YOSHIKI、SixTONESのデビュー曲をプ
ロデュース

YOSHIKIが、来年1月22日にデビューするSixTONESのデビュー曲をプロデュースしていることが明らかになった。

YOSHIKIがジャニーズ事務所のアーティストへ楽曲提供するのは今回が初のこと。今年の春にグループをプロデュースする滝沢秀明からラブコールをうけたこと、海外での活動を視野に入れたSixTONESの目標や思い描く夢にYOSHIKIが共感したことにより、今回実現に至った。楽曲はエッジの効いた激しさの中優しさや美しさを含んだ“YOSHIKIメロディ”が炸裂した大作になるとのこと。

YOSHIKIには世界中から楽曲提供の依頼が殺到しているが、ここ最近で本人が日本のアーティストに楽曲を提供するのは極めて稀なケース。今までに海外アーティストのほか、日本ではGLAYのデビュー曲をはじめ、松田聖子西城秀樹、NOAなどをプロデュースしてきたYOSHIKIが、今回どのようにSixTONESの世界観を創りあげていくのかに注目したい。

■YOSHIKIコメント
滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした。
あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、
お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が
海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供および
プロデュースを引き受けさせて頂きました。楽曲については滝沢さんとも話し合い、意図的に‟YOSHIKIメロディ”を
取り入れました。先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ
SixTONESという素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。
デビュー、おめでとうございます。

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着