんの方に聴いてもらいたいです。

アルバムのジャケットは、5thシングル「さよならの彼方へ」でのゲームキャラクタージャケットを7人が実写で再現したものになっていますね。

富田
そうなんです。キャラの立ち絵と私たちをスタッフさんが見比べながら、微調整しつつ“それ! 撮ります”という感じで撮っていただきました。
髙橋
私の演じるユンちゃんはすごくグラマラスなんです。ポーズもセクシーなので、それを表現するためにくびれを作ろうと腰をキュッとしていたら、腰をつっちゃいました(笑)。
田中
みんな苦戦したと思うんですけど、私も苦戦しました。顔の角度を“もうちょっと右”とか微調整して(笑)。でも、ゲームの中にもKleissisが登場していて、私たちもキャラクターに近い形で活動させていただいているので、Kleissisならではのジャケットだと思います。
Kleissisインタビュー写真(田中有紀)

Kleissisインタビュー写真(田中有紀)

収録されている9曲は、それぞれレコーディング時期が違うと思いますが、この1年での変化などは?

富田
声って元々持っているものだから変わらないと思っていたんです。でも、ボイトレの先生についていただいてレッスンを受けているうちに、声質も声の出し方も変わりました。1年前は歌うのが難しかったキーの曲が今歌ってみると楽々と声が出たので、Kleissisのおかげで自分のスキルもレベルアップできました。他の現場でも“この1年で歌がすごく上手になりましたね”と言ってもらえることが増えたんです。周りの6人がうまいからこそ成長できたというか、“高め合っている”という言葉がまさにピッタリな感じがしています。レコーディングでは一人ずつ録っているので他の人の歌を聴かない状態で1曲通して歌っていて、ラフミックスをいただいた時に初めて私たちも7人の歌が合わさったものを聴いたんです。特に「囚われのChiral」は、メンバーそれぞれの個性がありつつも曲の雰囲気にすごく寄せられているなって。
田中
それぞれが意識している部分もあると思うんですけど、そうなってきているのは私も感じてます。
髙橋
Kleissisのレコーディングって、いい意味ですごく緊張するんです。さっき言ってたように、別々で録るので、みんながどんなふうに歌ってくるのかわからないから“私も頑張らなくちゃ!”って気持ちになります。Kleissisではコーラスのレコーディングもさせてもらってるんですけど、これがすっごく難しいんです。ハモリとか人間では出せないんじゃないかっていうくらいのキーの高さで(笑)。
田中
特に「囚われのChiral」ね(笑)。
髙橋
一番上のハモリがボーカロイドぐらいの高さだったんですけど、そういうのにもチャレンジさせてもらって、自分たちの声で1曲を作り上げるのが楽しいんです。

1stシングルの「Kleissis Chaos」からコーラスのクオリティの高さは感じていましたけど、それができる7人だからこそ、どんどんキーが高くなったり音域が広くなったりしてるのかもしれないですね。

髙橋
そうなんです。毎回キーがちょっとずつ上がっていて、ボイトレの先生も“今回はここまで高くなってるよ”って(笑)。
田中
歌も振り付けも曲ごとに難易度が高くなっていますね。

7月20日の1周年記念単独ライブで「囚われのChiral」が初披露されて、今回のアルバムに収録される9曲が出揃いましたが、特にお気に入りの曲は?

富田
私は「決断のDivergence」です。私のキャラクターであるアキラの曲ということもありますけど、この曲から歌い方を変えてみたり、結構チャレンジした曲だったので特に思い入れが強いです。
Kleissisインタビュー写真(富田美憂)

Kleissisインタビュー写真(富田美憂)

田中
私はデビュー曲の「Kleissis Chaos」ですね。Kleissisのオーディションに合格して、初めて臨んだレコーディングで“この曲を歌ってもらいます”と言われて渡された時、ビックリしました!
富田
わかる!
田中
“なんでこの音の後にこの音に行くんだい?”みたいな(笑)。
髙橋
私も歌ったことのないタイプの曲だった!
田中
最初、“これ歌えるの?”って思いました。でも、曲自体はすごく私の好みというか、疾走感があって、こだまさおりさんが書かれた歌詞には世界観もしっかりと感じられて。タイトルに私たちのユニット名のKleissisも入っていたので、これからこの曲を背負って頑張っていくんだなって、気持ちが引き締まった感じがしました。その感覚と衝撃が忘れられないので「Kleissis Chaos」が今でも一番のお気に入りです。

髙橋さんは以前のインタビューでは「逆さまの世界にて」を選んでいましたが。

髙橋
新しい物好きみたいな感じになっちゃいますけど、今のお気に入りは「囚われのChiral」です(笑)。切ないけど力強さも感じられる歌詞が好きですね。レコーディングを終えて、ラフミックスを聴かせてもらった時にユニゾンで歌うところの声がすごくキレイにハマっているなって思いましたし、自分的にもこの曲で成長できたので気に入っています!

この曲はアルバムの特典にライブ映像が付いてきますし。

髙橋
この曲のダンスもすごく好きです。ラストのサビのネコさん(金子)が歌っているところで、みんなで花みたいな形を表現するんですけど、それがいいんです。
Kleissisインタビュー写真(髙橋麻里)

Kleissisインタビュー写真(髙橋麻里)

特典映像と言えば、Kleissis初のMVとなった「Into the Abyss」のMVも付いてきますね。

富田
当初、全員が揃って撮影できる予定ではなかったんです。でも急遽スケジュールが調整できて7人で同時に撮影できたので、全員での歌唱シーンも撮ることができました。
田中
小道具として実際にフワフワの羽根を使っているんですけど、あれもKleissisの雰囲気に合ってるなって思いました。あと、スモークとかKleissisの世界観や雰囲気が感じられる演出でとても楽しかったです。異次元にいるみたいな感覚でした。
富田
そのスモークなんですけど、量が多すぎて、ダンスシーンを撮る時に立ち位置がわからなくなって“ここはどこだ?”みたいな感じになっていました(笑)。
髙橋
すっごいモクモクだったよね(笑)。
Kleissis
Kleissisインタビュー写真(田中有紀)
Kleissisインタビュー写真(富田美憂)
Kleissisインタビュー写真(髙橋麻里)
Kleissisインタビュー写真(田中有紀)
Kleissisインタビュー写真(富田美憂)
Kleissisインタビュー写真(髙橋麻里)
アルバム『eschatology/a grand conception“ARCALAST”』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」