SCANDAL 、宅録音源で制作した新曲「Living in the city」配信スタート!

SCANDAL 、宅録音源で制作した新曲「Living in the city」配信スタート!

SCANDAL 、宅録音源で制作した新曲「
Living in the city」配信スタート!

「Living in the city」をリリース

SCANDALが、6月3日(水)にDigital Single「Living in the city」をリリースした。
▲「Living in the city」Official Audio
SCANDALにとって初となる、宅録音源のままでのリリースとなる。
本作は、2020年2月に発売された彼女たちの最新アルバム『Kiss from the darkness』の制作時にベースのTOMOMIによって作詞作曲された曲で、東京でのなんてことない日常が愛おしく思えるような情景が歌われたメロウなナンバーだ。
リリースにあたり、TOMOMIは「STAY HOMEを経て新しい生活が始まった今、制作した時とはまた別の大きな意味合いを持って届けられるような気がしています。」とコメントしている。
リリースと同時に、メンバーそれぞれの自宅での様子をリモートで撮影した「Living in the city」の”リモートビデオ”も公開となったので、楽曲と共にぜひお楽しみ頂きたい。
▲「Living in the city」Remote Video (Short ver.)
また、SCANDALの結成14周年記念日である8月21日(金)に開催される、一夜限りの生配信ライブのチケット販売もスタートとなっているので、こちらも併せてチェックしてほしい。
【特集】ガールズバンドSCANDAL!人気楽曲ランキングと『涙のリグレット』
https://utaten.com/specialArticle/index/3596
TOMOMI コメント
東京での日常を歌ったうたです。
常にスイッチを入れていないと孤独に飲み込まれてしまうような気がしていた東京という街が、上京して10年以上が経ち「ただいま」と言いたくなる場所になっていたこと。
そして、今の私を構築してくれたものの多くはこの街で過ごす日常の中にあったこと。
それに気付いた時、急に愛しくなってこの気持ちを閉じ込めようと制作に取り掛かりました。
この曲を書いた時はまさかこういうタイミングでのリリースになるとは思ってもいませんでしたが、STAY HOMEを経て新しい生活が始まった今、制作した時とはまた別の大きな意味合いを持って届けられるような気がしています。
なんてことない、代わり映えしないと思っていた毎日が、私たちにとってどれだけ愛しく尊いものだったのか。
改めて。
STAY HOMEの真っ最中にリリースすることを決めたので、私たち史上初の宅録音源になっています。
それに合わせてRemote Videoも作りました。
メンバーそれぞれのお家での様子も曲と共にお楽しみ頂けたらと思います。
「SCANDAL」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/4533
配信情報
●2020年6月3日 (水) Release
Digital Single「Living in the city」
▷配信URL
ライブ情報
●SCANDAL WORLD TOUR 2020 “Kiss from the darkness” Livestream
日程:2020年8月21日(金)
時間:19:00~ (予定)
チケット料金:¥3,000
▷申し込みURL
※ 本公演は有料の生配信ライブとなります。

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着