小玉ひかり、てつと出演 メモリアル
ソングカバーライブ『memoria』のオ
フィシャルレポートが到着

8月7日(金)に配信されたメモリアルソングカバーライブ『memoria』。本記事では、小玉ひかり、てつとが出演した初回公演のオフィシャルレポートをお届けする。

“楽曲と思い出”をコンセプトに、話題のシンガーソングライターがオリジナル&カバー曲を披露するという新たなメモリアルソングカバーライブ『memoria』。初回となった8月7日(金)の公演に、小玉ひかりとてつとが登場した。
トップバッターを飾った小玉ひかりは、共演者のてつとが体験した〈いやになっちゃったエピソード〉を話しつつ、1曲目「いやになっちゃった時の唄」へ。「画面の向こうのみなさんも一緒に歌ってください」と盛り上げると、続くバラード「海」は「全てを包み込んでくれるような海を想像して聞いてくれたら嬉しいです」と、しっとりと響かせる。「夏の思い出」をテーマとしたメモリアルソング企画に寄せられた高校時代の片思いのエピソードを挟み披露した家入レオの「君がくれた夏」のカバーは、その凛としたその歌声が切なく響き渡っていたのも印象的だ。「しっかり自分を愛してあげてください」と歌い上げた「good night my dear」では、持ち前のポップでカラフルな魅力を余すことなく発揮していた。彼女にとって初めての配信ライブながら、画面を通じてみているオーディエンスにしっかりと目線を送りながらキュートに歌う姿にドキッとした人も多かったのではないだろうか。
小玉ひかり

1曲目を「朦朧」でスタートしたてつとは、セクシーで艶のある歌声ではじめから自身の世界観へとグイグイと惹き込んでいく。楽曲はもちろん、自身の夏に関するエピソードを話しながら披露した「此岸にて」は、ドラマティックなピアノの音色と、心に沁みるボーカルに胸がうたれた。メモリアルソング企画で若かりしころの別れのエピソードとともに届いたリクエスト曲、鈴木雅之の「ガラス越しに消えた夏」を「謹んでカバーをさせて頂きます」と、大切そうに歌い上げ、「このリクエストを頂くまで実はこの曲を存じ上げなくて、今回すごく素敵な曲に出会わせていただいてお客様に感謝です」と語る姿も印象的な一幕だ。その後の「人間だから」では、「一歩一歩一日を素敵に生きて、がんばれたらいいなっていう曲」と、リスナーに寄り添うように声を響かせていた。小玉ひかりもてつともキーボードの弾き語りということで、特別に普段は見られない手元が映る場面もあり、ライブハウスの最前列とも異なる、この日ならではの内容だった。
てつと

ラストは2人揃ってコラボ・ステージ。普段「ぷらそにか」というユニットでも活動しているだけに、コミカルなやり取りが続いていく。息ピッタリの両名が選んだ楽曲は「ちょっと大人な感じがする」という菅田将暉「キスだけで feat. あいみょん」。てつとは透明感があり優しい歌声なのに対して、小玉ひかりは普段より低めで柔らかく力強い。しっとりとした楽曲の雰囲気も相まって、ソロとはまた異なる魅力を届けてくれた。
てつと、小玉ひかり

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着