雨のパレード

雨のパレード

雨のパレード、
新曲「IDENTITY」の配信開始
&幻想的なMVを公開

雨のパレードが、8月28日(金)に新曲「IDENTITY」を配信リリースした。同曲は12月23日(金)にリリースするニューアルバムからの先行配信シングルだ。

先日、バンド初の配信ライブ『ame_no_parade DIGITAL LIVE 2020 "BORDERLESS ver.2.0"』を開催し、12月23日(水)に2020年2枚目となるニューアルバム『Face to Face』のリリース、そのニューアルバムを携えて12月25日(金)に初となるZepp DiverCity(Tokyo)での単独公演『ame_no_parade LIVE 2020 "Face to Face"』を開催するという嬉しいニュース等を次々に発表した彼ら。8月28日(金)にNHK Eテレで放送中のアニメ『メジャーセカンド』新エンディングテーマとなった新曲「IDENTITY」をアルバムからの先行配信シングルとしてリリースした。

初の配信ライブにて初披露され、画面越しでもオーディエンスが大きく盛り上がっていることを確信させるライブパフォーマンスとなった「IDENTITY」は、アニメ『メジャーセカンド』第2シリーズのために書き下ろされた新曲で、立ちはだかる壁を打ち破り、未来へと切り開いていく主人公たちと自分達の姿を重ね合わせ制作された楽曲だ。サウンド面ではセルフプロデュースによる新たなサウンドメイクの確立を試みるなど、まさに今の彼らの“アイデンティティ=存在証明”を物語る一曲になっている。本作のリリースに際して、メンバーの福永浩平(Vo)よりコメントが寄せられている。

また、公開されたMVは7月某日、都内近郊の大型スタジオにて撮影が行われ、監督は「Summer Time magic」「Ahead Ahead」同様、多くの著名アーティストのMVのディレクションを手掛ける林響太郎氏が務めた。スタジオ空間の中で淡く温かみを感じる照明の灯りを囲むようにメンバーが向かい合いながら演奏している模様を、エフェクティブかつ幻想的なタッチで描いた作品に仕上がっている。編集ソフトの発達により、撮影した映像を後日パソコン上で編集しエフェクトを加えていく手法が主流になっている中で、今回はあえて全演出をアナログな手法を使って撮影。カメラレンズの前に波型の線が入ったモールガラスを設置する手法や、液体を入れたクリアボックスを通してカメラで撮影する演出、ミラーシートに照明を当てそこに反射した演者を映し出すなど、アナログながら斬新な撮影法により、唯一無二の幻影的な映像を創り出している。ぜひチェックしていただきたい。

「IDENTITY」(Official Music Video)

配信シングル「IDENTITY」8月28日(金)配信開始

『ame_no_parade LIVE 2020 "Face to Face"』

12月25日(金) 東京・Zepp DiverCity(Tokyo)
※開場・開演時間、チケット詳細は後日発表

雨のパレード
配信シングル「IDENTITY」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着