クリエイティブディレクター・青野賢
一が選ぶプレイリスト | Fred Perry
Subculture

青野賢一が選ぶブリティッシュ・サブカ
ルチャーを巡るプレイリスト

今回のゲストはDJ・文筆家で、ビームス創造研究所/ビームス レコーズのディレクターを務める
青野賢一が作成したプレイリストには、十代を定義する曲として
の「Let’s Dance」や、 永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードに挙げた
の『Eden』から「I Must Confess」など、1980年代の楽曲を中心に、 青野自身にとってのUKクラシックスが全30曲が収録されています。
フレッドペリー・サブカルチャーのwebサイトでは、プレイリストの他に彼の音楽ルーツがより詳しく掲載されたインタビュー記事を公開中なのでぜひチェックしてみてください。

Fred Perry Subculture Interview Page 名前:青野賢一 ビームス創造研究所 クリエイティブディレクター、BEAMS RECORDS ディレクター。 雑誌『ミセス』(文化出版局)、『CREA』(藝春秋)、トーキョーカルチャート by ビームス発行の文芸誌『In The City』、「ぐるなび」のキュレーションサービスサイト「ippin」などでコラム、エッセイを連載する文筆家やDJとしても活動している。 青野賢一のブリティッシュ・サブカルチャーを巡るインタビューはこちら。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

新着