【ライブレポート】スティング来日公
演、同じ時代に生きて彼の音楽を享受
できることの幸せ

スティングの2年ぶりのジャパン・ツアーが、10月7日(月)の福岡・福岡国際センター公演よりスタートした。
同ツアーは、ベスト・アルバム『マイ・ソングス』を引っ提げて開催されるもの。10月7日(月)の福岡・福岡国際センター公演、続いて10月9日(水)、千葉・幕張メッセ公演のライブレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

2年振りとなる来日公演の皮切りとなった福岡。実に14年振りにこの地を踏んだスティング<MY SONGS>ツアー。チケットは販売開始早々にSOLD OUT! 開場と同時に会場である福岡国際センターのロビーはコンサート・グッズとCDを買い求めるお客さんの長蛇の列が。久しぶりの福岡公演を待ちに待っていたファンの高まる期待感と熱気に満ち溢れていました。

定刻の19時を少し過ぎたところで客電が落ち、まずはバック・メンバーの面々がステージ左手から登場。ほどなくして今夜の主役であるスティングが使い慣れたベースを抱えた状態で“真っ赤なTシャツ姿”でステージ中央へ! その立ち姿は14年前と全く同じくスタイリッシュな“あのスティング”そのもの。何てカッコいいんだ!! バック・メンバーが着ているダーク系の色味のTシャツとスティングの赤色とのコントラストがステージに良く映えてます。
1曲目はザ・ポリス再結成の来日公演の時と同じく「孤独のメッセージ」(ザ・ポリス1979年2ndアルバム『白いレガッタ』収録)で幕を開けました。

パンパンパンパン!という力強いスネア・ドラムのアタックに続いて、あのギター・アルペイジオのイントロだと分かると歓声と共に会場一体となる手拍子が巻き起こり、次いでスティングが「JUST A CASTAWAY~♪」と一声歌い出すと更なる大歓声と共に一瞬にして場内がヒートアップ! 「ロック・クラッシック曲」が持つパワーの偉大さを痛感すると同時に全く衰えを知らないスティングのヴォーカリストとしての不変振りをも痛感する驚喜のオープニングでした。

その熱気のまま曲は「ルーズ・マイ・フェイス・イン・ユー」へ。1993年リリースのソロ4作目『テン・サマナーズ・テイルズ』のオープニング曲だったこの曲はスティングの弾くベースラインが聴きどころ。イントロと間奏で聴かれるハーモニカの音色が美しいです。エンディング間際に「フクオカ。。。コンニチワ」と軽く挨拶を挟んで「IF I EVER LOSE MY FAITH~♪」のリフレインで曲が終わると再び大きな歓声と拍手が会場を包みます。

その余韻がおさまるのを待たず「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」(1987年2ndソロ作『ナッシング・ライク・ザ・サン』)のイントロが! 真っ赤なバックライトにスティングのシルエットが映え渡るそのカッコ良さときたら! 早くも3曲目でこのキラー・チューンの登場はヤバイです(笑)。エンディングではこの曲のメインテーマである「BE YOURSELF NO MATTER WHAT THAY SAY~♪」のフレーズをスティングとオーディエンスが掛け合いで歌い、お客さんの気分もすっかりクールな「イングリッシュマン」に。

曲が終わりひと際大きな歓声が起こると間髪入れずに力強いエイトビートのドラムに乗せて「セット・ゼム・フリー」へ。この曲は1985年1stソロ作『ブルー・タートルの夢』の1曲目でありソロ・アーティスト・スティングとしての1stシングルでもあった記念すべき1曲。この曲では男女によるバックコーラスの2人が大活躍。曲の後半からはオリジナルには無かったハーモニカ・アレンジによってまた新鮮な雰囲気が楽曲に吹き込まれていました。
そしてここでも曲終わりの余韻に浸る間もなくスティングの「ワン、トゥ、スリー」というカウントでドラムがフィルインして次の曲「マジック」へ。ザ・ポリス1981年の4thアルバム『ゴースト・イン・ザ・マシーン』からのヒット・シングル。ゆったりとしたテンポから徐々に盛り上がってきてサビでポップに弾ける構成は否が応でもオーディエンスの気分を高揚させます。曲の最後では恒例の「イヨオ~♪」というフレーズでの大合唱が起こりスティングからも「ドモアリガトウ!」の言葉が。

と、ここでメンバー紹介に。まずは長年のパートナーであるドミニク・ミラー(G,Vo)から。そしてもう一人のギタリストは、ナント! そのドミニクの息子であるルーファス・ミラー。いい息子さんを持った父親です! 続いてジョシュ・フリーズ(Dr)、ジャマイカ出身とアナウンスされたケヴォン・ウェブスター(Key)、男性バックコーラスのジーン・ノーブル、女性バックコーラスのメリッサ・ムジーク、そして今回のバック・メンバーの要とも言えるハーモニカのシェーン・セイガーの順で7人のバック・メンバーが紹介されました。

「シェーンがスティーヴィー・ワンダーのパートを演奏するよ」と口添えられて曲は「ブラン・ニュー・デイ」へ。1999年リリースの6thアルバム『ブラン・ニュー・デイ』のタイトル曲。シェーンのハーモニカがフューチャーされたこの曲のアレンジを耳にした時、今回のツアーのライヴ・アレンジにおいて彼が果たす役割が大きいものであることに気付かされます。この曲以外でもオリジナルではサックスやキーボードでプレイされているパートを彼のハーモニカが取って代わって演奏されるシーンがいくつもあるのです。公演を通して是非、彼の演奏にも注目して下さい!

「次の曲は何年も前にメアリー・J. ブライジとレコーディングした曲で、今夜は美しいメリッサ(・ムジーク)と」という紹介で披露されたのは2003年の7thアルバム『セイクレッド・ラヴ』に収録されているデュエット曲「ホエンエヴァー・アイ・セイ・ユア・ネーム」。ソウルフルなメリッサの力強い熱唱に会場はこれまでの雰囲気から一転。オーディエンスも2人の歌声をじっくりと聴き入り引き込まれていきました。
そして曲は「フィールズ・オブ・ゴールド」(『テン・サマナーズ・テイルズ』収録)。個人的にはスティングのソロ・バラードの中でも最も好きな曲で美しいメロディと歌詞の世界が素晴らしいナンバー。間奏の印象的なアコースティック・ギターのソロ・パートをドミニクではなく息子のルーファスに託していたのが驚きでした! この曲でここまでの高ぶった気持ちがクールダウンされてから、心地よいレゲエのリズムに一転しての「イフ・ユー・キャント・ファインド・ラヴ」。昨年リリースされたシャギーとのコラボレーション・アルバム『44/876』収録のナンバーを今回のセットリストに盛り込んだことからも、いかに彼がシャギーをリスペクトし共演したことを誇りに思っているかが伺えます。

そしてここでも間髪入れず次なる楽曲「シェイプ・オブ・マイ・ハート」(『テン・サマナーズ・テイルズ』収録)へ。先の「フィールズ・オブ・ゴールド」と並んで多くのファンに愛されている彼の代表的バラード・ナンバーの筆頭。ここでもシェーンのハーモニカが活躍します。随所でオリジナルには無い、コーラスのジーンによるエモーシォナルなヴォーカル・パートが加えられたことで楽曲に新たな感動を吹き込んでいました。

感傷的なムードの中で次に重ねられてきた演目は「アラウンド・ユア・フィンガー」(ザ・ポリス1983年のラスト・アルバム『シンクロニシティー』収録)。まるでボブ・マーリーのレパートリーかのようなスロウなレゲエ・ビートにリアレンジされたのに加え、オリジナルのハイトーンな歌唱も低いトーンで静かに歌われたことで聴き手をゆっくりと包み込む不思議な感覚に曲の印象が変貌を遂げていました。

続いてスティングの「ワン、トゥー!」というカウントからドラムのジョシュ・フリーズの手数の多い激しいプレイが炸裂する「ウォーキング・オン・ザ・ムーン」(『白いレガッタ』収録)へ。曲間では「イェーオ~♪」というフレーズの大合唱が起こり、そのバックにジョシュの重厚でアクロバティックなドラムが絡むという、これまで聴いてきたこの曲のライヴ・アレンジでは今回のヴァージョンが一番カッコイイ!と思いました。

途中「ゲット・アップ、スタンド・アップ/ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ」(1973年)の一節が盛り込まれていたこともVERY GOOD!! 今日のライヴのハイライトのひとつでした。

そしてこの曲のアウトロが終わるのを待たずに再びスティングの「ワン、トゥー、スリー」のカウントからダメ押しレゲエ・リズムでたたみかける「ソー・ロンリー」(ザ・ポリス1978年1stアルバム『アウトランドス・ダムール』収録)。「アラウンド・ユア・フィンガー」から続く3曲の流れからも、彼の音楽ルーツの深く太い部分がレゲエ・ミュージックで占められていることを改めて思い知らされる一幕でした。途中で「待ってました!」と思わず声を上げたくなるドミニク・ミラーによるギター・ソロも少し披露されて大満足。それにしても「寂しくてたまらない、僕はひとりぼっち…」という内容の歌なのに、サビでは大合唱+手拍子で盛り上がる“不思議な曲”であることも改めて気付かされました。おそるべし!(笑)
続いてまたもアウトロに重なるようにエキゾチックなイントロに導かれて彼の90年代キャリアを締め括るに相応しかった大名曲「デザート・ローズ」へ(『ブラン・ニュー・デイ』収録)。白光のバックライトに照らされて両手を挙げるスティングのシルエットが眩い! ここにきてヴォーカルはますます色気を帯び、ミステリアスな曲の雰囲気を相まってオーディエンスを完全にノッウアウト。ホント、参りました!

一方で荘厳なシンセサイザーを中心とした重厚なサウンド・プロダクションによるハードなロック・アレンジは、このバンドが持つポテンシャルの高さを見事に物語っていました。曲終わりからほどなくしてジョシュのスネア・ドラムがカットイン……そう、「見つめていたい」(『シンクロニシティー』収録)。エッ!もうこの曲やっちゃうの? ということはライヴも終わりが近いの?? というさびしい予感をこらえながら、この“80’s BEST SINGLE楽曲(1983年第26回グラミー賞最優秀楽曲)”をかみしめる様にオーディエンスの皆が聴き入ります。

エンディングで再びメンバーの紹介を挟み、サビのフレーズのリフレイン。この時間が永遠に終わらなければいいのに。。。という切なる願いは叶わず、やっぱり終わりは来てしまいます。ここまでノンストップで一気に聴かせる進行で本当に“アッという間”に本編終了。「ほんの一瞬、夢を見ていたのか?」と思えるほど“秒速”で時が過ぎたような不思議感覚に。何だか身体も気持ちもフワフワしていました。

ほどなくして再びメンバーが登場、間延びすることなく高揚感が残った状態でのアンコールへ。ここからは問答無用の鉄壁のレパートリー! まずは「キング・オブ・ペイン」から(『シンクロニシティー』収録)。イントロでは原曲のスチュワート・コープランドによる木琴の代りにルーファス・ミラーが奏でるミュート・ギターによるニュー・アレンジが施されていました。「見つめていたい」と共にもう何百回と耳にしてきた曲ですが、やっぱりライヴでの味わいは格別。ギター・ソロもきっちりとドミニク・ミラーがキメてくれます!

続いてドミニクによる“ジャッ、ジャッ、ジャッ、ジャッ”というリフが。「ロクサーヌ」!(『アウトランドス・ダムール』収録)。おそらくスティングのレパートリーの中で“最もキーが高い”曲のはずなのに、まぁ相変わらずよく声が出ること!! 今月初めに68歳になったとは、とてもとても思えない“強靭なる声帯”にはただただ驚くばかりです。

続くは同じくザ・ポリスの1stアルバム冒頭を飾っていた「ネクスト・トゥ・ユー」。やんちゃなパンク・ロッカーよろしく、でも軽~く“大人の余裕”でサラリとやるあたりが彼らしいスマートさ。どこから見ても聴いてもカッコよくしかない“スティングの存在”って何なのでしょうね?

「サンキュー、フクオカ~ユーアー・ビューティフル・オーディエンス」と言葉を発してからベースからアコースティック・ギターに持ち替えて、いよいよラスト曲の定番である「フラジャイル」へ(『ナッシング・ライク・ザ・サン』収録)。あぁ、本当にライヴが終わってしまう。。。という気持ちに襲われながらも本編ラストの「見つめていたい」の時と同様に全オーディエンスが彼の歌声・音楽とその姿を静かながらも熱く見聴きする様はとても感動的で美しい光景でした。

「ドモアリガトウ~!See You Again,Good Night!」と言ってステージ袖に帰っていく“真っ赤なTシャツ姿”が変わらず眩しかったです!!
14年という長い年月を経て実現した待望の再来福公演は“ジャパン・ツアーの初日”を飾るに相応しい120点満点の思い出に深く残るライヴとなりました。曲間の無駄なブランクやMCを入れることが全く無く、タイトに進行するライヴ構成をはじめとして。大型ビジョンや派手なセット・照明も必要とせず“音楽そのもの”とそれを“演奏”し“歌う”8人のミュージシャンが正面からシンプルに音楽を届けるだけで、ライヴとは充分に感動できる音楽芸術の形なんだな、という事を今回のスティングのライヴで教えてもらったような気がします。

福岡公演翌日からの幕張2公演、12日の仙台公演、そして15日の大阪公演と進んでいくジャパン・ツアー。もし今、迷っている方がいらっしゃるのであれば「絶対にご覧になること」をオススメします! スティングは誰も疑う余地のない真の天才ミュージシャンの一人だと思います。彼と同じ時代に生きて彼の音楽を享受できることの幸せを心の底から感じています。

文◎松田康宏
写真◎田中紀彦
■2019年10月9日(水)千葉・幕張メッセ公演

スティング、約2年ぶりの日本公演。東京エリア初日、10月9日、幕張メッセ公演は、「孤独のメッセージ」からスタートした。今からちょうど40年前の1979年秋に発表されて、多くの音楽ファンに強烈な衝撃を与え、ザ・ポリスというバンドと、そのフロントマンにしてメイン・ソングライターでもあるスティングの存在を、一気に、広く知らしめた曲だ。70年代から80年代へと移行していくあの時代を象徴する名曲が、国際展示場7・8ホールの直方体の空間を満たしていく。力強く、美しく、響き渡る。

つい1週間前、彼は、68回目の誕生日を迎えたばかり(つまり、あと2年で古希!)。しかし、鍛え上げられた肉体でマイクに向かう立ち姿と、豊かな声量と、そして知的で鋭い表情は、以前とまったく変わっていない。逆に、これは歳を重ねた結果といえるのかもしれないが、ヴォーカルはさらに深みを増し、愛用のフェンダー・プレシジョン・ベースからは、しばしば、軽い目眩を覚えてしまうような、キメのフレーズが耳に飛び込んでくる。正直なところ、「こんなに素晴らしいベーシストだったのか」と、あらためて感心してしまったほどだ。
そのスティングを支え、彼のヴォーカルとベースに導かれながら、完璧でしかも生きいきとしたサウンドを築き上げていくのは、長年の相棒ドミニク・ミラーを中心にした7人のミュージシャンたち。ギターにはもう1人、ドミニクの息子のルーファス、ドラムスにはガンズ・アンド・ローゼズに在籍したこともあるジョシュ・フリース、キーボードにはジャマイカ出身のケヴォン・ウェブスター、バッキング・ヴォーカルにはジーン・ノーブルとメリッサ・ムジーク、ハーモニカにシェイン・セイガーという布陣だ。ケヴォン、ジーン、メリッサの3人は、2018年にスティングとアルバム『44/876』を共作したシャギーの人脈に属する人たちで、バンド全体の音に厚みを加えながら、とりわけレゲエ色の強い曲で独特の存在感を発揮していた。
「孤独のメッセージ」を歌い終えるとすぐ、ほとんどメドレーのような感じで92年のソロ作品「ルーズ・マイ・フェイス・イン・ユー」、ソロ初期の「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」と「セット・ゼム・フリー」、ポリス時代の「マジック」と、快調なテンポでつづいていく。どれも彼のファンにはよく知られた、いや音楽好きの人であればかならず何度か耳にしてきたはずの曲ばかり。スティング=ゴードン・サムナーが書き上げ、サウンドやヴォイシングやリズムの方向性を練り上げ、あの声で歌い上げ、そして多くの人たちに聴き継がれてきた、まさにツアー・タイトルどおりの“マイ・ソングス”であり、ある意味ではイメージの確立された作品であるわけだが、今回は、「孤独のメッセージ」と同じように、どの曲からもどこかこれまでと違う印象を受けた。
今年5月、欧州から<マイ・ソングス>ツアーをスタートさせたスティングは、同時期、同タイトルのアルバムを発表している。彼自身が「自分の人生そのもの」と語る曲たちを、徹底的に見つめ直し、再考し、再構築してつくりあげた、今までに誰も取り組んだことがない、まったく画期的な作品集だ。その制作を通じては多くの発見があったはずであり、そのことが、現在のステージから感じられる新鮮でポジティヴな印象とつながっているのかもしれない。いや、きっとそうなのだろう。
6曲目の「ブラン・ニュー・デイ」では、「スティーヴィー・ワンダーのパートを吹く大役を任せた」と、シェイン・セイガーを紹介。実際、そのクロマチック・ハーモニカでの演奏は見事なものであり、10ホールでのブルージィなプレイとあわせて、彼は現在のスティングのライヴ・パフォーマンスに大きく貢献していた。巨匠トゥーツ・シールマンスとも共演しているスティングに認められたハーモニカ奏者として、彼の今後にも注目していきたいと思った。
じっくりと聞かせる「セヴン・デイズ」のあと、「ホエンエヴァー・アイ・セイ・ユア・ネーム」では、オリジナルではメアリー・J. ブライジが歌っていたパートをメリッサが歌い切り、「フィールズ・オブ・ゴールド」ではルーカスが繊細なギター・ソロを聞かせる。そして、シャギーとのセッションから生まれた「イフ・アイ・キャント・ファインド・ラヴ」では、ジーンを大きくフィーチュア。さらに、スティングとドミニクが書き上げた「シェイプ・オブ・マイ・ハート」ではふたたび息子のルーカスがあの印象的なイントロを美しく弾きこなす。若いメンバーにもさり気なくスポットを当てた曲がつづく、じつによく練り上げられた構成だった。
12曲、ザ・ポリス後期「アラウンド・ユア・フィンガー」でのヴァーカルへのアプローチはオリジナルとは大きく印象を変えたもの。一瞬、違う曲かと思ったほどだが、スティングは『マイ・ソングス2』の構想を固めつつあるようで、ひょっとしたらこういう方向性もあるのかと期待を抱かせてくれる仕上がりだった。つづく「ウォーキング・オン・ザ・ムーン」では、大きな身振りでオーディエンスをコーラス・パートに誘い、そして中盤、ボブ・マーリィの「ゲット・アップ、スタンド・アップ」を鮮やかに歌いこむ。
ポリス以前の作品ということになる「ソー・ロンリー」、アルジェリアの音楽から刺激を受けて書いたという「デザート・ローズ」とつづき、いよいよコンサートも終盤。ジョシュのスネアに導かれて聞こえてきたのは「見つめていたい」だった。

この80年代のロックを象徴する名曲についてスティングは「9thコードを多用した結果、歌詞に多義性を与えることができた」と語っている。実際、極端にいうと、熱烈なラヴ・ソングともストーカーの気持ちを歌った曲とも解釈できるのだが、幕張のステージでの印象は、もちろん前者。彼はすべてのオーディエンスに向けて優しくI’ll be watching you. と語りかけ、いったんコンサートを締めくくった。
アンコールは「キング・オブ・ペイン」「ロクサーヌ」「ドライヴン・トゥ・ティアーズ」とつづき、最後は、ガット弦のエレクトリック・アコースティック・ギターを抱えて歌う「フラジャイル」。宗教対立、テロ、報復の連鎖、地球温暖化、ポピュリズム、一国主義、核時代への逆行。数え上げればきりがないが、30年以上前に書かれたこの曲は、残念ながら、かえって今、その存在意義を増しているようだ。満員のオーディエンスに向けて本来の意味での上質なエンタテインメントをたっぷりと提供したあと、稀代のソングライターはそんなことも感じさせながら、ステージの袖へと姿を消した。

文◎大友博
写真◎土居政則

■<STING MY SONGS>

【福岡】※終了
2019年10月7日(月)福岡国際センター

【千葉】※終了
2019年10月9日(水)幕張メッセ (7・8ホール)
2019年10月10日(木)幕張メッセ (7・8ホール)

【仙台】※終了
2019年10月13日(日)ゼビオアリーナ仙台
※台風の影響により12日(土)から13日(日)に延期

【大阪】
2019年10月15日(火)丸善インテックスアリーナ大阪(大阪市中央体育館)
[問]大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506 udo.jp/Osaka

詳細:https://udo.jp/concert/Sting

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。