大森靖子の新曲「堕教師」に橋本愛が
歌唱参加、「大森さんはいつも、私の
夢を叶えてくれる人」

12月9日(水)にリリースされる大森靖子の約2年ぶりのオリジナルフルアルバム『Kintsugi』の収録曲「堕教師」に、橋本愛が歌唱参加していることが発表された。
橋本愛がアーティストの楽曲に歌唱参加を行うのは今回が初めてとなり、かねて大森靖子のファンであることを公言。2013年には「ミッドナイト清純異性交遊」「君と映画」のミュージックビデオに出演、さらに、この2本のミュージックビデオを再構築・同時に制作された松居大悟監督映画『ワンダフルワールドエンド』で主演を務めた橋本愛と大森靖子のタッグは約7年ぶりとなる。
なお、「堕教師」は11月25日(水)から先行配信がスタートする。

■橋本愛コメント
橋本愛
大森さんはいつも、私の夢を叶えてくれる人です。私が知っている人の中で一番優しい大人です。
ただ好きで追っかけてる私なんぞにも愛情を与えてくれ、こんなとびきりのプレゼントをくれました。
私は歌が好きです。大好きです。私が一番好きな人の歌を歌えること、それも一緒に歌えること。
神様ありがとうって言いたくなるけど、その神様は紛れもなく大森さんです。
人間のまま神をやるのは想像を絶する大変さがあり、大森さんが今もずっと体現されていることは奇跡です。本当に本当にありがとうございます。
この宝物の曲が、あなたに会いにいけますように。

■大森靖子コメント
自粛期間中のインスタライブで愛ちゃんが何曲も何曲も、ギターを練習しながら、大切に私の曲を弾き語ってくださっていることに、どれだけ勇気をもらったかわかりません。
自分の曲がフィルターのように素材化されていくのを、これが売れるということか…案外さみしいものなのだな、と憂う日々の、間違いなく光でした。ミッドナイト清純異性交遊、あの日のワンルームファンタジーが指先からこんな風に自分に舞い戻ってくるのだなと感涙しました。
一緒に歌を歌うことができて、曲の解像度をぐんとあげてくださる繊細な表現と向き合い方に感動しました。1行ずつ、どのような背景があるのか、この解釈は合っているか?と確認をくださり、こんな風に自分の音楽を大切にしてもらえるのを、今はもう当たり前じゃないことを知っているので、とてつもなく嬉しく思いました。
私もこんなふうに想像力で愛を高めて生きたいと強く思いました。
本当にありがとう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』