BIGMAMA、ドラマー・Bucket Banquet
Bisの正式加入を発表(メンバーコメ
ントあり)

BIGMAMAが、ドラマー・Bucket Banquet Bis(通称:ビスたん)の加入を発表した。
Bucket Banquet Bisは、昨年・2020年よりBIGMAMAにサポートとして参加しており、このタイミングから正式メンバーとして加わることとなる。

【メンバーコメント】
立つ鳥跡をなんとやら、を経て、
(前任のドラマーがワタリドリのように去って行き)
我々の心のうちのモヤモヤっとしていたところを、
すべて晴らしてくれたのが、
Bucket Banquet Bis(バケット・バンケット・ビス)でした。
サポートドラマーとして彼を迎え入れた一年間、
コロナ禍でただでさえジメッとしがちなところを、
底抜けに明るい気持ちでいることが出来たのも、日陰でも腐らずにいることが出来たのも、
太陽のような男(バケツ)が背を支えてくれていたからです。
そんな彼の人間性(金属性?)を含めて、
サポートしてもらうだけ、支えてもらうだけでは割りに合わない、
それ以上のものを彼にも受け取ってもらいたい。
ここから先は一蓮托生、互いに運命を共にして、
一番良い形で迎え入れられたらという思いに至り、
それはもう母の日でしょう(なにせBIGMAMAですから)、
ということで2021年本日、正式加入の発表に至ります。
ひとつだけ。
約束していたRoclassick tour 2020 -the Last of the Last- のライブに関して、
このタイミングまでに実現させることは叶いませんでした。
ライブというものはやはり、
自分たちが皆さんと共に、待ち焦がれてこそそこにあるべきだと思っていて、
こうなった以上、約束を守ることが正しいことなのか、どうかなのか、
正直ちょっと、わからないところがあります。
ただ、楽しみに待っていてくれた方へ、
決して忘れていません。
ということも、合わせてここに記しておきたいと思います。
これまでも、これからも、
BIGMAMAを日々支えてくれている全てのファンや、スタッフ、バンドマンたち、メディアの方へ感謝の気持ちを。
また、そうでなくとも、もっと頑張ろう、とそう思わせてくれる存在にも感謝しています。
そして、改めて自己紹介を。
ヴァイオリニストのいる5人組のロックバンド、いや、
ヴァイオリニストとバケツのドラマーのいる5人組のロックバンド、
BIGMAMAです。
少しでもあなたの不幸を遠ざけるような音楽を、日本中に愛される音楽を、
心を込めて、愛を込めて、信じて、夢見て、掻き鳴らしていきたい所存です。
今後ともよろしくお願いします。
BIGMAMA 金井政人

ずっとファンの皆様と大事にしてきた特別なこの日に、Bucket Banquet Bisがメンバーになることを発表させてもらいます。
ここ1年の後ろから放たれる絶大な陽のエネルギーに、僕ら自身もそしてBIGMAMAの曲たちが救われたのは紛れもない事実。
これから先、もっと密に音楽を人生を共にしたいという思いを、快くそして確かな覚悟も一緒に受け取ってくれました。
いっぱい話して、笑って、泣いてバンドやってきます。
未来永劫バンドもバケツも光り輝いていく今後をお楽しみに。
柿沼広也

Bucket Banquet Bisという素晴らしいドラマーを正式に迎え入れられることに、大変嬉しい気持ちでいっぱいです。
1年間共に過ごしてきて、彼の、すべてを汲み取ってくれるような(バケツだけに)安心感、きらびやかで軽快な(バケツだけに)ビートに、ベードラとしてもビシビシグルーヴを感じています。
彼のいる新しいBIGMAMAのこれからに、今はとてもワクワクしていますし、付いてきてくれるみんなにも絶対損はさせません。
今後ともBIGMAMAをよろしくお願いします!
安井英人

BIGMAMAにとって母の日という特別な日に嬉しい報告ができる事を、これまで支えてきてくださった全ての方々と喜びたい気持ちです。
2020年、私達にとって大変な一年を共に乗り越えて、さらには喝を入れ、時には笑わせてくれるBucket Banquet Bis(ビスたんて呼ぶね)には感謝しかありません。
素敵な家族が新たに加わり、この先の未来を素晴らしいものにすべく邁進していきたいと気の引き締まる思いです。
これからたくさん新しい景色を作って魅せ続けて行くんだ。
引き続き新生BIGMAMAをどうぞよろしくお願い致します。
東出真緒

BIGMAMAという沢山の方に愛されているバンドにこの度メンバーとして正式に迎え入れて頂けたことを大変光栄に存じ、そして身が熱く滾る想いです。
長きに渡るバンドの歴史の中で様々な局面があるとするならば、自分の参加によってバンドがまた一つの新たなフェーズに突入し、グラフはここから有頂天に向かい上昇していく。
それこそが私が新たに参加させて頂く最大の意義であると、そのような覚悟を持ちながらこの1年間サポートメンバーとして様々なステージや制作をご一緒させて頂きました。
私自身の一見“イロモノ”とも捉えられかねないこの見た目も含め、新生BIGMAMAとしての新たな表現、新たな世界観にとって欠かせない一員であるのかどうか、またこれまでの楽曲たちを遜色無く更にはパワーアップさせてお届けできるのか、これらに全力でお応えすべくドラムプレイと様々な形の発信でファンの皆様に示していきます。
どうか応援宜しくお願い致します。
Bucket Banquet Bis

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着