TVアニメ第2期「魔法科高校の劣等生 来訪者編」

TVアニメ第2期「魔法科高校の劣等生 来訪者編」

「魔法科高校の劣等生」第2期「来訪
者編」2020年放送 キャスト続投、P
V&ビジュアル完成

TVアニメ第2期「魔法科高校の劣等生 来訪者編」(c)2019 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校2製作委員会 佐島勤氏によるライトノベルが原作の人気テレビアニメ「魔法科高校の劣等生」の第2期となる「魔法科高校の劣等生 来訪者編」が、2020年に放送されることが決定した。キャストは過去作から続投しており、中村悠一早見沙織日笠陽子らが出演。特報PVとティザービジュアルも披露されている。
 シリーズ累計1500万部を突破する同名原作は、魔法が技術として確立された世界を舞台に、魔法科高校こと国立魔法大学付属第一高校に通う司波達也、深雪兄妹の波乱の日々を描く。2014年にテレビアニメ第1期が放送され、17年6月には、佐島氏書き下ろしのオリジナルストーリーによる「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」が公開。テレビアニメ第2期「来訪者編」は、“最強の兄妹”が“無敵の来訪者”に挑むストーリーが展開される。
 テレビアニメ第2期の制作決定を受け、原作者・佐島氏は「アニメ『来訪者編』制作決定。このニュースに驚かれた方も多いと思います。私も初めて聞いた時には驚きました。『魔法科高校の劣等生』のアニメ化は劇場版『星を呼ぶ少女』で最後だと思っていましたので。それが再び、映像で達也や深雪、彼の仲間たちの活躍をご覧いただけることになり、感慨もひとしおです。また、劇場版では突然の登場となったリーナについても、キャラクターの背景を含めてご披露できるのは幸運なことだと感じています」と振り返り、「『入学編』『九校戦編』『横浜騒乱編』とは打って変わってオカルト色が強い『来訪者編』ですが、視聴者の皆様には前回シリーズ以上にお楽しみいただけると確信しています。『来訪者編』の見所は『横浜騒乱編』のようにド派手な大破壊ではなく、友情(一部恋愛)に支えられたチームプレーです。若い彼らの『絆』の力にご期待ください」と第2期の展開をアピールしている。
 キャストは、司波達也役の中村悠一、深雪役の早見沙織をはじめ、日笠陽子(アンジェリーナ=クドウ=シールズ役)、内山夕実(千葉エリカ役)、寺島拓篤(西城レオンハルト役)、佐藤聡美(柴田美月役)、田丸篤志(吉田幹比古役)、雨宮天(光井ほのか役)、巽悠衣子(北山雫役)、花澤香菜(七草真由美役)、井上麻里奈(渡辺摩利役)、諏訪部順一(十文字克人役)がシリーズ過去作から引き続き出演。スタッフは、劇場版の顔ぶれが再結集しており、監督を吉田りさこ、音楽を岩崎琢、アニメーション制作をエイトビットが担当する。
 また20年1月からは、テレビアニメ第1期が地上波再放送されることが決まっている。

新着