GLIM SPANKY

GLIM SPANKY

GLIM SPANKY、特設サイトで
大貫亜美(PUFFY)、上白石萌音、
高城れに(ももいろクローバーZ)の
アルバム感想コメントを公開

GLIM SPANKYが、10月7日(水)にリリースしたアルバム『Walking On Fire』に関する著名人から届いた感想コメントを特設サイトで公開した。また、オフィシャルインタビューも解禁となっている。

アルバム『Walking On Fire』を聴いて、浅井健一、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、片平里菜清水ミチコSUGIZO、内藤剛志、野宮真貴布袋寅泰、ホリエアツシ(ストレイテナー)、みうらじゅん、山中さわお(the pillows)、ロバートと、以前から彼らと交流のある数々の方からコメントを頂いている。さらに、大貫亜美(PUFFY)、上白石萌音、高城れに(ももいろクローバーZ)のコメントが到着した。

11月14日(土)には自身初となるオンラインワンマンライブ『GLIM SPANKY STREAMING SHOW 2020』の配信も決定している。

【コメント】

■大貫亜美(PUFFY)
「すごいなぁ。どんな時代になっても、どんな事態が起こっても、二人はGLIM SPANKYの音楽を作っていくんだろうな。聴きながらそんなことを思いました。普段は人懐こい可愛い二人ですが、音楽中はカッコよくて、一生ついて行きたくなるのです。レミ子のチャイ、早よ飲ませて♡」

■上白石萌音
「GLIM SPANKYの音は、どんな爆音で聴いてもうるさくなくて、どんなに小さな音で聴いてもしっかり届く。冒険的で、でもどこか懐かしい雰囲気にはじめ驚かされたと思えば、すぐに身体に馴染む。喜びも哀愁も愛しさも希望も全部詰まった一枚。また名盤を受け取ってしまいました。ライブで聴ける日が待ち遠しいです」

■高城れに(ももいろクローバーZ)
「アルバム発売おめでとうございます!  どの楽曲も本当にかっこよくて、オシャレで、力強くて、セクシーで一瞬で胸高まりました‼ ちょっと背伸びして大人な、特別な夜を過ごしたい時にアロマキャンドルと共にこのアルバムを聴きたいなと思いました! 私も27歳なのでそろそろ色気の一つでも出したいものです…私たちは以前GLIM SPANKYさんに「レディ・メイ」という楽曲を作っていただいたんですが、ライブでもキマりますし、私達のお気に入りの1曲です♪ ありがとうございました! また曲を作っていただけるように、『Walking On Fire』を聴いてもっと色気を研究して頑張ります!」
アルバム『Walking On Fire』CD:2020年10月7日(水)発売 デジタル:2020年 10月6日(火)配信
    • 【初回限定盤】(2CD+DVD)
    • TYCT-69177/¥4800+税
    • 【通常盤】(CD)
    • TYCT-60162/¥2,800+税
    • <収録曲>
    • ■CD Disc1
    • 1.Intro: Walking On Fire
    • 2.東京は燃えてる
    • ※リードトラック
    • 3.Lonely Boogie
    • 4.By Myself Again
    • ※映画「実りゆく」主題歌
    • 5.AM06:30
    • 6.Singin' Now
    • ※テレビ朝日系 木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長2020』主題歌
    • 7.ストーリーの先に
    • ※ABCテレビ・ドラマL『Re:フォロワー』主題歌
    • 8.こんな夜更けは 
    • 9.道化は吠える
    • 10.Up To Me
    • 11.若葉の時
    • 12.Circle Of Time
    • ■CD Disc2
    • 2019.11.29「Velvet Theater 2019」ライブ音源
    • 1. タイトル未定
    • 2. NIGHT LAN DOT
    • 3. MIDNIGHT CIRCUS
    • 4. ダミーロックとブルース
    • 5. いざメキシコへ
    • 6. Velvet Theater
    • 7. grand port
    • 8. ハートが冷める前に
    • 9. Breaking Down Blues
    • 10. お月様の歌 (Acoustic ver.)
    • 11. 美しい棘 (Acoustic ver.)
    • 12. Sonntag
    • 13. ストーリーの先に
    • 14. Circle Of Time
    • 15. 夜風の街 (Acoustic ver.)
    • 16. Tiny Bird
    • ■DVD
    • 2019.11.29「Velvet Theater 2019」ライブ映像
    • ・タイトル未定
    • ・NIGHT LAN DOT
    • ・MIDNIGHT CIRCUS
    • ・ダミーロックとブルース
    • ・いざメキシコへ
    • ・闇に目を凝らせば
    • ・Velvet Theater
    • ・grand port
    • ・ハートが冷める前に
    • ・Breaking Down Blues
    • ・お月様の歌 (Acoustic ver.)
    • ・白昼夢 (Acoustic ver.)
    • ・美しい棘 (Acoustic ver.)
    • ・Sonntag
    • ・ストーリーの先に
    • ・Circle Of Time
    • ・夜風の街 (Acoustic ver.)
    • ・Tiny Bird
    •  
    • ◎CD購入特典情報
    • 各CDショップ&インターネット販売サイトにてニューアルバムの何れか一枚をご購入のお客様に先着で下記の特典を差し上げます。
GLIM SPANKY
アルバム『Walking On Fire』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着