生駒里奈×矢部昌暉(DISH//)W主演
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』開幕 
囲み取材&ゲネプロレポート

2019年11月16日(土)EXシアター六本木において、舞台『暁のヨナ〜烽火(ほうか)の祈り編〜』が初日を迎えた。今作は、昨年上演された舞台『暁のヨナ~緋色の宿命編~』の続編となり、W主演をつとめるのは、昨年に引き続き、女優として舞台、ドラマ、そしてバラエティでも活躍する生駒里奈と、ダンスロックバンドDISH//のメンバーとして活躍しながら様々な舞台に出演する矢部昌暉。さらに前作に引き続き、陳内将が出演し、新たなキャストとして、M!LKから塩﨑太智、曽野舜太、山中柔太朗の3人と、堀海登、熊谷魁人という、フレッシュなキャストが色を添える。
ゲネプロの直前に行われた会見で生駒は、「ヨナが様々な人たちとの出会いを通じてさらに成長していくところを見てもらいたい」と話し、矢部は「前作はヨナを守るために戦うシーンが多かったんですが、今回は戦いだけでなく、ハクの人間らしい部分が見られると思います」とコメント。陳内は、「スウォンは、僕の持っていないものを持っている役柄なので、陳内を消すのが大変でした」と役作りの苦悩を告白。さらに、M!LKの3人がそれぞれどれだけ緊張しているかを話すなど初々しさを見せたあと、熊谷が「今日まで座組一丸となって頑張ってきたので、初日はご褒美だと思っています。みんなと楽しみながらいい初日を迎えられたら」と話すと、他のキャストから「いいコメント!」と絶賛されていた。
今作は、謀反により父王を初恋の相手であるスウォン(陳内将)に殺された王女、ヨナ(生駒里奈)は、専属護衛のハク(矢部昌暉)とともに城を追われるが、その途中に神官に仕えるユンと出会い、伝説の四龍といわれる仲間が集結し、国を守る決意をする物語。
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
重税による食糧不足に苦しめられている火の部族の民と出会い、奮闘する中で、本当の正義とは何なのか、そして、ヨナとハクの繊細な想いなどが描かれ、熱い物語とともに、涙も誘う展開となっている。ヨナとハクのお互いを想いやる気持ちや、四龍やユンなど旅の一行のコミカルな交流など、前作よりもより暖かみや笑いなどを楽しむことができる。なかでも、ヨナが祭りで披露することになった美しい剣の舞や、全員が激しく剣を交えるアクションシーンなど、見どころはたくさん。観客も巻き込み、一瞬たりとも飽きさせることのない演出はさすが。見終えた後、さらなる彼らの冒険を見たくなり、続編を望んでしまうはずだ。

『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』

『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火(ほうか)の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火(ほうか)の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火(ほうか)の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火(ほうか)の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火(ほうか)の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
『暁のヨナ〜烽火の祈り編〜』
舞台『暁のヨナ~烽火の祈り編~』は、11月16日(土)~11月23日(土)までの期間、EXシアター六本木(東京・六本木)にて上演される。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着