藤あや子、中村典正が遺した原点回帰
の純演歌がラジオ2局で推薦曲に決定

11月27日に発売される、藤あや子の新曲「ふたり道」がTBSラジオ、文化放送の推薦曲に選ばれ、様々な番組で集中オンエアされる。

「こころ酒」(1992年発売)と、「むらさき雨情」(1993年発売)の2曲が平成時代に最も売れたシングルTOP10に選ばれ、女性演歌歌手としては第1位に選ばれた。(オリコン発表)平成演歌シングルセールスチャートTOP10の中に2曲がチャートインしたのは演歌歌手の中でも唯一藤あや子のみという大きな記録も樹立。演歌歌手・藤あや子としての位置を確立した「こころ酒」「むらさき雨情」「み・れ・ん」などの大ヒット曲を手掛けたのは作曲家・中村典正。「平成」から新たな時代「令和」に移った今、藤あや子の新たなスタートとなる「令和」初のシングルを中村典正先生に作曲を依頼、藤あや子にとって中村典正先生とのタッグでのシングル曲のリリースは実に24年ぶりとなる。

今の藤あや子があるのも中村典正の曲があってこそ、との感謝の思いから、「令和」最初のシングル曲はぜひ先生にお願いしたいと、藤あや子自身の思いから実現した今作。藤あや子作詞の詞を2編、中村典正に渡し、曲が完成したとの報告を受けた矢先、あまりにも突然に中村典正の訃報が届いた。残念ながら今作が藤あや子にとって中村典正に作ってもらう最後の曲となってしまった。藤あや子にとって再び中村典正と楽曲制作できたことはまさに導かれたかのような運命だった。

2019年8月20日、作曲家の中村典正がお亡くなりになったという訃報が届きました。藤あや子にとって中村典正先生は自身の代表曲を手掛けていただいた、かけがえのない作曲家です。1992年(平成4年)の「NHK紅白歌合戦」初出場曲の「こころ酒」をはじめ、大ヒット曲「むらさき雨情」(1993年発売)、「み・れ・ん」(1995年発売)など、藤あや子を多くの方に知っていただくきっかけとなった数々の代表曲を提供していただき、歌わせていただきました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

ラジオではTBSラジオ・今週の推薦曲(11/25~12/1)、文化放送・プラスチューン(11/25~12/1)の期間、様々な番組で集中オンエアされる。

藤あや子 ニューシングル『ふたり道』

2019年11月27日(水)発売
【お得盤CD】(初回生産限定盤)MHCL-2830 / 1,500円(税込)
M1. ふたり道
 作詞:小野 彩 作曲:中村典正 編曲:伊戸のりお
M2. 角館恋灯り
 作詞:小野 彩 作曲:中村典正 編曲:伊戸のりお
M3. こころ酒
M4. むらさき雨情
M5. ふたり道(オリジナル・カラオケ)
M6. ふたり道(半音下げ オリジナル・カラオケ)
M7. 角館恋灯り(オリジナル・カラオケ)
M8. 角館恋灯り(半音下げ オリジナル・カラオケ)
M9. こころ酒(オリジナル・カラオケ)
M10. むらさき雨情(オリジナル・カラオケ)

【通常盤CD】MHCL-2831 / 1,300円(税込)
M1. ふたり道
M2. 角館恋灯り
M3. ふたり道(オリジナル・カラオケ)
M4. ふたり道(半音下げ オリジナル・カラオケ)
M5. 角館恋灯り(オリジナル・カラオケ)
M6. 角館恋灯り(半音下げ オリジナル・カラオケ)

関連リンク

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着