STU48「ありがとう!STU48号ツアー」
初日 2期研究生『僕の太陽』公演

瀬戸内7県を拠点に活動をするアイドルグループ・STU48の船上劇場「STU48号」は、2019年4月よりSTU48のパフォーマンスの拠点として活動してきたが、今年2021年5月23日で役目を終了。

そして、そのラストを締めくくるライブツアー「ありがとう!STU48号ツアー」が4月10日(土)、兵庫県・神戸港/中突堤Cバースにてスタートした。

STU48号は旅客船兼自動車渡船から日本初の船上劇場へと生まれ変わり、2019年4月16日に広島県・広島国際フェリーポートにてSTU48の船上劇場として就役した。

船そのものを劇場化するという大掛かりな取り組みで、母港を広島国際フェリーポートにおきながら、兵庫、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛の瀬戸内7県にこれまで寄港し、STU48のパフォーマンスの拠点として活用してきたが、2021年5月23日でその役目が終了となる。そして、そのラストを締めくくるライブツアー「ありがとう!STU48号ツアー」が4月10日(土)、兵庫県・神戸港 中突堤CバースSTU48号船上劇場でスタートした。

夜公演では、2期研究生による『僕の太陽』公演を実施。(『僕の太陽』は、オリジナルはAKB48の公演であり、2期研究生が今後行う公演の演目を決めるWEB投票企画にてスタートした公演。2020年2月2日に初披露され、現在までの2期研究生の代表公演となる。)今回は前キャプテンの岡田奈々(AKB48兼任)も公演に参加。

出だしから『Dreamin’girls 』『RUN RUN RUN』『未来の果実』『ビバ!ハリケーン』と全員でのパフォーマンスを4曲続けて披露。その後のMCで岡田が2期研究生とやってみたいことについて聞かれると、「いつか2期研究生たちと秋葉原のAKB48劇場でも公演をやりたいです!あと、僕の太陽公演はAKB48メンバーもやってきた公演で、振りを覚えている先輩メンバーが多いので、STU48の2期研究生たちとメンバーをシャッフルして合同の公演もやってみたいです。」と期待をふくらませた。

その後は『アイドルなんて呼ばないで』『僕とジュリエットとジェットコースター』『ヒグラシノコイ』『愛しさのdefense』『向日葵』とメンバーを分けてのパフォーマンスを5曲続けて披露し、短めのMCを挟んで『竹内先輩』『そんなこんなわけで』『デジャビュ』を全員で披露。

岡田を交えたMCに2期研究生メンバーは一同緊張しつつも、『第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 ファイナリストライブ』に岡田と出演していた池田裕楽は、「奈々さんには、親子かのようにすごく優しくしていただいていて…ユニットライブの現場のあとお礼のあいさつをしたら『(池田は)末っ子だからよろしくね』と言われました(笑)。」と、既に親睦を深めている様子を見せた。

ラストは今泉美利愛の「こうして毎日生活していると失敗しちゃったりつらいこともあるけれど、いつも希望とか夢を胸に、自分らしく生きていこう。そんな気持ちを歌っている曲です。」という曲フリとともに『夕陽を見ているか?』を披露し、公演は一旦終了。そして、観客の手拍子によるアンコールの期待に応え、『Lay down』でメンバー全員が再登場。

MCで田中美帆は「今、大変な状況ですが、私たちのためにこうして神戸港に集まっていただきありがとうございます。」と感謝の気持ちを改めて観客に伝えた。

岡田奈々は「自分もAKB48の研究生時代に、僕の太陽公演をやっていたのでこうして後輩たちと踊れることが感慨深いです。2期研究生にはもっともっと成長して素敵なアイドルになって、誰かの太陽になれるような存在になってほしいです。私もこれ1回だけではなく、何回でもこの公演に出られるように頑張ります!」と今後の出演にも意欲を見せた。

最後は『BINGO』『僕の太陽』を披露。コロナ禍ということもあり、交流の少なかった岡田奈々と2期研究生の距離が縮まり、メンバーのさらなる成長を感じさせられる公演となった。

「ありがとう!STU48号ツアー」は、全16公演を予定。今後、香川・岡山・徳島・愛媛・山口と巡り、ラストは5月23日(日)母港・広島国際フェリーポートにて公演を実施予定。

概要

イベント名:STU48号「ありがとう!STU48号ツアー」
会場:兵庫県・神戸港/中突堤Cバース STU48号船上劇場
公演名:僕の太陽公演
日時:2021年4月10日(土)乗船開始 16:45/開演 17:30
出演メンバー:岡田奈々・池田裕楽・今泉美利愛・尾崎世里花・川又あん奈・工藤理子・小島愛子・鈴木彩夏・田口玲佳・田中美帆・田村菜月・中廣弥生・南 有梨菜・宗雪里香・吉田彩良・立仙百佳

2期研究生『僕の太陽』公演写真

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

(C) STU48

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着