Kan Sano、新曲「DT pt.3」本日配信
 MV制作のためにダンス動画を募集

Kan Sanoがニュー・シングル「DT pt.3」を本日6月3日(水)にリリースした。
本作はKan Sano流ローファイ・ヒップホップ〜ファンクなサウンドで、グローバル・ヒット作となった「DT pt.2」の続編的楽曲。さらに、Kan Sano自身の発案により、ダンサーによるダンス動画を世界中から一般公募し、それを編集する形でMVも制作することが決定した。予てよりKan Sanoの楽曲を使用したダンス動画がSNSに多数投稿されていることから本企画に繋がったという。リリース日より一週間で集まった動画を、Kan Sanoとスタッフで選定。ピックアップされた映像を繋ぎ合わせ、公式MVとして公開されることに。

今作は本人も“前作以上にダンスを意識したトラック”と公言している通り、ダンサーが表現するのにピッタリな1曲。我こそはという方は応募してみてはいかがだろうか。

■ Kan Sano ニューシングル”DT pt.3″ミュージックビデオのためのダンス動画を募集!(https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScq4XdXKlr1ubiRKVpkkv7G6dHBQnIDZ8oK7Kk_zpcR6UZsJw/viewform)


【Kan Sano コメント】

数年前に「DOWNTOWN」というバラードを書きました。
リリースはしていませんがライブでは度々披露してる曲です。
この曲のワンフレーズを歌いサンプリングして作ったのが「DT pt.2」です。
pt.2は自分のルーツであるジャズファンクとJ Dilla以降のビートミュージックが自然な形で融合できて、とても気に入っている曲です。
この曲のフォーマットに魅力を感じ、続編として新たに作ったのが「DT pt.3」です。
たくさんのダンサーの方々がpt.2を好んでパフォーマンスに取り入れてくれていることに影響を受け、より明確にダンスを意識したトラックに仕上がりました。お楽しみください。

そして、ダンサーの動画を集めて新曲「DT pt.3」のMVを作りたいと考えています。
去年から「DT pt.2」を使ったダンスパフォーマンスを
たくさんの方がSNSでシェアしてくれていてとても嬉しく見てきました。
素晴らしいダンサー達との出会いがいくつもありました。
この一連の流れをひとつの作品にまとめて
形に残しておきたいと思っています。
ダンスは人間が秘めたエネルギーそのものであり、
数秒前には二度と戻れない絶対的儚さを抱えながら
一瞬に一瞬を積み重ねていくアート。
音楽のライブと同じものを感じます。
最近SNSには息苦しさを感じることが多いですが
同時に元気をもらうこともあり、ダンス動画はそのひとつです。
“pt.3”は “pt.2”以上にダンスを意識したトラックに仕上がりました。
気軽に送ってくださいね。お待ちしています。


【リリース情報】

Kan Sano 『DT pt.3』

Release Date:2020.06.03 (Wed.)
Laebl:origami PRODUCTIONS
Tracklist:
1. DT pt.3

■ Kan Sano オフィシャル・サイト(http://kansano.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着