2020年2月14日 at 新代田FEVER

2020年2月14日 at 新代田FEVER

【突然少年 ライヴレポート】
『『辺りを見渡せば
きっと側に誰かいる』レコ発
TENGAと突然少年企画
<スタンディングスティックス
-ヴァレンタイン劇場->』
2020年2月14日 at 新代田FEVER

2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
2020年2月14日 at 新代田FEVER
 ライヴで汗だくになった大武茜一郎(Vo&Gu)が“本当に胸がいっぱいなんですよ”と笑ったのを観て、突然少年がどれだけがむしゃらに生きているのかが伝わってきた気がする。2月14日に行なわれた東京では初となるワンマンライヴは、ドラマー募集を掲げる彼らに手を貸した先輩ドラマーのマシータ(ex.BEAT CRUSADERS)、川﨑 昭(mouse on the keys)、岡山健二(classicus)が一曲入魂で参加し、TENGAとのコラボ企画でメンバーによる演劇も用意され、盛りだくさんな一日となった。

 先輩ドラマーとの一曲入魂ライヴでは、同日に会場限定盤がリリースとなったミニアルバム『辺りを見渡せばきっと側に誰かいる』から3曲を披露。トップバッターのマシータが「ギター」、川﨑は「メモリートレイン」、岡山が「フロムアンダーグラウンド」をプレイし、1曲が終わるごとにトークタイムを挟む。インタビューでとだ げんいちろう(Ba)が“僕たちより大先輩なのに、すごくピュアな人”と語っていたマシータが、それを受けて“この人こそピュア以外の何ものでもないでしょ! そこに俺が反応してるだけなんだから、そっくりそのまま返すよ”と打ち明けて笑いが起きる場面もあって和気あいあいと時間が進んでいく。マシータがいるとグッと気が引き締まる空気感や、力強さにダウナー感も覗かせる川﨑のドラミング、岡山が奏でると昼下がりのような温かさが生まれたりと、そのどれもが心地良かった。トークでは緊張と先輩からのイジりでタジタジだった突然少年だが、やわらかい表情からもお互いにリスペクトを持っていることが分かり、ここで話した他愛もないこと以外は、きっと音楽で会話をしていたのだろうと思う。

 転換の間は、“仕事帰りだし、親をつなぎに使うなんてどういうことだ”とぼやきながら、大武の父がギターを持って登場。オリジナル曲と突然少年の「開戦前夜」をパワフルにカバーし、最後には“バカもの!”と一喝する愛情たっぷりのパフォーマンスも。続いて、準備を終えたとだがソロ名義“はなぢまみれ”の楽曲「教室」を披露。『辺りを見渡せばきっと側に誰かいる』の配信限定で聴ける楽曲で、毎日に期待を寄せながらも思うようにいかない歯がゆく憂鬱な想いを歌い上げる。とだはバンドでも作詞作曲をしているが、ソロではバンドとは違うやるせなさが漂うのもまた良い。

 続いてはメンバーによる“ラヴロマンス劇場”。これまで各地で暑苦しいほどに全身全霊のライヴを観せてきた彼らによる演劇とあって、どんなものになるのかまったく予想が付かず、若干の恐怖さえ感じていたが、大武がやたら血の気の多いユウシという男を演じ、ステージでは寡黙なカニ ユウヤ(Gu)がヒロインのカオリ役、とだが語り手を担当するシンプルな構成だった。何より会場は3人が真面目にやっていることが伝われば伝わるほど爆笑が起きるという最高の盛り上がり。先陣を切って一番大きな声を出す大武と、無駄に色っぽく最後のオチまでしっかりとキメるカニ、一番緊張しながらも終始会場を和ませたとだ、まさかこの演劇で実感するとは思わなかったが、3人の個性が十分に楽しめる時間だった。

 会場が笑い声に包まれたのも束の間、“ラヴロマンス劇場はこれで終わりです!”とメインのライヴへ。ここからは彼らが“友達”と紹介したドラマーが力強く黙々とフロントマン3人とオーディエンスのテンションを引き上げていく。そして、“ここからが本番”と言わんばかりの熱量で楽器に食らい付くように鳴らした「フロムアンダーグラウンド」、イントロのギターリフから心が躍る「メモリートレイン」に、心臓がヒリヒリするくらいの鋭い空気感を持つ「火ヲ灯ス」を投下。《誰も居ない電話に話すよ》と歌う「ギター」を聴いて、“音楽を誰かに届ける”ということの前に、まずは“自分が音楽を鳴らすこと”について常に向き合っているバンドであることを実感した。

 突然少年にはいつだって真心があり、がむしゃらに生きていることが音になって心に響いてくる。それでいて、オーディエンスをひと時も油断させない鋭さがある。マイクに飛び掛かるように腹から声を出す大武の歌いっぷりと、時にリズミカルにビートを刻みながらしっかり幹になるベース、そしてカニの感情が爆発したギタープレイひとつで一気に殺伐とした雰囲気になるのも堪らない。MCでとだが“まだまだやれることがたくさんある”とこぼしていたが、突然少年に対して今まさにそう感じている。この日に用意した催し物もそのひとつであると同時に、かつては孤独感と闘い、孤独を武器にするような印象があったバンドが、今たくさんの人の手を借り、手を貸し、最新ミニアルバムに“辺りを見渡せばきっと側に誰かいる”というタイトルを付けた。その作品のリリースライヴで爆笑と熱烈なステージを観たこと。もともと“ここがピーク”と思ったことはないが、この日のライヴを言葉で表すならば突然少年は“まだまだやれる”ということに尽きる。

撮影:浅井千賀子/取材:千々和香苗


セットリスト

  1. 1.フロムアンダーグラウンド
  2. 2.伝えられなかったこと
  3. 3.メモリートレイン
  4. 4.火ヲ灯ス
  5. 5.ギター
  6. 6.Thank you my Friend and my Family
  7. 7.ひとり
  8. 8.ボール
  9. 9.サマータイムストレンジャー
  10. <ENCORE>
  11. 22歳のやくそく
突然少年 プロフィール

トツゼンショウネン:2012年に高校の軽音楽部で結成されたロックバンド。全国各地で熱いライヴを展開しながら、時にはマラソンに挑戦、米農家で田植え&稲刈りをするなど音楽以外の活動で身も心も鍛え続ける。19年4月には1stアルバム『Thank you my Friend and my Family』を発売。さらに『FUJI ROCK FESTIVAL』の新人登竜門ステージ『ROOKIE A GO-GO』で勝ち抜き、『FUJI ROCK FESTIVAL '19』のメインステージに出演した。突然少年 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着