正統派?!邪道?!?!、ぶっ飛んだアイド
ル遊夢すあとは…。

アグレッシブでポジティブなアイドルパフォーマーとして活動中の遊夢すあさん。彼女の超個性的なキャラクターを、ここに紹介します。
人生の時間は限られているから、ダラダラやっても意味ないなと思ってる。
──すあさんがアイドル活動を始めたのは何時頃からになるんですか?
遊夢すあ アイドル活動を始めたのは2016年の頭頃です。
──ズーッとソロとして活動を続けてきたのですか?
遊夢すあ ソロとグループと両方の活動をやってきました。元々は、本気でアイドル活動へ打ち込みたくてグループ活動に力を注いでいたんですけど、辿り着いたのがソロでした(笑)。
──それは、ソロとして活動を行う楽しさを感じてのこと?
遊夢すあ はい。まわりの方々が優しいから、今は楽しんでやれています。
──ソロのほうが自由度も高いですからね。
遊夢すあ そうですね。自由度の高い道を自然と選んじゃいました(笑)。 芸能活動も、最初はアイドルだけでと考えていたんですけど。今は方向転換をして、いろんな表現もしていきたいなと思って。今はマイペースで活動をしています。本気でアイドルグループの活動へ打ち込んでいたときは、大学の勉強と平行していました。アイドル活動を優先していくために学校の単位の取り方も工夫していましたし、めっちゃ本気でぶつかっていたんですけど。自分の中で区切りをつけてやっていたせいか、その時期がきたのでグループ活動からシフトチェンジをし、今に至っています。
──自分の道はしっかり自分で作っていきたい性格だ。
遊夢すあ 人生の時間は限られているから、ダラダラやっても意味ないなと思ってるので。
良くも悪くも遊夢すあのことを面白がってくれる人たちが今の自分を支えてくれています。
──すあさん自身は、厳しい環境でもOKなんですね。
遊夢すあ 最初はそれを求めていたし、辛酸なめてでも上に行きたいタイプなので。でも、今はその時期は終わっちゃった (笑)。2年前頃までグループにも在籍していたんですけど、その時期はがっつりその気持ちで活動をしていました。でも今は、とても自由にやらせてもらっています。
──もう、自分を厳しくはしないんですか?
遊夢すあ つねに厳しい環境にいたいわけじゃないんで(笑)。それに、超楽天的な性格だから(笑)、人さまに迷惑をかけることなく、わたしの活動を通して、みんなが楽しくなってくれればいいなと今は思っています。
──すあちゃん、ずっと笑顔だもんね。
遊夢すあ あー、嬉しいです。最近のわたしは、そればかり褒められるんです (笑)。
──そこが、すあさんの魅力だから。
遊夢すあ ありがとうございます。それが無くなったら終わりなんで。
──今は、良い意味で自由な活動をしていますよね。
遊夢すあ 昔からうるさくて元気だったし、そこは変わってないんですけど(笑)、より一層しゃべるようになりました。小学生の頃から、そこは変わってないです。ファンの人たちも、わたしと似たような人たちが自然に集まるんですよ。良くも悪くも遊夢すあのことを面白がってくれる人たちが今の自分を支えてくれていますし、それでみんなが楽しんでくれてるから、そこはほんとに恵まれています。
今は何故か邪道の道を走っていますからね(笑)。
──すあさんは、とくにダンスを魅力にしているんですよね。
遊夢すあ わたし、めっちゃ体力があるんですよ。2時間ぶっ通しで20曲くらいソロで歌い踊るライブをやったときはに、お客さんのほうがひからびちゃうんです。そこを一つの魅力として楽しんでもらえればと思ってやっている…っていうか、前はやっていました(笑)。
──今の、遊夢すあさんの魅力は何ですか?
遊夢すあ よく「何時も笑ってるね」と言われるんですけど、もともと根暗な性格なんですよ。ステージ裏でも、本番5分前頃まで「帰りたい」「今日、何も出来ないっす」とよく弱音を吐いてるんですけど。わたしの場合は、みんなに生かしてもらっている感覚のほうが強いです。
 わたしは元々アイドルが好きで、10年くらいアイドルさんをずっと応援してて、自分もやりたいなと思って今の道へ入りました。でも、アイドル活動をしている人たちの悩みを聞いてると、みんな「自分が普通すぎる」とか、「特別な何かが何もなくて」と言うんです。だけど、そんな概念はどっかへ置いてきたほうがいいとわたしはめっちゃ思ってて。
ホントに世間知らずだから言えるんですけど、日本は表現の自由がある世界。だからこそ、一回ぶっ壊れてもいいんじゃないかなくらいの気持ちで活動をしたら良いのに。もっとみんな気持ちを開放したらいいのにって、何時も思います。
──すあさんのライブも自由度高いですもんね。
遊夢すあ そうですね。でも、こんなことを言いながら、形にこだわっちゃうこともあるんですけど(笑)。普段の自分はトリッキーなのに、ステージのほうが意外とトリッキーじゃないんですよ。。今は、一人の表現者という感覚で活動をしています。
──これからも、今のスタイルのままに突き進む形だ。
遊夢すあ いろんなことへチャレンジしたいです。人間いろんな一面があるのは当たり前だし、相いれない部分があるのも当たり前。だからこそ「何を大事にしていくのか」が大切。ホントにそこだけをちゃんと考えていけばいいんじゃないなって思います。
──最後に、メッセージをお願いします。
遊夢すあ ライブでもネットでも活動をしていくので、twitterやInstagramを見てください。応援よろしくお願いします。
TEXT:長澤智典
遊夢すあ twitter
遊夢すあ Web
遊夢すあ Instagram

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着