【本日更新】オススメJ-Indieプレイ
リスト『DIG UP! - J-Indie -』crap
clap、Dubb Paradeなど|1月4週目

今週の「DIG UP!-J-Indie-」注目のアー
ティスト

The time / crap clap

大人になり過ぎた子供によるモラトリアム・ポップバンド・
が2020年1月22日に2nd EP 『Good looking man』の収録曲「The time」を先行配信しました。バンド名の
は「酷い手拍子」という意味で、昨年リリースされた1st EP『Sunday comes again』レコーディングにて、メンバーのハンズクラップがあまりにも下手だった事から名付けられたそう。ピュアな歌声と優しいポップサウンドが印象的な一曲。
crap clap インタビュー記事はこちら

Connect / Dubb Parade

Producer/BeatmakerのDubb Paradeが2020年1月21日に新曲「Connect」をリリースしました。浮遊感のあるシンセサウンドとグルービーなビートが心地よいChill Trapソングとなっています。昨年リリースしたアルバム『session 2K19』にはharuru犬love dog天使valkneeなど新世代ラッパーが参加した豪華な作品となっています。

TIMEMACHINE / POLY

ファッション、音楽、アートなど、一つのカルチャーとして色々なコンテンツを融合させながら制作している
が2020年1月22日にリリースした新曲「TIMEMACHINE」。本楽曲は、ヒップホップやR&Bなど自身が好きなルーツを反映させた一曲となっており、メルヘンで甘酸っぱい歌詞にも注目です。

年輪 / paionia, Os Ossos

2020年1月22日に配信リリースしたpaioniaOs Ossosの楽曲「年輪」。本楽曲は、兼ねてから親交の深いpaioniaOs Ossosが2017年から始めた共同企画<年輪>に際し制作された楽曲となっており、2020年1月24日に開催される<年輪[第三回]>では本楽曲の他、両バンドのカバー2曲、インストバージョン1曲を加えた計4曲入りCD『年輪』が会場限定でリリースされる予定です。

paionia インタビュー記事はこちら

Walk Talk / 猫まみれ太郎, ぎゅうにゅうとたましい

猫まみれ太郎と友人のぎゅうにゅうとたましいが共同で制作した楽曲「Walk Talk」が2020年1月22日にリリースされました。本楽曲は、「渋谷の朝帰り、だるいよね」というようなテーマで制作された楽曲となっており、軽快かつ朝帰りでもテンションが上がるようなラップが印象的な楽曲となっています。

その他、注目のリリースは、
などがラインナップされています。

第2,4月曜日更新のSpotifyセレクト『D
IG UP!-J-Indie-』

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着