AKB48『GRATS』ライブもゲームも真剣
勝負!圧巻の「47街」も披露:大森美
優・柏木由紀・佐々木優佳里・馬嘉伶
・武藤十夢・吉川七瀬

武藤十夢「今⽇は思いっきりペンライト
やうちわなどで応援してください︕」

約1年前となる 2019年12月8日に行われた『AKB48 劇場14周年記念公演』がきっかけとなり誕生したAKB48の新ユニット8組。そのうち5組のユニットは、今年 2月22日から25日に渋谷ストリームホールにて開催された『2020 AKB48 新ユニット?新体感ライブ祭り♪』でお披露?ライブを開催したが、新型コロナウイルスの影響で延期していた残り3組のユニット振替公演を『2020 AKB48 新ユニット新体感ライブCONNECT 祭り♪』と題して、11月28・29日の2日間に渡りAKB48劇場で開催された。

11月29日に新ユニット振替公演のトリを飾ったのは、大森美優・柏木由紀・佐々木優佳里・馬嘉伶・武藤十夢・吉川七瀬の6名で構成されたゲーム好きなメンバーユニット『GRATS』。

「ミュージックジャンキー」「Show fight︕」など4曲続けて披露し、武藤がユニット名の『GRATS』はコングラッチュレーション(おめでとう)が由来となった相⼿を祝福する意味のゲーム⽤語から命名されたことを伝えた。⾺嘉伶が「9ヶ⽉お待たせしました。早くみなさんに会いたいなと思ってました」とコメント。

柏⽊は「個⼈的にはファンのみなさんの前でのライブが8ヶ⽉振りなのでめちゃくちゃ緊張してるんですけど、みなさんと楽しい思い出を作っていきたいと思います」と意気込みを語り、26歳の誕⽣⽇を迎えたばかりの武藤は「みんなで教え合いながらいろいろな曲を練習しました。本当は思いっきりコールして欲しいセットリストなので、今⽇は思いっきりペンライトやうちわなどで応援してください︕」と挨拶。吉川は「昨日の夜も寝れないくらいワクワクしていました!」と笑顔で語っていた。
GRATS

GRATS

武藤十夢と吉川七瀬

武藤十夢と吉川七瀬

柏木由紀「eスポーツユニットとして活
動したいです」

ユニットブロックでは柏⽊・佐々⽊・⾺嘉伶が「初めてのジェリービーンズ」「混ざり合うもの」の2曲を。武藤・吉川・⼤森が「ずっと 前から」「思春期のアドレナリン」の2曲をパフォーマンス。

アフタートークでは武藤十夢は「アドレナリンは私がやりたくて、入れたんですけど、歌詞の中に"進め、未成年"ってあるけど誰も未成年いませんよね(笑)」と語ると、会場からも大きな拍手。柏木も「そもそも、思春期のって言ってるよね(笑)」と突っ込むシーンも。吉川は「私もセンターやったの初めてです。いつもはなるちゃん(倉野尾成美)がセンターです」と語っていた。また武藤から「エイト、一人だから心細くなった?」と振られると吉川が「全然!」と答えるシーンも見られた。

また、今⽉ 23 ⽇(⽉・祝)に開催した『AKB48 e運動会』にも触れ、柏⽊が「eスポーツユニットとして活動したいです。次のゲームのイベントがあれば活躍したい︕」と、今後の『GRATS』の活動を切望する⼀コマも見られた。

サイコロを使った⾵船爆弾ゲームや、柏⽊・佐々⽊・⾺嘉伶のチーム(柏⽊チーム)と、武藤・吉川・⼤森チーム(武藤チーム)に別れて、コナミさんからお借りしたダンスバトルゲーム機『popʼn music peace』で対戦。⼤森・吉川が連勝し武藤チームが優勢だったが、柏⽊と武藤の最終対決では、2⼈とも終始真顔で真剣勝負。柏⽊が⾒事勝利し、柏⽊チームが⼤逆転を果たした。
武藤十夢と柏木由紀

武藤十夢と柏木由紀

最高潮の盛り上がりを見せた『47街』柏
木由紀も「ずっとやりたかった!」

アンコールでは、「ハイテンション」「47の素敵な街へ」で全⼒のパフォーマンスをみせ、劇場内のボルテージも最⾼潮に。出身地を叫ぶコーナーでは柏木が「鹿児島!」と叫んだ後に馬嘉伶が「東京!」と叫ぶと、柏木から「東京じゃないでしょ(笑)!」と突っ込まれて「すみません!」と謝るシーンも見られて笑いを誘っていた。

いつもはチーム8の「47の素敵な街へ」を披露しないメンバーばかりで6人しかいなかったが本格的でキレッキレのパフォーマンスで圧巻の「47街」を見せつけた。

歌い終えると柏木は「47、ほんとしんどかったけど、ずっとやりたかったんです!初めてやれて凄く嬉しかった!」と語っていた。チーム8の吉川も「私もエイトメンバー以外とやることないので、凄く新鮮でしたが、最後にエイトポーズしちゃいました(笑)」と語ると、メンバーから「今日はGRATSポーズでしょ!」と突っ込まれていた。

柏⽊が「ゲームもいっぱいやって、みなさんの前で公演ができて良かったです」と本⽇の感想を語り、最後は「君のことが好きだから」を披露。武藤が「他のユニットに負けないように精⼀杯頑張りますのでこれからも『GRATS』をよろしくお願いします︕」と挨拶した。
柏木由紀

柏木由紀

セットリスト

No. タイトル メンバー
overture ̶
1 ミュージックジャンキー ALL
2 Birth ALL
3 アクシデント中 ALL
4 Show fight︕ ALL
5 初めてのジェリービーンズ 柏⽊・佐々⽊・⾺
6 混ざり合うもの 同上
7 ずっと 前から 武藤・吉川・⼤森
8 思春期のアドレナリン 同上
9 呼び捨てファンタジー ALL
10 正義の味⽅じゃないヒーロー ALL
11 回遊⿂のキャパシティ ALL
12 ハートの脱出ゲーム ALL
ENCORE
13 ハイテンション ALL
14 47の素敵な街へ ALL
15 君のことが好きだから ALL
GRATS

GRATS

GRATS

GRATS

GRATS (C) AKB48

GRATS (C) AKB48

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着