アニメ『ブラクロ』のキャラクターが
歌う、安斉かれんの新曲

安斉かれんの新曲「人生は戦場だ」のテレビCMが話題となっている。
この楽曲は週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中のシリーズ累計900万部を超える人気作品のテレビアニメ『ブラッククローバー』のエンディングに起用されており、そのオンエア中にこのCMが流れた。映像はこれまでオンエアされて来たアニメの名シーンをつなぎ合わせ、主人公・アスタをはじめとする様々なキャラクターたちが、安斉かれんの新曲を歌っているように見えるというものに仕上がっている。視聴者のSNSなどでは「アスタが歌ってる! 名シーンばっかりでまた熱くなった!」などといったコメントが溢れた。
安斉かれんは先日開催された<第14回渋谷音楽祭2019〜Shibuya Music Scramble〜>で、自身初となるライヴパフォーマンスを行なった。デビュー当時より「バーチャル・アーティストではないか?」という噂もあった彼女がついに登場と期待されていたが、結局この日も実物が観客の目の前に現れることはなく、鏡越しにその姿が見え隠れするという異例のステージングだった。リアルに実在するのか、という謎は深まる一方だ。
そんな中、リリースについては逆にリアルな“CD”という形をとっている安斉かれん。本作も8cmシングルとして、全国タワーレコード(店頭限定)にて無料リリースされている。音源をデータとして簡単に入手できる“現代” だからこそ、あえて店に足を運んでリアルなプロダクトに触れる喜びを体験してもらう企画として、多くの支持を得ているこの8cmシングル。今回、タワーレコードが、“気になるあの子” をテーマに選ぶ「タワーレコードメンバーズ」のポスターにも安斉かれんが起用されている。

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着