隠し事は描く仕事!親子をつなぐ優しい秘密「かくしごと」

隠し事は描く仕事!親子をつなぐ優しい秘密「かくしごと」

隠し事は描く仕事!親子をつなぐ優し
い秘密「かくしごと」

隠し事=描く仕事!

▲TVアニメ『かくしごと』ティザーPV
アニメ『かくしごと』の原作は、2016年1月より『月刊少年マガジン』(講談社)にて連載中の久米田康治による漫画作品です。
マンガ家の後藤可久士とその娘・姫の日常を、マンガ家あるあるネタを交えながら描く、ほのぼのコメディです。
タイトルは「隠し事」と「描く仕事」を掛け合わせた意味になっていて、なかなか粋ですよね。
『かくしごと』の各エピソードは、ほぼ久米田康治自身の実話に基づいているのだそうですよ。
親バカ・可久士と愛娘・姫!
画像引用元 (Amazon)
こちらの作品は、かつて『きんたましまし』というちょっと下品な作品がヒットし、現在は「週刊少年マンガジン」に下ネタ多めな『風のタイツ』を連載中の漫画家・後藤可久士が描くストーリー。
主人公の可久士は、一人娘の姫(小学4 年生)にぞっこん。何よりも愛娘の姫が最優先なのです。
そんな親バカ可久士にとって自分の仕事が「漫画家」であることは、娘に知られたくない「隠しごと」。
父親が下品なマンガの作者だと知られたら、周囲からいじめられるのではないか?
自分の「描く仕事」が知られたら、娘に嫌われるのでは!?
と妄想し、自身が描いている漫画のことを娘に隠し続けます。
バレそうになると暴走し、騒動を巻き起こしたり、他人を勘違いさせてしまったり、バレそうでバレない「かくしごと」を抱えながら、今日も紡がれる可久士と姫のドタバタ劇。
「愛と笑い、ちょっと感動のファミリー劇場」それがアニメ『かくしごと』です。
▲TVアニメ『かくしごと』後藤 姫キャラクターPV
アニメ『かくしごと』は、体の力をゆったり抜いてほんわか見ながら、クスッと笑ったり時に切なさを感じたりと、ありふれているはずの日常がとても素敵ですね。
可久士と姫の父娘愛に、ほっこり和みます。
ストーリーがテンポよく進み、それぞれのキャラクターに味があるのもいいですよ。
2人を取り巻く人間模様にも注目です。
一体、過去と現在を行き来する中にどんな「かくしごと」があるのでしょうか。
徐々に確信に迫る展開から、目が離せません。
キャスト陣が神!
▲TVアニメ『かくしごと』後藤可久士キャラクターPV
アニメ『かくしごと』は『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』を手掛けた亜細亜堂がアニメーション制作を担当しています。
監督は『ぼくらの7日間戦争』を手掛けた村野佑太、シリーズ構成・脚本は『私、能力は平均値でって言ったよね!』を手掛けたあおしまたかしが担当。
キャラクターデザインは『ソラとウミのアイダ』を手掛けた山本周平が担当しています。
≪キャスト一覧≫
後藤可久士:神谷浩史
後藤 姫:高橋李依
十丸院五月:花江夏樹
志治 仰:八代拓
墨田羅砂:安野希世乃
筧 亜美:佐倉綾音
芥子 駆:村瀬歩
六條一子:内田真礼
ナディラ:加藤英美里
マリオ:浪川大輔
娘にメロメロな父親に神谷浩史!イケボな父親ですね。喜怒哀楽が大きくて暴走しやすい後藤可久士を神谷浩史がバッチリ演じてくれています。
そして、愛しの娘は高橋李依!この2人の絡みはもう喜びしかありません。
脇を固める声優陣も素晴らしいです。主役クラスがそろい、もはや神レベルだという感想を持った人も多いのではないでしょうか。
flumpoolが歌う爽やかで温かいOP!
▲TVアニメ『かくしごと』ノンテロップOP映像
アニメ『かくしごと』のOPテーマ『ちいさな日々』は、flumpoolが担当しています。
flumpoolは2007年1月に大阪府で結成された4人組ロックバンドで、2008年10月にメジャーデビューしました。
ユニット名は、当時好きだったFrancfrancと、たまたまつけていたテレビから聞こえてきたリヴァプールFCの「Liverpool」を合わせたものです。
今までに映画『君に届け』の主題歌やドラマ『ブラッディ・マンデイ』の主題歌と「ラグビーワールドカップ」のイメージソングなどを歌っています。
▲TVアニメ『かくしごと』本PV
爽やかな歌声にメロディで、まるで劇場作品のようなスケールを感じますね。
なにより、flumpoolの温かい歌い方が『かくしごと』の世界にピッタリです。
EDは大瀧詠一の名曲!
▲TVアニメ『かくしごと』ノンテロップED映像
アニメ『かくしごと』EDテーマ『君は天然色』は松本隆が作詞し大瀧詠一が作曲、多羅尾伴内が編曲を担当しました。
歌っているのは、シンガーソングライター・作曲家・アレンジャー・音楽プロデューサー・レコードレーベルのオーナー・DJ・レコーディングのエンジニアなど、多くの顔を持つミュージシャンの大滝詠一です。
2013年12月に急逝した大瀧詠一は、時代の先駆者。
ミュージシャンとしてCMソングを作ったり、シングルにカラオケバージョンを入れたりし、現在のスタンダードを生み出しました。
『夢で逢えたら』『幸せな結末』などの代表曲が多数あり、今作EDの『君は天然色』も代表作に数えられます。
『君は天然色』がリリースされたのは1981年のことですが、今聞いても全然古くない!
やはり名曲は、何年経っても色褪せない名曲ですね。
甘くて素敵な声に癒される、語り継がれるべき楽曲です。
君は天然色 歌詞 「大滝詠一」
https://utaten.com/lyric/ja00000993
ラストが迫る原作も、ぜひ!
画像引用元 (Amazon)
原作漫画『かくしごと』最新刊の11巻は、2020年3月17日に発売。
『かくしごと』は全12巻なので、残りあと1巻で終わってしまいます。
ハートフルなコメディの本編と、本編の前後に挟まれる何とも切ない「その後」の話。
まもなく終わってしまうのは寂しいけれど、作品をかなりの変化球で終わらせる久米田康治だけに、これからの展開が見逃せません。
原作漫画は、AmazonのKindle版で1巻が無料です。
ぜひ、読んでみてください。とても素敵ですよ。
まだまだ、原作もアニメ『かくしごと』も目が離せませんね。
最新情報はこちらからどうぞ。
▷TVアニメ『かくしごと』公式サイト
▷TVアニメ 慎重勇者 公式Twitter

TEXT  有紀

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着