世界と繋がる音。VivaOlaが追及する
歌の可能性とは

理想の音楽家はAnderdon PaakやJay-Zだという。なるほど、確かにVivaOlaの音楽からは知性と品性の両方を感じることができる。上記のふたりがそうであるように、広い視野と発想力を持ち、自身に最適な「音」と「歌」を作れる現代性は若い作家に求められる資質だろう。彼が音楽の名門・バークリー大の門を叩いたのは、そうした次代の音楽を追及するためだ。
昨年『Bloom』でデビューしたVivaOlaが、今年の6月にセルフプロデュース・アルバム『STRANDED』をリリース。翌7月には『The Artist feat. Tommi Crane』をドロップするなど、積極的なリリースを続けている。アルバムに顕著だったのが空間を意識した音の配置で、彼のまろやかな歌と音数を絞ったドラムからは、人をくつろがせるリラックスしたムードを感じるだろう。そうした軽やかさこそが彼の魅力で、根幹にあるの音楽性はR&Bだが、ジャズやネオソウル、ヒップホップなど、VivaOlaはすっとジャンルを横断していく。
さて、もうひとつ触れておきたいのが、昨年始動したVivaOlaが所属するアートコレクティブ・Solgasaについてである。VivaOlaと旧知の仲であるWez Atlasが声をかけ、michel ko、Tommi Craneら4人で結成。彼らは互いの作品に客演で参加しながら、気心の知れた仲と音楽への情熱で、次々と良質な音楽を生み出しているように思う。昨年リリースされたVivaOla、Jua、Wez Atlas 名義の「Vise le haut」で食らっていたリスナーは、既に次代への期待を抱いているのではないだろうか。今はまだ小さな予感にとどまっているが、もしかしたら東京に新しい磁場が生まれるかもしれない。

VivaOlaのルーツ

ー初めて衝撃を受けた音楽はなんですか?

中学生でONE OK ROCKの「Re:make」を聴いた時ですね。その時は洋楽の曲だと思って聴いていて、その2年後くらいに邦楽と知った時に2度目の衝撃を受けました。彼らのアルバムに『Nicheシンドローム』という作品があって、僕も「シンドローム」という単語を使いたいと思い、今回「Tokyo Syndrome」という曲を収録しています。

ーワンオクが日本の音楽だと知ったのが聴いてから2年も経ってからということは、衝撃を受けはしたものの、彼らの音楽を掘っていったわけではないんですね。

そうですね。当時流行っていたAvril Lavigneやエモロックを聴いていて、Rage Against the Machineみたいなバンドものが好きでした。

ーロックがルーツなんですね。では、今ご自身がやられている音楽性に近づいていったのは?

高校でジャズ部に入ってからですね。有志のバンドではロックをやってたんですけど、高校に軽音部がなくて、吹奏楽かジャズだったらジャズかなと思いジャズ部に入りました。僕はギターをやっていたんですけど、ジャズ部ではテナーサックスを吹いていて、その頃にブラックミュージック全般にハマっていきました。中でもR&Bだと、80~90年代のBrian McKnightばっかり聴いていましたね。

ージャズに関しては50年代から60年代のモダンジャズを愛聴していると。
『Kind of Blue』時代のMiles Davisが凄く好きです。まず40年代にCharlie Parkerが吹いたビバップという音楽が出てくるわけですけど、あれってコードは一小節に4個くらい出てくるし、音は360度一気に出てくる感じで、僕は音の暴力だと思っているんですよ。
ーなるほど(笑)。
でも、マイルスはシンプルに一音を伸ばして聴かせていて、その上にドラムやベースが乗ってくる美学を追求した。それが凄く良いんですよね。彼のプレイもキャリアの中で変わっていくんですけど、僕は50~60年代のマイルスが好きです。あと、ジャズマンで言ったらJohn Coltraneも好きですね。彼は前期、中期、後期でそれぞれ使ってる薬物が変わっていくんですけど(笑)、コルトレーンの音楽は逆にごちゃごちゃしてるのが好きで、「My Favorite Things」や「Moments Notice」が良いですね。
ーネオソウルからの影響も感じますが、D’Angeloからの影響でしょうか?
D’Angelo、大好きです。特に『Voodoo』ですね。
ー筋肉ムキムキのジャケですね。
そう、筋肉ムキムキのグレートーンのジャケです(笑)。あの筋肉からあの声が出るのが凄い良いですよね。「Chicken Grease」をよく聴いていました。あと、「Spanish Joint」っていう曲があって、あれは今回の「On My Side」を作る時リファレンスにしています。レゲトン調でありながら、レゲトンによくあるパキッとしたものではなく、もうちょっとリアルなドラムで叩いたアコースティックな感じが好きで。そこは「On My Side」で意識したところです。
ーなるほど。
ただ、一番のインスピレーションは去年LAで見たHerbie Hancockのライブですね。そこでフィーチャーされていたRobert Glasper。ドラムがグルーヴをイントロで出す時、「ンンカッツカ」って叩くんですよ。その「ンン」が入ってからの「カッツカ」を聴いた瞬間ズバーンってきちゃって。これをポップにしたらカッコいいやんって思って書きました。僕の「On My Side」を聴いてもらうと、グルーヴはそのまんまやっているのがわかると思います。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着