NMB48 京セラドームの夢はあきらめ
ない!『NMB48 10th Anniversary LI
VE〜心をひとつに、One for all,All
for one〜』 52人のメンバーと卒業
生18人も集結

「京セラドームの夢はあきらめない!」
NMB48、10周年ライブを完遂!

2020年10月23日(金)、新型コロナウィルス感染症予防対策がとられるなか、NMB48の10周年を祝う『NMB48 10th Anniversary LIVE 〜心をひとつに、One for all,All for one〜』が、大阪城ホールでおこなわれ、訪れた約5,000人のファンの祝福を浴びた。

本公演には、52人のメンバーに加えて、山田菜々、山本彩、渡辺美優紀ら1期生をはじめ、太田夢莉、市川美織など卒業生18人がゲストで登場と、かつてない豪華な顔ぶれで展開。その模様はひかりTVチャンネル、dTVチャンネル、大阪チャンネル、BSスカパー!、スカパー!オンデマンドでも生配信された。

オープニングを飾ったのは、2011年1月1日に産声を上げたNMB48劇場公演の同タイトル曲『誰かのために』。冒頭、白間美瑠のアカペラによる歌声が大阪城ホールに響き渡ると、客席に灯るサイリウムが静かに揺れ始めた。そしてステージにメンバーと研究生の52人が登場。

全員がずらりと並んだ姿は実に壮観で、この10年でグループが大きく成長したことを物語っていた。

間奏ではキャプテンの小嶋花梨が「この1年、誰も想像していなかった大きな壁にぶち当たりました。皆さんに会えない日々が続きましたが、今こうして、また会えたこと、本当に幸せに感じます」と目を潤ませ、ステージに立てる喜びを語った。

続けて『夢は逃げない』、『理不尽ボール』など会場を縦横無尽に駆け抜け、笑顔はじけるパフォーマンスで魅了した。

MCでは、渋谷凪咲、小嶋花梨、梅山恋和がライブで声援の代わりに叩いて使用する新グッズ「ナンバット」の使い方講座を。「せっかくだからナンバットでできる新しいコールを考えたい」と小嶋、「そんなことないよ」を意味するナンバットのリズムをレクチャーした。
©NMB48

©NMB48

NMB48の10年の歴史を楽曲で振り返るパートは、難波鉄砲隊其之九による『告白の空砲』からスタート。難波鉄砲隊とは今後の活躍が期待される選出メンバーによるユニットで、「其之九」では10周年企画の一環として初のファン投票を実施。9月に投票結果が発表され、29名の立候補者のなかから、1位の鵜野みずき、2位の山本望叶、3位の横野すみれら上位7人が選抜入りを果たした。彼女たちは10月18日にNMB48劇場で初のユニット公演を行ったばかりだが、そのことを感じさせない堂々としたパフォーマンスで魅せた。

そして梅山恋和、上西怜、山本彩加のLAPIS ARCHによる吉本坂46 CHAOのカバー曲『好きになってごめんなさい』や、加藤夕夏、石田優美ら6人からなるユニット・だんさぶる!のダンスと『やさしさの稲妻』の歌唱など見どころが続く。

高女子力ユニットのQueentetが生まれるきっかけとなった『Which one』では、メンバーの吉田朱里、渋谷凪咲、村瀬紗英に続いて太田夢莉が登場すると、客席から思わず声が上がる。一層弾むようなリズムを刻むサイリウムも観客の心境を表しているようだ。4人も楽しそうにアイコンタクトをとり、笑顔で体をくっつけ合って花道を歩き、会場を盛り上げた。

「夢莉ちゃんが帰ってきてくれましたー!」と吉田。「奇跡的に私のうちわを持ってくださっている方もいて嬉しい。でも久しぶりという感じがしない」と太田、4人とも"通常モード”で大はしゃぎだ。

そんな中、渋谷が神妙な顔つきで「お知らせがあります点」と切り出すが、11月10日(火)にQueentetのムック本をビューティー版、ファッション版と2冊同時に発売することが決定したという嬉しいニュース。「Queentetはこれからも皆さんに喜んでもらえるような活動をしたいと思っています。これからも私たちに期待してください!」と吉田、今後が楽しみな一言も飛び出した。

木下百花が在籍中に脚本・演出を手掛けて話題を呼んだ「百合劇場」も登場。水田詩織や石塚朱莉、安部若菜らチームMの現役メンバーに加えて、卒業生もステージに。谷川愛梨、川上礼奈、三田麻央、高野祐衣、そして木下が現れるたびに、会場から驚いたような歓声と大きな拍手が沸き起こる。「百合劇場」ではコメディチックな学園ドラマを展開し、その流れで『みなさんもご一緒に』を出演者で歌唱。「11年目もがむしゃらにいったるけん!」と水田の口上もあった。

『らしくない』では矢倉楓子が白間とWセンターで、『ハートの独占権』では9月に卒業を発表した山田寿々が姉で元メンバーの菜々と姉妹デュオを。また、2013年に初出場を果たした『第64回NHK紅白歌合戦』で披露した『カモネギックス』や、初のオリジナル公演『NMB48 Team N3rd stage 「ここにだって天使はいる」』の公演楽曲『青い月が見てるから』では当時の衣装でパフォーマンスと、なつかしさがこみ上げる一幕もあった。
©NMB48

©NMB48

©NMB48

©NMB48

以降も続々と卒業生が登場。なかでも『青春のラップタイム』で白間に促され山本彩がステージに現われると、客席のサイリウムが激しく揺れ、会場は大きな拍手に包まれた。山本は、全員を引き連れて花道へ。間奏では新旧メンバーと円陣を組むなどして、会場を一つにしていく。

MCで感想を尋ねられた山本彩は「半端なく緊張しました。久しぶりだし、こうやってみんなと歌うのは2年ぶりで、しかも大阪城ホールという大きいところだから震えていました」と心境を明かす。だが、その後の吉田、白間、小嶋とのトークではリラックスした雰囲気に。その一方で今度は小嶋が緊張した面持ちに。「いろいろ拝見していますが、キャプテンを任せてよかったなと思います」と山本彩からのエールに笑顔を見せた。

「今日のユニットを見ていても、よりカラーが濃くなったっと思う。SNSでも情報が入って来るし、辞めた後も目が離せないくらい情報が入るので楽しい」と山本彩、今もNMB48に注目しているという。そして「10周年ということで、そこには私が知らない2年間があって。その2年間もしっかり自分たちの時間を作り上げていて。10年という月日の長さとか、濃さを感じて、皆さんが続けてくれてすごく嬉しいです」と同期や後輩の活躍をたたえた。

「ここからは皆さんの大好きな曲ですよ〜」と渋谷の呼びかけで始まった『ナギイチ』からラストスパートへ。『僕らのユリイカ』、『北川謙二』と代表曲を立て続けに披露し、本編の最後は23枚目のシングル『だってだってだって』で締めた。

アンコールの間は、NMB48が出演する551蓬莱のCMを放映。24枚目のシングル『恋なんかNo thank you!』のカップリング曲『アイラブ豚まん』が551蓬莱のタイアップ曲にり、CMは10月25日(日)からオンエアされる。
©NMB48

©NMB48

©NMB48

©NMB48

そしてアンコールの1曲目は、11月18日(水)にリリースされる24枚目のシングルで、吉田朱里が初めてのセンターを務める新曲『恋なんかNothank you!』を初披露。続けて、「この曲は卒業生も一緒に歌いたい」とリリース当時から全員参加して歌っている『三日月の背中』を。ここでは市川美織も登場して会場を盛り上げ、現役生、卒業全員で歌い上げた。

歌唱後に市川は「しれっといました! 裏でYNNの配信をしていたのですが、ステージにも来ちゃいました!」と挨拶。『恋なんかNo thankyou!』を初披露した吉田は「MVなども公開されて、もう思い残すことはないので、皆さん一杯チェックしてください!」と嬉しそうに話した。

最後に、10月10日にNMB48の卒業を発表した村瀬紗英が12月14日(月)に大阪・オリックス劇場で卒業コンサートを開催することを発表。「嬉しいです。卒コンをするのは夢だったから、楽しみにしてくれたら」と村瀬、深々と頭を下げた。

「10周年コンサート、濃い、エモいコンサートができたのではないでしょうか。この困難の中、絶対にやるぞと動いてくださったスタッフ、関係者の皆さん、そして会場に足を運んでくださったり、配信を見てくださったファンの皆様、いつもありがとうございます」と切り出す小嶋。

「10周年に京セラドームで公演するという夢を叶えることはできませんでした。そしてさらに、劇場公演や握手会という今まで当たり前だった日常がぱっとなくなってしまって、心が折れかけたこともありました。でも、去年の9周年ライブでお伝えしたように、逃げ出したくなるくらい大きな壁が立ちはだかっても、仲間たちと手を伸ばし続けるといったように、思うようにいかなくても、メンバー、スタッフの皆さんと一緒に今できることは何かと試行錯誤しながら、新しいことにも挑戦して、常にこの期間でも進んでいたと私は思います。NMB48はチャンスが来るのを待つのではなく、自分でチャンスを作って掴んでいるなって、それがNMB48だと改めて思わされました。だからどんなに時間がかかっても、絶対に必ず京セラドームに立ってみせます!」と力強く語った。
©NMB48

©NMB48

©NMB48

©NMB48

続けて「7期生という新しい仲間も増えて、NMB48はまた新しいスタートをきりますが、どの時代を切り取っても『NMB48は最高のグループ』と言われるように頑張ります!」と高らかに宣言した。

いよいよクライマックス、『365日の紙飛行機』に続いて、「ラストは笑っていこう!」という白間の掛け声から『ワロタピーポー』を。メンバーは会場いっぱいに広がり、とびっきりの笑顔を届けた。そして「NMB48 10周年ライブにお越しいただき、本当にありがとうございました!」と白間の元気な挨拶で、全35曲からなる記念すべき10周年のステージを完遂した。
©NMB48

©NMB48

<セットリスト>

NMB48 10th Anniversary LIVE 〜心を一つに、One for all, All for one〜
2020年10月23日(金)@大阪城ホール
M00:overture
M01:誰かのために
M02:夢は逃げない
M03:理不尽ボール
M04:最後のカタルシス
M05:告白の空砲
M06:イミフ
M07:イケナイコト
M08:好きになってごめんなさい
M09:やさしさの稲妻
M10:オネストマン
M11:ロマンティックなサヨナラ
M12:Which one / Queentet
M13:サササ サイコー!
M14:太陽が坂道を昇る頃
M15:虹の作り方
M16:みなさんもご一緒に
M17:らしくない
M18:ハートの独占権
M19:想像の詩人
M20:アーモンドクロワッサン計画
M21:カモネギックス
M22:青い月が見てるから
M23:12月31日
M24:わるきー
M25:ライダー
M26:結晶
M27:青春のラップタイム
M28:ナギイチ
M29:僕らのユリイカ
M30:北川謙二
M31:だってだってだって
EC1/M32:恋なんかNo thank you
EC2/M33:三日月の背中
EC2/M34:365日の紙飛行機
EC2/M35:ワロタピーポー
©NMB48

©NMB48

©NMB48

©NMB48

©NMB48

©NMB48

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着