AKB48チーム8左伴彩佳、SHOWROOMイベ
ント『美人百花』への想い語る「愛読
書なので運命を感じました」

2019年11月1日から、AKB48グループの20歳以上のメンバーを対象にした「人気雑誌『美人百花』誌面掲載権争奪バトル」がSHOWROOMで開催される。撮影地はフィリピンのボラカイ島。1位のメンバーは『美人百花』に2ページ以上掲載。2位は1ページ以上掲載。また、審査員特別賞としてランキング3位~6位の中から1名が掲載される。

AKB48チーム8山梨県代表の左伴彩佳は『美人百花』イベントへの熱い想いと決意表明をファンに伝えた。

「皆さんに相談しないで、やりたい!と
宣言しちゃいました」

左伴は「皆さんに早く伝えたかったです。私はファッション雑誌や美容雑誌が大好きでよく買っています。一番愛読しているのが『美人百花』です。その企画を見た瞬間に絶対にやりたい!と思いました」と思いを伝えた。

「ファンの方も、私が『美人百花』を好きなことを知っていると思います。ファンの方が作ってくれた生誕祭でのチラシが『美人百花』風の『彩佳百花』という名前で作ってくれました。私がたまたま『美人百花』を読んでる時に、スタッフから今回のイベントの連絡がありました。偶然が重なって縁を感じました。やるしかないと思いました。ガチ読者で『美人百花』に出ているモデルさんが本当に好きです」と語ってた。

「以前の総選挙の時のSHOWROOMイベントでは、スタートダッシュが遅かったのですが、ファンの皆さんと頑張って16位以内に入って、ミュージックビデオにも参加しました。最近、ファンの皆さんと一致団結できる機会がなかったので、みんなと一緒に頑張りたいと思います。多くの方にも私のことを知ってもらいたいと思いました。ファンの皆さんに相談しないで、"やりたい!"と宣言しちゃいましたが、応援してくれたら嬉しいです」と呼びかけた。

「今回は1日3時間という配信時間に制限がありますので、前回の総選挙のSHOWROOMイベントのように早朝から深夜までの配信はありません!!どういう配信が良いのか、皆さんと相談して決めていきたいと思います。アドバイスやコツがあれば教えてください。今回は『美人百花』のイベントだから、すっぴんでの配信はないと思います(笑)多くの人に知ってもらいたいと思っています。"ピアノ配信が見たい"というコメントが多いですが、長いこと弾いてません。大丈夫かな?やってみよう。コンサートでもピアノ伴奏を任されるとずっと緊張しています(笑)特技はフィギアスケートですが、SHOWROOMではお見せできませんね。でも今回のSHOWROOMイベントでは楽しい企画をたくさんしたいと思います」と伝えていた。
コンサートでピアノを披露する左伴彩佳(チーム8山梨コンサート)

コンサートでピアノを披露する左伴彩佳(チーム8山梨コンサート)

ファン作成の『彩佳百花』「今度は、本
物に載れるように一致団結したい」

「今回のイベントをやりたいと思ったので、皆さんにやりたいことを伝えました。結果がどうであれ、ファンの皆さんとの団結力、一体感を再び深めていきたいと思っています。私は結構マイペースですが、今回は全力左伴で頑張りたいと思います!本気です!ただ配信自体は、いつもの私らしくやっていきたいです。これを機に、中身も外見も美人になって、自分を磨いていければいいなと思っています」と意気込みを語っていた。

撮影予定のフィリピン・ボラカイ島について、左伴は「なんだか、美味しそう!お寿司好きで、貝類が好きなので、ボラカイ島って美味しそうって思っちゃいました(笑)ごめんなさい」とも笑顔で語っていた。

「今回は、愛読書での企画ですし、無理してでも勝ちたいと思っています。皆さん、私についてきてください!皆さん、頑張りましょう!いつもはふわふわでマイペースですが、私の気持ちは伝わりましたか?本気が伝わっていればいいなと思います。ネガティブにはなりません。みんなで喜びたいです。嬉し泣きだったらいいですね。運を使い切りたいくらいです。『美人百花』への愛を伝えられるような配信にしたいです!」とアピール。

また左伴は配信終盤にファンが生誕祭に作ってくれた『彩佳美人』のチラシを紹介。「本当に嬉しいです。『美人百花』には運命を感じちゃいます。今度は、本物の『美人百花』に載れるように、みんなと一致団結してがんばりたいと思います!私は本気なので、この気持ちが皆さまに届いて、皆さまが本気になってくれたら、嬉しいです。イベントが終わった時には、良かったねと笑えるような10日間にしたいと思っています」と気持ちを伝えた。
左伴彩佳(チーム8山梨コンサート)

左伴彩佳(チーム8山梨コンサート)

左伴彩佳(チーム8山梨コンサート)

左伴彩佳(チーム8山梨コンサート)

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着