「昴 -すばる-」の編曲などで知られ
る音楽家の服部克久が死去、享年83

テレビ創成期から音楽活動をはじめ、『サンデーダーク』(日本テレビ)、『ミュージックフェア』(フジテレビ)、『新世界紀行』(TBS系)、『ザ・ベストテン』(TBS)など多くのテレビ番組のテーマ曲や、「青い山脈」(東宝)など映画のテーマ曲を手掛けた、日本を代表する作曲家・服部克久が、2020年6月11日に心不全のため死去した。

1936年11月1日生まれ、東京都出身。父で国民栄誉賞を受賞した作曲家・編曲家の服部良一と同じ、大衆音楽の道へ進む。1958年、パリ国立高等音楽院卒業後に帰国し、コーラスグループ・ダークダックスのラジオ番組『サンデーダークダックス』(朝日放送)に編曲家として携わる。その後、テレビ、ラジオ、ドラマ、アニメ、映画などの音楽制作を数多く担当。1971年に、ダークダックスの「花のメルヘン」で第13回「日本レコード大賞」編曲賞を受賞。

1964年に開催された東京オリンピックでは、前田憲男中村八大、山本直純らとともに、体操競技や開会式、閉会式の音楽を担当。

1980年、山口百恵の引退コンサートの音楽監督を務める。80年代には、谷村新司の「昴」、柏原芳恵の「春なのに」、竹内まりやの「駅」など、多くの名曲の編曲を手掛けている。

1983年、“音楽の自然食”をテーマとしたインストゥルメンタル集「音楽畑」シリーズをスタート。1990年と1998年に、「日本レコード大賞」企画賞を受賞した。

2009年、音楽家生活50周年を記念したアルバム『服部克久』と『服部克久の世界』を2枚同時リリース。記念コンサートも開催した。2019年、22作目となるオリジナル・アルバム『音楽畑 22 -The Final?-』を発表。

日本音楽作家団体協議会(FCA)、日本作曲家協会(JACOMPA)を歴任。日本作編曲家協会(JCAA)の会長、東京音楽大学客員教授、NPO法人LIVE FOR LIFEの理事長などを務めた。

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着