Hot Chipの最新作より「Spell (Supe
rorganism Remix)」MV公開 来日公演
でミーグリも

英・ロンドンを拠点とするエレクトロニック・ポップ・バンド、Hot Chipが「Spell (Superorganism Remix)」のMVを公開した。
同楽曲は、6月にリリースした通算7作目となるアルバム『A Bath Full of Ecstasy』の国内盤CDのボーナス・トラックとして収録されていたもの。9月26日(木)より配信も解禁となっている。Hot Chipの快楽的なサウンドにSuperorganismの毒のあるポップさが加わったサウンドに仕上がっている。また、映像はSuperorganismのメンバーであり、これまでもバンドのMVの監督を務めてきたRobert Strangeが手がけており、両バンドの魅力が詰まった中毒性のある作品となった。

なお、Hot Chipは9月28日(土)にリリースされる人気サッカーゲーム『FIFA 20』のオフィシャル・サウンドトラックにも、Major LazerやFoalsと並び、最新作収録曲「Positive」を提供している。
Photo by Ronald Dick
さらに、10月に大阪、東京で開催される来日公演では、会場にてミート&グリートの開催も決定。当日会場にお越し頂ける方を対象に、現在Twitterにて参加者を募集している。

【イベント情報】

HOT CHIP – Bath Full of Ecstasy Japan Tour –

日時:2019年10月9日(水) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪 BIG CAT
料金:前売 ¥7,000 (1D代別途)

Info:06-6535-5569 (SMASH WEST)

==

日時:2019年10月11日(金) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京 マイナビBLITZ赤坂
料金:前売 ¥7,000 (1D代別途)
(1F:スタンディング / 2F:指定席)

Info:03-3444-6751 (SMASH)

==

協力:Beatink
お問合わせ: SMASH(http://smash-jpn.com) 03-3444-6751

■ ツアー詳細(https://smash-jpn.com/live/?id=3179)


【リリース情報】

Hot Chip 『A Bathfull of Ecstasy』

Release Date:2019.06.21 (Fri.)
Label:Hot Chip / Domino / Beat Records
Tracklist:
01. Melody of Love
02. Spell
03. Bath Full of Ecstasy
04. Echo
05. Hungry Child
06. Positive
07. Why Does My Mind
08. Clear Blue Skies
09. No God
10. None of These Things (Bonus Track for Japan)
11. Spell – Superorganism remix (Bonus Track for Japan)

※国内盤特典:ボーナストラック追加収録/解説・歌詞対訳付き

■ リリース詳細(http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10215)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着