AKINO from bless4

AKINO from bless4

【AKINO from bless4 インタビュー】
デビューから15年の歴史を綴り、
過去と今をつないだアニバーサリー作

アメリカで育った兄妹4人によるグループ・bless4より、2005年に「創聖のアクエリオン」で衝撃のソロデビューを果たしたAKINOが、15周年の記念アルバムを3枚組でリリース。デビュー曲のMVでは15年前の歌声とコラボし、彼女の足跡を全て見てきた兄姉の手による新曲では新たな挑戦もして、今だからこその音楽への愛を高らかに謳い上げている。

地獄にいる人を音楽で救えるのだから
絶対に惰性で歌っちゃいけない

2005年のデビューから15年以上が経ちましたが、率直に今、どう感じています?

15歳で「創聖のアクエリオン」に出会ってから15年、正直言ってあっと言う間でした。信じられないくらい速く時間が過ぎ去って…でも、15年で本当に大人になりましたね。15歳だった私も今ではおばさんになり…。

そんなことないですよ!

いや、弟のAIKIが結婚して姪っ子ができたんです! だから、伯母さんなんですよ(笑)。今までずっと4人兄妹のbless4として歌ってきたから、弟に子供ができるっていうこと自体がびっくりで。何より強く感じているのが、今回の『your ears, our years』というアルバムのタイトルの通り、ファンのみなさんが私たちの曲を聴いて、愛して、大事にしてくれたから、15周年を祝えるんですよね。そう考えると感謝の気持ちでいっぱいです。だから、今まで歌ってきた曲と想いを詰めたこのアルバムは、自分からみなさんへのラブレターでもあるんですよ。

“聴いてくれるあなたたちの耳(ears)があるから、ここまで積み重ねてきた私たちの年月(years)がある”というメッセージが込められたタイトルですよね。しかも、15年前のリリース時には作られなかった「創聖のアクエリオン」のMVが新たに制作されて。

「15年後にMVが作れるなんて、本当に奇跡ですよね。でも、今になって考えると当時出さなくて良かったと思うんです。当時の自分は表情も硬かったし、シャイだったし、まだ準備ができていなかった。それが15年経ってダンスや歌い方、表情の作り方はもちろん、悔しさも泣いた日もファンに対する想いも…っていう全部の経験があって、このタイミングでMVを出せたのが良かったなって。

しかし、幻想的な曲の世界観に沿うのではなく、浅草にアメ横、渋谷のスクランブル交差点といった外国人観光客に人気の名所で、bless4のメンバーと一緒に歌い踊るという構成は予想外でしたよ。

そのアイディアをレーベルのみなさんから聞かされた時、“最高!”って思いましたね。この曲はたくさんの人に愛されてきた曲で、海外でも「創聖のアクエリオン」を歌うとすごく喜ばれるんです。一緒に“愛してる!”って歌ってくれて、本当にみなさん日本の文化もアニメも大好きで。でも、まだ日本に行ったことのない人もたくさんいるから、このMVを観て…例えば“東京駅に行ってみたい”ってなって、実際に東京駅の前で「創聖のアクエリオン」を踊ってくれたら最高だなと。ダンスもAIKIが歌詞にちなんだかたちで作ってくれたんですよ。

今までつなげてきた世界中の人々との想いが表れたMVでもあるんですね。ただ、都内の名所に加えて工事現場に病院や学校と、本当にいろんなシチュエーションで踊られていましたから、撮影はかなりハードだったのでは?

2日間かけて10カ所で撮影しました(笑)。朝の3時からメイク、6時から撮影で、最初が東京駅だったんですけど、目の前で見たことなかったから“こんなにきれいだったんだ!”ってびっくりしましたね。普通に通行人の方々もいらっしゃる中で撮影していたから、自転車で通りすぎようとした人がストップして逆戻りしたり、雷門ではおばあちゃんがどんどん近づいてきて! それが映像に使われているのを観て、ちょっと温かい気持ちになりました。お姉ちゃんのKANASAは驚いて、ダンスをちょっと間違えたらしいですけど(笑)。

ちなみに踊っているのは2021年のAKINOさんですが、流れている音源のほうは?

実は2005年のものなんです。だから、15年前の歌と15年後のAKINOでコラボしてるんですよ。最初は“大丈夫かな?”っていう不安もあったんですけど、実際に出来上がったものを観たら全然違和感がなくて、“えっ、あれが15歳の声だったの!?”と驚いたくらい! 本当に最高のコラボレーションになりました。

ただ歌詞に対する印象は、この15年でかなり変わったんじゃありません?

そうですね。当時はあんまり日本語もできなかったから、漢字にもふりがなを振ってたし、意味も分かってなかったんじゃないかな? でも、この15年で歌詞を大事にするようになったので、今、この歌詞を見ると…とにかく奥が深い! そこまで愛が永遠に続くこともすごいと思うし、この歌詞からは学ぶこともたくさんありますね。実は、今、「創聖のアクエリオン」のサビを配信で1万2,000回歌うっていうチャレンジをしてるんですよ。

1万2,000回!?

はい。《一万年と二千年前から愛してる》という歌詞にちなんだ15周年の企画として、お兄ちゃんのAKASHIに無茶振りされて(笑)。でも、毎日1時間くらいかけて100回ずつ歌いながらファンのみなさんと交流していると、みなさんの愛って本当にすごいと実感するんですよ。“同じ曲のサビを何度も聴いて飽きないの?”って訊いても、“いくら聴いても飽きないよ”って言ってくれるんです。逆に、こんな時期にファンのことを思って企画を配信してくれるのが本当に嬉しいとも。だから、つい惰性で歌ってしまった日、お父さんに“この曲をみんなが愛してくれるんだから、1万2,000回毎回心を100パーセント込めて歌いなさい!”って叱られてハッとしたんです。“本当にその通りだな”って気持ちを切り替えて歌うようになったら、ファンのみなさんとも心が通じ合うようになって、もっとファンのみなさんやこの曲を愛したいという気持ちになれて。歌詞の力って本当にすごいんだと思いました。

サビは特に衝撃的な歌詞ですもんね。当時テレビから流れた時、思わず振り返ったくらいです。

もっとすごいのがラストの《僕の地獄に音楽は絶えない》というフレーズで、最初は“なぜ地獄?”って疑問だったんです。でも、あるファンの方に“人生真っ暗で命を絶とうとしていたけど、AKINOの歌を聴いて絶対に命を大事にしようと決めました”っていうお手紙をいただいた時に、ピンときたんです。ドン底の地獄にいる人を自分の音楽で救うことができる、そうやって自分は他人に影響を与えられている…そう気づいた時に、もっと全部の曲を大事にしないといけないなと思ったんですね。誰が聴いているのか、誰の心に届いているのか分からないんだから、どんなに小さなライヴでも、なあなあな気持ちで絶対に歌っちゃいけない。

そこが15年で一番、大人になったところかもしれませんね。

そうですね。その15年の歴史が『your ears, our years』には全部詰まっていて、歴代のシングルやアルバム曲はもちろん、音源化されていなかったタイアップ曲も含めて全部で38曲も収録されているから、みんなが聴きたかった曲もきっとあると思うんですよ。特にタイアップ曲に関しては、今までお世話になったみなさんがレーベルの枠を超えて協力してくださって、本当にありがたいなと。そういった意味でも、自分ひとりでは絶対にできなかったアルバムなんです。
AKINO from bless4
アルバム『your ears, our years』【初回限定盤】(3CD+Blu-ray)
アルバム『your ears, our years』【通常盤】(3CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着