『FUJI ROCK FESTIVAL’21』出演のチ
ャンス! 未来のヘッドライナーを大
募集、新人オーディション開催

『FUJI ROCK FESTIVAL』(以下、フジロック)に出演するには2つの道がある。ひとつはプロアマ問わず主催者側からのオファーを受けること、そしてもうひとつがオーディションを受けて出演枠を獲得することだ。このたび新人アーティストの登竜門「ROOKIE A GO-GO(ルー・キー・ア・ゴー・ゴー)」ステージの出演オーディションの応募受付開始が正式にアナウンスされた。

■ROOKIE A GO-GO出演アーティスト、オーディション開催!
8月20日(金)、21日(土)、22日(日)に新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催される今年は、コロナの影響によって国内アーティストによる“特別なフジロック”になることが発表されているフジロック。ヘッドライナーにはRADWIMPSKing Gnu電気グルーヴが決定するなど第一弾ラインナップがアナウンスされたばかりだ。そしてコロナ禍では様々な分野において多くの人々が苦境に立たされているが、ミュージシャンの卵たちも同様にチャンスを掴む場のほとんどを失うなど厳しい状況にいる。そんな中、未来のヘッドライナーになり得る若きミュージシャンに対してフジロックは次のようなラブコールを送っている。

■ROOKIE A GO-GOを盛り上げてくれる未来のヘッドライナーを大募集!
<PRIZE>
1. FUJI ROCK FESTIVAL’ 21「ROOKIE A GO-GO」ステージ出演
※新潟県在住アーティストへの出演枠「新潟からフジロックへ!」は1枠となります
2. FUJI ROCK FESTIVAL’ 21の3日通し券をプレゼント
※オーディションで出演が決定したアーティストのメンバー全員を対象
<SCHEDULE>
エントリー: 2021年4月16日(金)11:00 〜 5月21日(金)23:59
出演者発表: 2021年8月上旬 予定
以前より出演を狙っていた人も、たまたま情報に辿り着いた人も、誰でも参加できる企画だが、今年はWeb応募のみの受付となるとのこと。また、フジロックの開催地・新潟県在住アーティスト出演枠「新潟からフジロックへ」も用意されている。エントリー概要や方法など詳細はオフィシャルサイトで確認してチャンスを掴んでほしい。

■ROOKIE A GO-GOの歴史
このフジロック的新人発掘企画には長い歴史があることをご存じだろうか。これまでにROOKIE A GO-GOステージ出演を経てメインステージに駆け上ったミュージシャンの中には、今年2日目のヘッドライナーを飾るKing Gnuと、3日目に出演するCHAIをはじめ、SAKEROCK時代の星野源ASIAN KUNG-FU GENERATIONSuchmosTempalayMy Hair is BadYogee New WavesSIX LOUNGE、SiM、Creepy Nuts打首獄門同好会らがいる。
King Gnu
CHAI
出演アーティスト第一弾発表では、2019年にROOKIE A GO-GOに出演したKOTORIと、昨年2020年のYouTube配信『ROOKIE A GO-GO 2020 LIVE』に出演した草田一駿の2組が今年のGREEN STAGE、WHITE STAGE、RED MARQUEEなどのメインステージのいずれかに出演決定したこともアナウンスされた。例年通りならば今年の出演者への投票方法などが次第に明らかにされていくので、ミュージシャン志望ではない人もチャレンジするミュージシャンたちを応援する側として参加することができる。

◎フジロック・チケット情報 <2次先行販売開始中>
現在受付中の2次先行販売では、1日券が20,000円、2日券が36,000円、3日通し券が46,000円で限定枚数が販売されている。受付期間は7月16日(金)までだが規定枚数に達し次第販売終了となるので参加希望の人は早めに申し込もう。また、今年に限り、高校1年生まで保護者の同伴に限り入場無料となる。
<2020年のチケットについて>
2020年のチケットは2021年のフジロックで有効となるが、コロナ禍での開催において不安のある購入者はチケットの払い戻しをすることができる。払い戻し期間は2021年5月31日(月)23:59まで。チケットに関する詳細はオフィシャルサイトで確認してほしい。
文=早乙女’ dorami’ ゆうこ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着