崎山蒼志、シングル「嘘じゃない」リ
リースワンマンライブ開催 レポート
が到着

シンガーソングライターの崎山蒼志が9月22日(水)、東京・EX THEATER ROPPONGIで新曲「嘘じゃない」のリリース記念ライブを開催した。
今年1月にメジャーデビューアルバム『find fuse in youth』を発表。春に高校を卒業し、浜松市から上京した崎山は、「嘘じゃない」(テレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』第5期エンディングテーマ)のリリースをきっかけに音楽性を大きく広げつつある。その充実ぶりは、この日のライブからもはっきりと伝わってきた。オープニングは、崎山の原点であるアコギの弾き語りから。「過剰/異常」「塔と海」をギターと歌で描き出す。強いビート感と厚みのある低音、エッジの効いた高音のフレーズがぶつかり合うギターの演奏、そして、叙情性と鋭利な手触りを併せ持った歌。ライブの冒頭から崎山は、その奔放な独創性をたたえた音楽世界を生々しく表現してみせた。「今日はシングル『嘘じゃない』の曲をやります。最新の曲も中学生のときに書いた曲もあるんですが、楽しんでもらえたらと思います」という素朴なMCも微笑ましい。
 Photo by KEIKO TANABE
「24」「むげん」は、崎山自身がiPadを操作し、自ら打ち込んだトラックを使ったパフォーマンスを披露。さらにGOTO(Dr)、マーティ・ホロベック(Ba)、大坂孝之介(Key)が登場、バンド編成で「逆行」(ドラマ「賭ケグルイ双(ツイン)」主題歌)、1stフルアルバムのタイトル曲「find fuse in youth」、「Undulation」(テレビアニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』エンディングテーマ)などを次々と披露した。様々な心象風景を映し出す歌、独創的なコード進行とメロディラインの魅力を増幅するようなアンサンブルは、まさに圧巻だった。
特に印象的だったのは、ニューシングルの表題曲「嘘じゃない」。ドラマティックに展開するメロディ、過酷な現実と直面しながらも、希望を感じさせる歌詞を備えたこの曲は、崎山のポップな側面が強く表れた楽曲。原曲の魅力を真っ直ぐに伝
える演奏とボーカルは、間違いなく、この日のライブの大きなクライマックスだったと思う。
 Photo by KEIKO TANABE
この後、アコギ弾き語り+ピアノの編成で新曲「幽けき」(映画「かそけきサンカヨウ」を初披露。さらに“僕らはまた旅に出なくてはいけなくなったの”と歌う「季節外れ」、“汚くも美しい感情が乱反射する”というフレーズが胸を打つ「Youth-picnic」を弾き語りで歌い、本編は終了した。
アンコールを求める拍手に導かれ、再びステージに登場した崎山。「バンドのみなさんの演奏、エグかったですね。リハと本番ではだいぶ違っていて、緊張感もあって。楽しかったです」とはにかんだように話した後、ドラマ「顔だけ先生」の主
題歌として新曲「風来」(いきものがかり・水野良樹との共作)を書き下ろしたことを報告し、会場からは大きな拍手が送られた。最後の曲は「ソフト」鋭いギタープレイと緊張感に溢れた歌声、“両眼を開けて爽やかな空間に/傷をつけないように”というラインが響き渡り、ライブはエンディングを迎えた。弾き語り、トラック、バンド編成によって、自らの豊かな音楽性をダイレクトに見せつけた崎山蒼志。“若き天才シンガーソングライター”としてシーンに登場した彼は、その才能を奔放に進化させ続けている。そのことをはっきりと実感できる充実のライブだった。
 Photo by KEIKO TANABE

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着