小沢健二、ディスタンスの時代に放つ
“一人アリーナ” ツアー開催決定

小沢健二が2021年3月より日本武道館、さいたまスーパーアリーナ、大阪・丸善インテックアリーナを“新しい一人パフォーマンスのスタイル”で巡るツアー『aルbイmイseルf 魔法的ひとりArena』を敢行することが発表された。

今回のツアーは新型コロナウイルスの感染拡大以前、2019年に企画・決定されていたものだが、2020年の世界的な社会の変化を受け、そのパフォーマンス内容を新たに小沢健二が模索し、構築し直したという。観客数は会場の収容人数の半数未満を予定しており、換気・消毒・検温など、最新の医学的見地にもとづいた万全の対策をとってのライブ開催となる。

2020年のコロナ禍の日々に書き下ろしたいくつもの新曲に加え、過去の代表曲、人気曲も2021年版アレンジで奏でられる予定とのこと。

チケットの1次先行予約(抽選)はローチケにて本日12月9日(水)19:30から12月20日(日)まで行われている。また、小沢健二自身のたっての願いから、今回のツアーでは25歳以下限定プライスのチケットも用意されているほか、これまでの小沢健二のライブ同様に、6歳未満かつ膝上観覧であれば、入場者1名につき子ども1人が無料で入場できる。

【小沢健二 コメント】

コロナ以前の2019年の時点で、2021年の3月に一人で武道館などをやることは決まっていました。

コロナの中、僕の考えも、曲の書き方も、進化しました。

ばっちり感染対策をとり、換気のよいアリーナで、大幅に収容人数を減らしての公演ですが、歌を届けたいと思っています。

バンドはなく、僕一人です。今までの一人演奏を、ムダに豪華にしました。

帰り道に口ずさむのは、きっと聞いたばかりの新曲たちになると思います。

明るい曲。気持ちが強くなる曲。ベタですが、そういうライブです。

おなじみの曲も、もちろんやります。

新曲のタイトル予告、第一弾は『ウルトラマン・ゼンブ』(仮題*)です。

笑、と思いきや、勇気と涙の一曲です。

なお、延期されている『So kakkoii 宇宙ツアー』はこれまでの告知通り2021年初夏の予定です。

このアリーナは、それより前の、それとは別の、2021年春の公演です。ゼッタイコイ

【イベント情報】

小沢健二 『aルbイmイseルf 魔法的ひとりArena』

日時:2020年3月5日(金) OPEN 17:30 / START 19:00
会場:大阪・丸善インテックスアリーナ
Info:キョードーインフォメーション(0570-200-888)

==

日時:2020年3月9日(火) OPEN 17:30 / START 19:00
会場:東京・日本武道館
Info:Hot Stuff(03-5720-9999)

==

日時:2020年3月14日(日) OPEN 16:30 / START 18:00
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Info:Hot Stuff(03-5720-9999)

==

料金:
アリーナ席 ¥12,000
スタンド S席 ¥10,000
スタンド A席 ¥8,000
U-25 スタンド S席 ¥5,000
U-25 スタンド A席 ¥4,000

*U-25チケットは25歳以下限定/入場時にIDチェックあり
*6歳以上有料(6歳未満のご入場は保護者同伴のもと、膝上観覧の場合のみ保護者1名につき1名まで入場可。ただし、お子様のお席が必要な場合はチケット購入が必要)

・チケット
オフィシャル1次先行予約(抽選)(https://l-tike.com/ozawakenjihitori) :12月9日(水)19:30~12月20日(日)23:59

*1公演日1申し込み最大4枚
*1次先行は電子チケットのみの申し込みになります。

■ 小沢健二 オフィシャル・サイト(http://www.hihumiyo.net/)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着