異彩を放つ音楽性!ラウド系アイドル「PassCode」の魅力とは!

異彩を放つ音楽性!ラウド系アイドル「PassCode」の魅力とは!

異彩を放つ音楽性!ラウド系アイドル
「PassCode」の魅力とは!

TOP画像引用元 (Amazon)

ロック×アイドル!

アイドル戦国時代と言われる中を、大阪からのし上がってきた「PassCode(パスコード)」(略称・パスコ)!
「こんなに可愛いアイドルがこんな曲を歌うなんて」という驚きを通り越し、さらにその上を行く存在となって、ビジュアル面だけでなく音楽性を重視する人からも、異彩を放つロック・アイドルとして、PassCodeは人気急上昇中なのです。
その魅力は一体どこにあり、どのような曲を歌っているのでしょうか。
PassCodeの魅力を、今からじっくり紹介します!
PassCodeとは?
▲PassCode - PROJECTION (PassCode Zepp Tour 2019 at Zepp Osaka Bayside)
「PassCode(パスコード)」は、音楽プロデューサー平地孝次が大阪スクールオブミュージック専門学校を卒業後、大阪でメンバーを募って立ち上げたグループ。
2013年に結成され、メンバーを入れ替えながら、2016年にメジャーデビュー。
主に大阪を拠点に活動しています。
PassCodeのメンバーは、以下の4人です。( )はイメージカラー
・高嶋楓(イエロー)
…アイドルとラブライブ等のアニメが大好き。
・南菜生(ピンク)
…趣味は人間観察とギター。ミスiD2016で審査員特別賞も受賞
・今田夢菜(ブルー)
…趣味は踊ること。ライブではシャウトで魅了。
・大上陽奈子(パープル)
モーニング娘。のファン。ソロアイドルの経験あり。

グループ名「PassCode(パスコード)」にちなんで、イベントは「ENIGMA」、ファンは「ハッカー」と呼ばれています。
SUMMER SONICでは、2015年にSIDE SHOWに出演。
2017年ではオープニングアクト、2018年には東京・大阪いずれもメインアクトでの出演を果たしており、人気の上昇ぶりがわかります。
アイドル戦国時代を勝ち上がってきた実力は、伊達ではありません。
PassCodeの魅力!
▲PassCode - 4 (PassCode Zepp Tour 2019 at Zepp Osaka Bayside)
PassCodeは、ラウドロック・デジタルロック・EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)・スクリーモなど、さまざまなジャンルの楽曲を発表しています。
変幻自在なアレンジと、気迫みなぎるパフォーマンスも勢いがありが魅力的です。
また、熱いシャウトで攻め、とても攻撃的な音楽を展開させます。
ライブでは、変化をつけた先の読めない曲構成に夢中になりますよ。
アイドルのライブとは思えない、アグレッシブな空気感に酔いしれます。
PassCodeのおすすめの3曲!
ラウドロックの激しいステージを見せるPassCodeのライブには、バンド好きもアイドル好きも集まります。
また、アルバムやシングルが海外のiTunesチャートで1位を獲得するなど、海外からも熱い視線を送られているのです。
それでは、PassCodeの楽曲の中から、特におすすめの3曲を紹介しましょう!
ここからスタート!「MISS UNLIMITED」
▲PassCode - MISS UNLIMITED (Full Size)
MISS UNLIMITED 歌詞 「PassCode」
https://utaten.com/lyric/ya16102636
『MISS UNLIMITED』は、2016年10月26日にリリースされたPassCodeのメジャーデビューシングル。
イントロはファミコンのような電子音。そして、ヘヴィなバンドサウンドと派手なEDMサウンド。
これらがハイテンションでぶつかり合い、切れ味の鋭い一曲となっています。
今田夢菜の渾身のシャウトやスクリームが冴え渡っていますね。
南菜生、高嶋楓、大上陽奈子のヴォーカルもスピーディに織りなされ、PassCodeならではのキャッチーさやポップさもしっかりと存在感を放っています。
熱さとクールさを兼ね備えた硬質なサウンドに、甘さや切なさがバランスよくプラスされている一曲です。
PassCode初心者にもおすすめ!「ATLAS」
▲PassCode - ATLAS (FullSize)
ATLAS 歌詞 「PassCode」
https://utaten.com/lyric/qk19090078
『ATLAS』は、2019年9月25日にリリース。 AVIOTワイヤレスイヤホンのソングにも起用されています。
爽快感あふれるイントロから始まる『ATLAS』は、PassCodeにしては異色な始まり、と思いきや、やはり大胆な転調が待っています。
全体にキャッチ―でアイドル感もあり、PassCode初心者にもおすすめの一曲です。
シャウトもキレが良く、可愛さと爽やかさとかっこよさのトリプルパンチですよ。
今までのラウドロックに縛られることのない、新たな一曲。
グループとして新たな魅力を放ち、PassCodeの進化を感じさせます。
転調が楽しい「ONE STEP BEYOND」!
▲PassCode - ONE STEP BEYOND (live at TSUTAYA O-EAST, ZENITH TOUR 2017 FINAL SERIES)
ONE STEP BEYOND 歌詞 「PassCode」
https://utaten.com/lyric/ya17080235
『ONE STEP BEYOND』は、2017年8月2日にリリースされたメジャー1stアルバム「ZENITH」の収録曲。
廃墟を舞台にしたドラマシーンと、クールなパフォーマンスシーンで構成されたMVは、PassCodeの初演技に注目ですね。
転調に転調を重ねた、先の読めない曲構成を展開させる楽曲は、まるでジェットコースター。
ライブではイントロからヒートアップし、激しくて楽しく、曲の後半では、伴奏に合わせてオーディエンスが大合唱し、PassCodeとオーディエンスが一体となって盛り上がります。
ライブでの一体感を全身で感じられる一曲です。
PassCodeは進化し続ける!
▲PassCode - Future's near by [CLARITY Plus Tour 19-20 Final at STUDIO COAST / Trailer]
PassCodeのライブ「PassCode CLARITY Plus TOUR19-20」は、まるでフェスのようなお祭りムード。
SNSでリクエスト曲の公募を実施し、ツアー写真や衣装を展示した場内大型テントエリア「PassCode Museum」を設置。
シャウトのランキングを競うゲームサイト「#ShoutChallenge」のオープンやメンバーの考案したフードが出店。
アイドルらしからぬPassCodeの、圧倒的なライブパフォーマンスの激しさは半端ない熱量なので、アイドルファンだけではなくロックファンもたくさん集まっています。
「2021年、日本武道館でライブしてもいいですか?」という南の宣言。
PassCodeが、とうとう日本武道館公演を誓いました。
PassCodeの今後の活躍に、ぜひ注目してください!

TEXT 有紀

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着