【レポート】Que SakamotoのDJツアー
日記「ヨーロッパツアー編・その5」

みなさん、こんにちわ。<Huit Etoiles>のDJ/ProducerのQue Sakamotoです。ヨーロッパツアー第五弾です。

■リトアニアの首都ビリニュスの
■Opium Clubでオリジナルトラックが!?

トルコのイスタンブールからリトアニアの首都ビリニュスへフライトになります。ビリニュスについてすぐに、ホテルチェックイン。ホテルにチェックインして、すぐにDiscotagにてインストアセッション。楽なことにベニューは、1階がBar Amadeusu、2階がDiscotag Record Storeとなっています。

主に今回のヨーロッパツアーでDigしたバイナルとサウスアメリカでDigしたバイナルオンリーセット。インストアセッションの途中に、終わってから1階のBar Amadeusuにて2人会をするMarek Voidaも来てくれました。70〜80sのプログレッシブロック〜ディスコ〜ニューウェーブ〜ポストパンクなセットを披露しました。
そのまま、下に行き、Marekからスタート。Marekは前回のBar Amadeusuの2人会もいいセレクトをしていて、今回も、たくさんの印象深いレコードをプレイしてくれました。自分もソビエト〜ジャーマン〜和物のとっておきのセレクトで、かなり意気投合して、お客さんもたくさん来てくれたし、すごく楽しいパーティになりました。終わってからは翌日にプレイするOpiumに挨拶に行って、がっつり遊んで帰宅。MarekもOpium Familyもみんな変わらず、元気で良かったです。
この日はあまりよく寝られず、ディナーをOpium1階のレストランでアテンドのスタッフとディナーを済ませて、Opium事務所に行って、挨拶。今回はOpium Clubのパーティ<Riestines X>の10周年パーティは金、土曜日の2日間行われ、自分は土曜日のゲストとしてブッキングしてくれました。いつも、刺激をもらうOpium Clubのクラウドは今回もすごかった……アッという間の3時間セット。とにかく文句の付けどころがない。本当に素晴らしいパーティで、お客さんをがっつりロック出来て大満足。Opium Familyのみんなも喜んでくれて、また来年Opiumにてプレイさせてもらえそうです。良かったー! プレイ内容はみんなハウス色強いセレクトを想像していたので、自分はお客さんにインパクトつけるために、日本の80sポストパンク〜ニューウェーブ〜オリジナルトラックに加えて、Bryan Kessler、Khida、Red Axesのアンリリーストラックを投下しました。
Instagramのストーリーズに一番多くビデオ投稿してもらったのは、なんとオリジナルトラックでした! 自分の中でOpiumはトップクラス。Opium Clubで爪痕残せたことが嬉しいです。OpiumクラブのTadas、Paulius、Marekファミリーともディナーできたし、リトアニアの素晴らしい自然にもたくさん触れられたし、リトアニアを満喫させてもらいました。何より今回ホームステイさせてもらったGreteの家族に感謝! ホームステイさせて頂き、ありがとうございました。とても充実したリトアニアライフになりました。ってことで、

「Thank U Discotag,Bar Amadeusu,Opium Club Family,Marek Family,Tadas,Paulius,Karolis,Laurynas And Vilnius Friends」

■スイス・ルツェルンでは
■フロアをしっかりロック!
リトアニアのビリュニュスから、スイス・チューリッヒへフライトします。前回もお世話になったSandroにチューリッヒ空港までピックアップしてもらい、Sandroの家にステイ。早速、SandoとZuknft ClubのCioとディナー。久しぶりにSandroとCioとゆっくり話が出来てよかった。ディナーを終えてKashemeでギグとなります。ディナーのレストランの目の前がKashemeのため、プレイスタートまでゆっくり出来ました。Kashemeに着いて、ブッキング担当のNickとスタッフの皆さんに挨拶。SandroとCioとNickと乾杯し、プレイがスタート。ミキサーはロータリー型で、前回のKashemeのときもかなり音の出方が素晴らしかったので、今回もプレイするのがとても楽しみでした。今回は、ニューウェーブ〜ポストパンク〜インダストリアル〜ロック〜ディスコをプレイ。3時間セットだったので、アッという間でした。お客さんも前回より多く、とても楽しい一夜に……終わってから、Zuknftに行き、Cioに挨拶して、パーティを楽しませてもらいました。翌日はLucerneでギグのため、Sandroと帰宅し、早めに就寝。
翌日はゆっくり起きて夕方にSandroが運転してくれてMajaと3人でルツェルンへ。ルツェルンに着いて、Beatと再会。ステイ先にチェックインしてみんなでディナー。Beatオススメのイタリアンレストランですごく美味しかった! みんなでKlub Kegelbahnへ。皆さん暖かく迎えてくれて、いざスタート。前半かなりお客さんの入りが弱かったですが、3時を越えたあたりから、フロアもパンパンで、お客さんもかなりテンションが高かったのが印象深いです。前回と違うセットを意識していたので、一曲一曲の選曲、バランス、グルーヴを意識し、ニューウェーブ〜ポストパンク〜サイケデリックロック〜ハウス〜テクノ〜80sエレクトロから最近のトラックを織り交ぜでプレイしました。自分なりにフロアのお客さんをしっかりキープ出来たと思います。お店の皆さん、お客さん、Sandro、Beat、Majaから多くのいいフィードバックをもらいました。今回のルツェルンも最高でした! Sandroの家でお寿司、鍋パーティも出来て、みんな喜んでくれたし、チューリッヒライフを満喫出来たし、美術館や街の散策、ゆっくりした時間が過ごせて幸せでした。新しい出会いもたくさんあり、スイスのミュージックシーンで活躍しているアーティストにも会えましたし、また次回が楽しみです!ってことで、

「Thank U Kasheme,Klub Kegelbahn,Sandro,Beat,Maja,Cio,Edo And New Zurich Friends」

今回のヨーロッパツアー、いよいよ次回が最後になります。

関連リンク

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。