玉木宏主演で『極主夫道』が実写連続
ドラマ化 伝説の元極道・現主夫がト
ラブルや悩みを爽快に解決

漫画『極主夫道』が連続ドラマ化され、2020年10月から日本テレビ系にて放送されることが決定した。
『極主夫道』は、おおのこうすけ氏のコミック『極主夫道』(新潮社)を実写ドラマ化したもの。原作は「全国書店員が選んだおすすめコミック2019第2位」に選出され、コミックスの累計発行部数は200万部を突破した作品だ。裏社会に数々の伝説を残した“不死身の龍”が極道から足を洗い、専業主夫として過ごす日々を描いている。
『極主夫道』1巻書影 (c)おおのこうすけ/新潮社
主人公の龍を演じるのは、本作で日テレ系連続ドラマ初主演を果たす玉木宏。コワモテながら、愛情深くて可愛らしい“最強の専業主夫”がトラブルや悩みを爽快に解決する姿を演じているという。
主演の玉木と原作者・おおのこうすけ氏のコメントは以下のとおり。
玉木宏(龍 役)
龍と周囲のアンバランスが大事なドラマだと思うので、龍なりの真面目さを大切に、まっすぐアプローチしたいと思います。龍の見た目とは裏腹な言動に癒され、クスッと笑え、 気軽に愉しんでいただけるドラマを目指したいと思います。主夫の極み、是非お楽しみに。
おおのこうすけ(原作者)
主演の玉木さんをはじめ出演される方々の豪華さに驚いてます。作中にはクセのあるキャラクターが多いので、どういう風に演じられるのか、一視聴者として楽しみです!漫画は漫画表現の中で楽しく読める工夫をしてきましたが、ドラマではドラマだからこそ出来る表現があると思います。ドラマならではの『極主夫道』を沢山の方に観て楽しんでもらえると嬉しいです!
「“日曜の夜に家族みんなでツッコミながら笑っていただきたい”そんなドラマです」、今回のドラマを手掛ける中山喬詞プロデューサーが言う。「おおの先生の原作を読ませていただいたときに第一印象で『これは面白い!』と思いました。そして、今こういう世の中になっている状況で改めて読み返し、『龍のような仁義と愛に溢れているスーパー主夫を皆さんが求めているのでは』と強く感じました。閉塞感が漂う中、粋で魅力的な主人公の生き様や言動にスカッとした気分になってもらえればと思います。漢の色気と大人のカッコよさ、さらにチャーミングな一面を兼ね備えた玉木さんに龍を演じていただくことができ、“極道”と“主夫”のギャップをどんな風に演じていただけるのか今から楽しみで仕方がありません。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着