イエスを支え続けた職人プレーヤー、
リック・ウェイクマンの名作
『ヘンリー八世と6人の妻』

『The Six Wives of Henry VIII』(’73)/Rick Wakeman

『The Six Wives of Henry VIII』(’73)/Rick Wakeman

『こわれもの(原題:Fragile)』(’71)、『危機(原題:Close to the Edge)』(’72)といったロック史に残るイエスの代表作に参加し、その圧倒的かつ繊細なキーボードプレイで多くのファンを魅了したリック・ウェイクマンだが、彼はイエスに加入する前から多くのセッション活動をこなしていた職人的アーティストでもある。彼が参加したセッションでは、ほとんどの録音がワンテイクで済んでしまうことから、当時は“ワンテイク・ウェイクマン”と呼ばれていた。

イエスに加入する前、すでにデビッド・ボウイ、T-レックス、キャット・スティーブンス、エルトン・ジョン等のレコーディングに参加するなど、彼の並外れた才能は20歳過ぎには業界人の多くが知るところであった。また、ウェイクマンは多忙なイエスの活動の合間を縫ってソロ活動にも尽力する。今回取り上げる『ヘンリー八世と6人の妻(原題:The Six Wives of Henry VIII)』は、彼がイエスに在籍中の73年にリリースされた1st(本作の前に『Piano Vibration』(‘72)がリリースされているが、これは彼自身ソロとして認めていないのでカウントしない)ソロアルバムで、彼の代表作であると同時にプログレッシブロックを代表する傑作だ。

早熟の天才、リック・ウェイクマン

ウェイクマンは7歳頃からピアノを習い始め、中学生の頃には教会のオルガンやクラリネットも演奏できるようになっていた。14歳で地元のブルースバンド、アトランティック・ブルースに参加(クラシック一辺倒に見える彼の演奏からは想像しにくいが、当時のブリティッシュロッカーなら必ず通る道である)する。この後、さまざまなグループでポップスやフォークなどを演奏するようになるのだが、高校を卒業するとクラシックのピアノ奏者になるべく王立音楽大学(Royal College of Musicで、王立音楽アカデミー(Royal Academy of Music)とは違う学校)に入学する。若い時にはよくあることだが、入る前は根拠のない自信に満ちあふれていたが、いざ入学してみると、自分ぐらいの才能がたくさんいることに気づかされ、徐々にやる気を失いパブに入り浸るようになる。

ある日、彼に転機が訪れる。アメリカの著名なソウルグループのアイク&ティナ・ターナーが、訪英する時のサポートミュージシャンを探していると聞きオーディションに参加したところ、トニー・ビスコンティ(デビッド・ボウイ、T-レックスなど)、ガス・ダッジョン(エルトン・ジョン、マグナ・カルタなど)、デニー・コーデル(ジョー・コッカーなど。のちにレオン・ラッセルとシェルター・レコードを立ち上げる)といった大物プロデューサーの目に止まったのだ。特にコーデルはウェイクマンの技術を高く買い、自分のレーベル(Regal Zonophone Records)のスタジオミュージシャンとして働くよう誘っている。これがきっかけとなって、ウェイクマンは音楽大学をドロップアウト、69年に20歳の若さでフルタイムのスタジオミュージシャンとなる。

ストローブスへの加入~脱退

70年、セッションで参加したストローブス(プログレの香りを漂わせたブリティッシュフォークロックの人気グループ)のレコーディングで、このグループに気に入られていたウェイクマンはメンバーに誘われ、ギャラの良さもあって加入を決める。70年初めという時期は60年代のブルースブームとは異なり、ブリティッシュロッカーの多くがカントリー系のルーツサウンドに注目していた時期である。そういう意味ではストローブスに加入したウェイクマンは、流行に敏感なタイプであったのかもしれない。どちらにしても、この時点でブルース、クラシック、ソウル、カントリー、フォークなどの音楽に親しんだことは、彼のキャリアにとって大きな意味を持つ。

ストローブスのライヴ中に、たまたまウェイクマンがオルガンやピアノをソロで弾くことがあり、そのパフォーマンスに感銘を受けた『メロディーメーカー』(イギリスの有名な音楽雑誌)が彼を大きく取り上げたことで、ウェイクマンは一般のロックファンにまで知られるようになる。その後、ストローブスの人気に翳りが出始めるとギャラは低迷、高価なモーグを買ったこともあって彼はセッション活動へと戻り、ストローブスから脱退を決める。そして、ここでまた転機が訪れる。キーボード奏者を探していたデビッド・ボウイに、バックメンとして参加してほしいと誘われたのだ。ちょうど、ウェイクマンはモテ期に突入していたようで、ボウイの要請と同時期にイエスからも加入要請があった。

それまで、イエスでキーボードを担当していたのはトニー・ケイであるが、ケイはピアノとオルガン以外は絶対に弾かない(要するにシンセが嫌いだった)と言い出したため、クビになっている。キング・クリムゾンやEL&Pなどのグループはシンセを効果的に使い、まさにプログレサウンドが花咲く時期であったから、ケイの解雇は仕方のないことであった。ウェイクマンはこの時点では、ボウイのバンドにも魅力を感じていたのだが、イエスのリハーサルに参加してみて、グループがキーボード(シンセも含め)の重要性を理解してくれていたことと、メンバーの演奏レベルが高かったこと、そして何よりギャラが良かったことでグループへの加入を決めた。イエス側にしても、キース・エマーソンに並ぶウェイクマンという凄腕プレーヤーの獲得は、グループの飛躍にとっては願ってもないチャンスであった。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着