【ライブレポート】家入レオ×SCAND
AL×吉田凜音、初のレーベルイベント
Day1に「カッコよすぎたね」

2019年で設立9年目を迎えるビクターエンタテインメント内のレーベルColourful Recordsが、9月20日(金)と21日(土)の2日間、初のレーベルイベント<Colourful Records presents“Match Up”>を開催した。
同公演はビクターエンタテインメントが運営するライブハウス「Veats Shibuya(ビーツ・シブヤ)」のオープニングイベントとして行われたものだ。以下、吉田凜音SCANDAL家入レオが出演した9月20日(金)公演のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

9月20日(金)にグランドオープンを迎えたJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが運営する新たなライブハウス「Veats Shibuya」にて、オープニングイベント<Colorful Records presents “Match up” Day1>が開催され、カラフルレコーズに所属するレーベルメイトである家入レオとSCANDAL、吉田凜音による初の対バンが実現した。

記念すべきオープニングアクトを務めたのはティーンのカリスマ、吉田凜音。彼女と同年齢である19歳のDJ yakkleをバックに従え、自己紹介を込めたラップソング「Ride On Turtle」からレイドバックしたグルーヴのモダンなシティポップ「サイダー」、おもちゃ箱をひっくり返したようなキュートなトラックの「KITTY」を立て続けにドロップ。ここで、「Veats Shibuya、オープンおめでとうございます」とあいさつ。「私が初めてこのステージに立った、記念すべき人間になったので嬉しいです」と語ると、オールドスクールマナーのラップソング「パーティーアップ」ではオーディエンスのコール&レスポンスを巻き起こし、可愛くも毒っ気のある強烈な個性をしっかりとアピールした。
続くトップバッターとなるSCANDALは攻撃的で圧倒的な熱量に満ちたステージを展開。ヘヴィーなバンドサウンドと柔らかい表情のヴォーカルが共存した「マスターピース」から観客は一斉に拳を突き上げ、「オイ!オイ!」という声を張り上げ、会場の熱気は一気に上昇。「恋するユニバース」「STANDARD」とアグレッシブかつ重量感のあるロックナンバーをノンストップで演奏し、アニメ『鋼の錬金術師』のエンディングテーマとしてヒットした「瞬間センチメンタル」では大合唱が巻き起こった。

続く、「窓を開けたら」はガラリとムードを変え、アーバンR&Bナンバーを切なく歌い上げてクールダウン。MCではギター&ヴォーカルのHARUNAは超満員のフロアを見渡し、「金曜の夜の盛り上がりとしては最高ですね」と笑顔を見せ、「ふたりと共演できてめっちゃ嬉しい。テンション上がってます!」と語ると、ドラムのRINAが「久々の対バン。新鮮で嬉しい。しかも、ビクターの仲間たちと」と同意。彼女たちのツアーを家入レオが見にきてくれたことを明かし、ベースのTOMOMIは「あいさつした時にちょっとだけ歌ってくれた“瞬間センチメンタル”がめちゃくちゃ上手くてびっくりした。録音したかったくらい」と話し、観客の笑いを誘っていた。
そして、最新の配信シングル「Fuzzy」からは後半戦に突入。ギターのMAMIがソロで会場を沸かせた「OVER」、ライブハウスをダンスフロアに一変させた「テイクミーアウト」、タオル回し曲「エレクトリックガール」、HARUNAをTOMOMIとMAMIが挟むようにして接近して歌った「Image」でダイナミックなロックナンバーでブチ上げ、ライブバンドとしての確かな実力を見せた、熱いステージとなっていた。
イベント1日目のラストを飾ったのは、大きな歓声とクラップに迎えられて登場した家入レオ。愛なんて価値がないという迷いや葛藤を描いた「Bless You」では半身の姿勢のまま、刺すような眼差しで力強い歌声を響かせ、「Shine」では実に伸びやかなヴォーカルと堂々としたパフォーマンスで観客を魅了。MCでは「ライブハウスで歌うのはすごく久しぶりなので、めちゃくちゃ楽しみにしてきました。オープニングで歌わせていただけて嬉しく思います」とあいさつ。「自分の夏の思い出を重ねて聴いてくれたらと思います」と語り、ドラマ主題歌としてヒットした「君がくれた夏」をアコースティックギターを弾きながらしっとりと歌唱。

続く、「もし君を許せたら」はピアノの伴奏のみで歌い始め、ドラマチックでエモーショナルなヴォーカルを聴かせ、「Spark」ではファルセットやスキャットなど、様々なヴォーカリゼーションを披露。King Gnuの常田大希(G,Vo)による作詞作曲の「Overflow」では「一緒に音の波に乗って行こうぜ」と誘い、「ファンタジー」では「やっぱりリアルがいいよね」と呼びかけながら、ステージに座り込み、くるくると舞い、「もっと、もっと」と挑発的な煽りで観客の心に訴えかけ、フロアが光に満ちた中で歌われた「僕たちの未来」では観客が1つとなり、大合唱が巻き起こった。お客さんひとりひとりの顔を満足そうに見つめた家入は、最後に全てのエネルギーを吐き出すようなロングトーンを繰り出し、満面の笑顔でステージを後にした。
アンコールでは家入が登場し、「みんなの思いがガンガン伝わってきていいなと思います」と語り、デビューシングル「サブリナ」をパフォーマンス。「見せてよ! 見せてよ!」と呼びかけられ、観客全員が手を上げながらジャンプし、最高の盛り上がりの中で対バンイベントは終了。最後に吉田凜音とSCANDALの4人を呼び込み、お互いに「カッコよすぎたね」と声を掛け合いながら、全員が興奮した面持ちのままで記念撮影をし、記念すべきオープニングイベントは締めくくられた。

写真◎田中聖太郎

■<Veats Shibuya OPENING EVENT Colourful Records presents “Match Up” Day1 - 家入レオ / SCANDAL - Supported by タワーレコード40周年>

2019年9月20日(金)東京・Veats Shibuya
出演者:家入レオ、SCANDAL
オープニングアクト:吉田凜音

当日のセットリストをプレイリストにして配信中:
https://jvcmusic.lnk.to/matchup_day1
※各ストリーミングサービスで配信中の楽曲のみでの構成となります。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着