王道にして激アツ!「トミカ絆合体アースグランナー」にライドオン!

王道にして激アツ!「トミカ絆合体アースグランナー」にライドオン!

王道にして激アツ!「トミカ絆合体ア
ースグランナー」にライドオン!

TOP画像引用元 (Amazon)

「アースグランナー」はトミカ生誕50周年記念作!
画像引用元 (Amazon)
タカラトミーのベストセラーミニカー・トミカ。幼い頃、一度は触れたことがあるのではないでしょうか。
  
国産車のリアルな質感を再現し、塗装にこだわった本格的な作り込み。お子さんの手になじむ遊びやすいサイズ感と手を軽く転がせるだけでよく走る走行性の高さ。
そしてお求めやすい価格が子どもだけでなく、大人の愛好家にも支持されてきました。
常に140種ほどのラインナップが展開され、毎月新作をリリースしています。
ミニカー市場の70%を占め、累計販売台数は6億7000台以上。2秒に1台売れているといわれています。
記念すべきトミカ50周年に制作された新作テレビアニメが『トミカ絆合体アースグランナー』です。
トミカとブレスレットを駆使してヒーローに変身。搭乗するスポーツカー「コアグランナー」が巨大スーパーカー「グランナー」に乗り込み、他のマシンと合体する新しいロボットアニメです。
変身し操縦するのは、双子の小学生兄弟の駆動ライガとクウガ。
マシンに選ばれ、宇宙から現れた謎の敵から地球を守る使命を持った双子兄弟の物語が始まります。
王道で激アツ!ワクワクが止まらない
地球に危機が訪れているところからストーリーがはじまります。
地球の自転エネルギーから放たれるアースエネルギーを狙い、宇宙暴走族のダークスピナーが地球に襲来してきたのです。
双子の弟の駆動ライガと兄のクウガは、動物園の飼育員の手伝いをしている最中、自分を呼ぶ声を耳にします。
ふたりが声に導かれた先は、地球防衛拠点アースグランナー本部。
エレベーターは地下22階に到着し、ふたりはスポーツカー「コアグランナー」にそれぞれ乗り込むようAIに呼びかけられます。
マシンに選ばれたふたりはアースブレスにコアグランナートミカを差し込み、グランナーRとグランナーKに変身。
ダークスピナーの悪事に苦しむ動物園の動物達を救うべく立ち上がったのです。
▲トミカ新作アニメ「アースグランナー
秘密基地の地下から発進するマシンや合体、巨大な謎の敵など、ロマンくすぐる王道シチュエーションが激アツですね。
意志を持ったマシンと主人公達の連携や掛け合いも、90年代に人気を博した勇者シリーズを思い起こされ、懐かしくて心が湧き上がってきます。
特に変身シーンと合体シーンは必見です。
変身時は、トミカを差し込む時の「ピットイン」のかけ声に始まり、ホイルチャージでエネルギーメーターが急上昇する演出から「それ!それそれそれそれそれー!」の変身音が盛り上げ、細部までヒーロー作品らしく仕上がっています。
まさに子どものなりきりたいを刺激する変身シーンで見応え抜群ですよ。
▲トミカアースグランナーアカデミー第3回【トミカ絆合体アースグランナー】
合体シーンも、ジョイント部分をアップに映し、合わさった時の「ガシーン」という音とまばゆい光、胸パーツが差し込まれた後に紋章が光る演出がかっこよくて、何度見てもテンションが上がってきますね。
しかも開始10分経たずして初変身。1話で2体の合体ロボが登場し、敵と激しいバトルを繰り広げていて画面に釘付けになることでしょう。
また、世界観をナレーションが丁寧に解説しているので小さなお子さんやおうちの方も一緒になって楽しむことができますよ。
童心に帰ってワクワクドキドキ満載のストーリーを楽しんでみてくださいね。

実力派スタッフとサポートAIを演じるアツい声優陣にも大注目!
画像引用元 (Amazon)
アニメ『トミカ絆合体アースグランナー』は『新幹線変形ロボシンカリオン』や『妖怪ウォッチ』を手がけたアニメ会社OLMが制作しています。
監督は2018年まで『妖怪ウォッチ』を監督したウシロシンジが担当し、脚本を『私に天使が舞い降りた』『恋する小惑星』を描いた山田由香が担当。
キャラクターデザインにアニメ『イナズマイレブン』を描き下ろした井ノ上ユウ子と実力派スタッフが集結。
アツいヒーロー・メカ作品に新たな風をもたらすスタッフ陣ですね。
キャスト陣は、AIのガオグランナーレオ役に『勇者王ガオガイガー』で主演し、アツい叫び声を上げた檜山修之やガオグランナーイーグル役に『ウルトラマンタイガ』で力強く頼もしいウルトラマンタイタスを演じた日野聡など、アツい魅力あふれるキャストが出演しています。
石上静香演じる熱血でノリ重視の弟・ライガや、桜井春名演じるクールで慎重派の兄・クウガもヒーローらしいかっこよさがあり、兄弟で助け合うシーンは自然と応援したくなるでしょう。
福山潤演じる世界的レーサー・マッハゴウに支えられ、互いを補いながら成長していく兄弟達の活躍をお見逃しなく。
主題歌はオーイシマサヨシの胸アツヒーローソング!

オープニングテーマ『世界が君を必要とする時が来たんだ』を歌うのは、オーイシマサヨシ。
『ウルトラマンR/B』の主題歌『Hands』でアツい歌声を披露。
アニメ『SSSS.GRIDMAN』のオープニングテーマ『UNION』を、作品に寄り添った歌詞とアツいボーカルで盛り上げた人気実力派アーティストです。
『世界が君を必要とする時が来たんだ』は、自ら作詞・作曲を行いました。
聴くだけでワクワクし、心に響くアツい主題歌に仕上がっています。
軽快で心を揺さぶるスタイリッシュなメロディーと、聴く人の心に熱く呼びかける歌詞が最高ですね。
歌詞に「走れレオ 飛び立てイーグル」とメカ名が入り、サビのラストに巨大マシン・グランナーにコアグランナーが乗り込む「ライドオン」を繰り返すなど、王道ロボットアニメらしい言葉選びに、懐かしさをそそります。
▲トミカ新作アニメ「トミカ絆合体アースグランナー」第2弾PV
サビ前の「小さい頃頭ん中に思い描いたあの主人公に君もライドオン」は、かつてヒーローに憧れた人なら勇気が湧いて、グッとくるのではないでしょうか。
心に響くサビ前に、変身シーンと合体シーンを盛り込むセンスもファンの心を理解しているようで痺れますね。
サビの「何でもできちゃうこのエナジーを」の所で駆動兄弟からグランダーに、コアグランナーからグランナー、そしてアースグランナーへとスケールアップしていく演出もロマンがあふれていて激アツです。
ライバルキャラクターが駆ると機体とアースグランナーレオチータの手に汗握るバトルもあり、最初から最後まで見応え抜群。
早送りできないハイクオリティな主題歌です。
EDはやさしいダンスナンバー「僕らがヒーロー」
▲【トミカ アースグランナーアニメ】キンタロー。といっしょにおどろう!イージーダンス(EG DANCE)!【トミカ絆楽曲提供アースグランナー】
エンディングテーマ『僕らがヒーロー』を歌うのは男女ツインボーカリスト・ダ・ヴィンチ:ポアロ。
女性ボーカル・凛は、ハロープロジェクトのシェキドルの元メンバー。
アニメ『カードファイトヴァンガード!!アジアサーキット編』エンディングテーマ『片翼-ツバサ-の行方』を歌ってきた有名なアニソンアーティスト。
男性ボーカルを、アニメ『デュエルマスターズゼロ』のオープニング『魂 召還!』を歌ったロックバンドRayのボーカル・原田謙太が担当しています。
作詞・作曲・プロデュースを、AKB48SKE48に楽曲提供をしてきた島崎貴光が務めています。
歌い出しからふたりの力強いボーカルが頼もしくて痺れます。 
ラップや合いの手も入っていて、気分はノリノリ。
「ライドオン」「キズナ合体」など随所で『アースグランナー』用語を組み入れ、盛り上げていくのも王道ヒーローソングらしくてかっこいいです。
小さなお子さんも口ずさめるように歌詞に動物の鳴き声を入れていたり、速すぎず遅すぎないテンポに設定していたりと、全体的に工夫されていて歌いやすいですよ。
また、ダンスの振り付けは、前田敦子の物真似で一躍有名になったキンタロー。が担当しています。
ダンスはものまねしやすく、親しみやすい振り付けに。
ひとつひとつの動作が誰でも踊りやすいシンプルな動きになっていて覚えるのも簡単です。
変身時のブレスレットのホイールを回す動きやライオンや鷲の動きが盛り込まれていて、なりきりたい子ども心を刺激しますね。
子ども達のことを思って、歌いやすく踊りやすく作られた温もりを感じさせるエンディングテーマとなっています。
おもちゃとアニメで二度おいしい「アースグランナー」の世界
▲トミカアースグランナーアカデミー第1回【トミカ絆合体アースグランナー】
テレビアニメ『トミカ絆合体アースグランナー』は、2020年4月5日からテレビ東京系6局ネットで放送中です。
映らない地域の方は、1話と最新話はタカラトミーのYouTube公式チャンネルで公開されるのでお見逃しなく。
ワクワク感満載で、一度見たらスリリングなバトルに心が震え上がることでしょう。
アニメと連動して発売されるおもちゃは、ディテールまで忠実に再現した精巧な作りになっています。
可動範囲も過去作のロボットより大きく、アニメさながらのダイナミックなアクションを再現できますよ。 
おもちゃやアニメの最新ニュースはタカラトミーチャンネルの「トミカアースグランナーアカデミー」で公開中。
テレビ放送と合わせて『アースグランナー』の魅力を堪能できますよ。
見たら心が熱く燃えたぎる『アースグランナー』の世界にあなたも足を踏み入れてくださいね。

最新情報はこちらから
▷番組公式サイト
▷番組公式公式Twitterアカウント

TEXT Asakura Mika

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着