SKE48古畑奈和 feat. BRIDEARパフォ
ーマンス・ムービーYoutubeで公開

SKE48の古畑奈和と5人組ガールズロックバンドBRIDEARが、リハーサル・スタジオでのパフォーマンス・ムービーをSKE48公式Youtubeチャンネルに公開。

同じレーベル、事務所に所属する古畑とBRIDEARは、3月23日に大阪、4月4日に東京で、「古畑奈和 feat. BRIDEAR LIVE」の開催を予定しておりリハーサルに励んでいたが、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、開催は中止に。

公開されたパフォーマンス・ムービーは3月17日にスタジオで収録した、本番さながらのリハーサルの模様を伝えている。

2020年4月4日に東京で開催されるはずだったイベントの開演時間18:00になると、画面にはロックテイストの翼のあるハートのイラストが表れ、「FRUSTRATION」の映像が公開。

この曲は2019年7月24日に発売された、古畑奈和が初センターを務めたSKE48 25thシングルとなる。BRIDEARドラムのNATSUMIのカウントで曲が始まると、古畑は昨年6月に開催した自身のソロコンサートの時の鮮やかな着物風衣装で登場。BRIDEARの5人のメンバーはSKE48の2ndアルバム『革命の丘』の衣装を、ワイルドにアレンジして着こなしている。激しいダンスが特徴のこの曲だが、古畑は歌をメインに、BRIDEARメンバーは演奏はもちろん、流暢な英語で迫力あるラップとバックコーラスも担当。

【古畑奈和(Nao Furuhata) feat. BRIDEAR / 「FRUSTRATION」 Studio Recording ver.】
続けて公開されたのは、2018年7月4日に発売されたSKE48 23rdシングル「いきなりパンチライン」より「Parting shot」。BRIDEARギターのMISAKIとAYUMI、ベースのHARUによりイントロが奏でられ、古畑のヴォーカルにBRIDEARヴォーカルKIMIがコーラスでぴったりと寄り添います。MISAKIのギターソロにも注目。

【古畑奈和(Nao Furuhata) feat. BRIDEAR / 「Parting shot」 Studio Recording ver.】
3曲目には2018年12月24日に発売された古畑奈和 1st. Mini Album『Dear 君とボク。』より、「本性」が公開。BRIDEARの5人のメンバーとのコラボレーションで、SKE48での古畑奈和とはまた違う魅力が発揮されているパフォーマンスに注目。

【古畑奈和(Nao Furuhata) feat. BRIDEAR / 「本性(Honsho)」 Studio Recording ver.】
©2020 Zest,Inc.

©2020 Zest,Inc.

アーティスト

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着