L→R 苑(Dr)、AMI(Gu)、なみだじゅり(Vo)、yuzu(Ba)

L→R 苑(Dr)、AMI(Gu)、なみだじゅり(Vo)、yuzu(Ba)

【she9 インタビュー】
元気を届けられるような
曲をやっていきたい

スタートラインに
ようやく立てたと感じている

「最強★ピース」はみなさんが目指した通り、聴くと明るい気持ちになりますし、2分31秒というコンパクトなサイズでいながら凝縮感があるのも最高です。続いて、「BPM」にいきましょう。この曲は『結婚できないにはワケがある。』のエンディング曲なんですね。

じゅり
「BPM」はTikTokでバズっていたのをドラマを作っている方に見つけていただいて、“この曲をドラマで使わせてもらえませんか?”というお話をいただいたんです。だから、「BPM」は書き下ろしではなくて、一年以上前に作った曲なんですよ。もともとは私が帰り道で坂道を下っている時に、サビのメロディーと歌詞が出てきて、それを膨らませてメロディーと歌詞を考えて、ピアノでコードをつけてかたちにしたんですけど、ちょっと可愛いすぎる気がしたんです。でも、みんなに投げたらバンドっぽいものに仕上げてくれたので、“私はこれがしたかった!”と思いました(笑)。歌詞は女の子が素敵な人と出会ったことでウズウズしていて、“もうここで弾けちゃえ!”という気持ちになったっていうことを歌っています。ちょっとエッチな感じを少女マンガっぽく描きたいなというのがあって、そういう部分も入れ込みました(笑)。
「BPM」は今回改めて録り直したんですけど、私はちゃんとしたレコーディングをするのは、実はこの曲が初めてだったんで、何日も前からめっちゃ緊張して“大丈夫かな?”とずっと言ってました(笑)。
全員
言ってたね(笑)。
なので、OKテイクが録れた時は本当にホッとしました(笑)。「BPM」のドラムはメリハリを大事にしていて…この曲はドラム始まりだから、“来るぞ、来るぞ、来るぞ!”という感じから一気に炸裂するというイメージでした。Aメロでちょっと落ち着いて、サビでまた弾け、Cは速い16ビートで勢いを出す…みたいな。そういう波をすごく意識したドラムになっています。テンポが速くてビートがどんどん変わるので、気を抜くとリズムが揺れてしまうんですよ。そうならないように、しっかりビートを切り替えるということも心がけました。
yuzu
ベースも抑揚を意識してフレーズを考えました。私もちゃんとしたレコーディングは初めてだったんですけど、私はワクワクしてましたね。ベース録りの時も弾いていたらめっちゃ楽しくなっちゃって、「BPM」はすごく楽しい曲なので、“この気持ちが伝われ!”と思いながら弾きました。サビのオクターブとかは特にそうでしたね。「最強★ピース」と同じように「BPM」も聴くと楽しい気持ちになる曲だと思うので、たくさんの人に届いてほしいです。
AMI
「BPM」は“キラッと感”をギターで出せたらいいなというのがありましたね。レコーディングにフェンダー・ジャズマスターとギブソンのES-339を持参して、イメージをかたちにするにはどっちのギターがいいかめっちゃ悩んだんですけど、そういうことも楽しかったです。両方とも弾いてみて、この曲は疾走感とか勢いを大事にしたほうがいいと思ったので、バッキングはソリッドな音がするジャズマスでギョイッ!とやりました(笑)。で、ギターソロは艶がある音が合うと思って、セミアコの339を使うことにしたんです。
じゅり
私はAメロとかは夏の気怠い感じをイメージして歌いました。夏の湿っぽさみたいなものを歌で感じ取ってもらえるといいなと思ったので。でも、サビは弾ける感じで歌って、女の子のキュンキュンしている心を表現しています。だから、ちょっと二重人格っぽい歌になっていますね。

20歳前後の女性はそういう側面を持っていることが多いので、歌い分けがリアリティーを生んでいます。「最強★ピース」と「BPM」はshe9の魅力が詰まったものに仕上がっているし、このタイミングでshe9に初めて触れる人が多いことは間違いないだけに、今後が楽しみです。

今後も今と変わらず元気を届けられるような曲をやっていきたいですね。「最強★ピース」と「BPM」の他にも何十曲とストックがあって、she9の切なさを込めた曲もあるので、そういうものも徐々に出していけたらいいなと思っています。あと、ライヴができる状況になったらガンガンやっていこうと思っているので、ぜひライヴにも来てほしいです。
yuzu
うんうん。早くライヴをしたい気持ちは強いですね。私たちって演奏中に結構動くんですよ。そういうところはやっぱり生で観ていただきたいですし、来てくださったみなさんと一緒に楽しい時間を過ごしたいので、一日も早く普通にライヴができるようになるといいなと思っています。音楽面は苑も話したようにshe9はいろんな雰囲気の曲があるので、そういう曲もどんどん出していきたいですね。
AMI
ドラマの主題歌をやらせていただいて多くの方の耳に届く機会が増えたので、本当にチャンスだと思っています。今回の2曲をきっかけにしていい波に乗っていけるように、私たちにできることをどんどんやっていきたいですね。she9に触れた人みんなを巻き込んでいけるバンドになるように頑張ります!
じゅり
自分たちの曲がドラマの主題歌になったり、配信されたりするようになって、私はようやくスタートラインに立てたと感じているんです。とにかく「最強★ピース」と「BPM」をたくさんの人に聴いていただきたいし、それ以外にも本当にいろんな曲があるのでどんどん届けていきたいです。曲作りに関しては若いうちにしか書けない曲というのがあると思うから、背伸びしたり、取り繕ったりせずに、リアルな自分たちが伝わる曲を書いていって、聴いてくださったみなさんと一緒に成長したり、未来に向かって歩いて行けるといいなと思っています。

取材:村上孝之

配信シングル「最強★ピース(TV Ver.)」2021年4月19日配信開始
    • ※配信先の詳細はオフィシャルHPをチェック
配信シングル「BPM(TV Ver.)」2021年4月19日配信開始
    • ※配信先の詳細はオフィシャルHPをチェック
配信シングル「最強★ピース」2021年5月10日配信開始
    • ※配信先の詳細はオフィシャルHPをチェック
配信シングル「BPM」2021年5月24日配信開始
    • ※配信先の詳細はオフィシャルHPをチェック
she9 プロフィール

シーキュー:2019年冬、ソロで音楽活動していたヴォーカルの“じゅり”は高校卒業を目前に、これまでとは違った音楽の道を探っていた。同じ時期にドラムの“苑“、ベースの”yuzu“は音楽専門学校の卒業のタイミングを迎えていた。ふたりは次のステップには、新たなバンドで活動していこうと思っていた。そんなタイミングにじゅりと出会い新しいバンドを作っていくことを決める。ギター不在のまま音源作りを開始しギターとの出会いを待っていた一方、ギターの“AMI”はいくつかのバンドでリードギターを担当していたがバンド解散後は、ソロプロジェクトのサポートギターを中心に活動していた。ギターを探していた3人と偶然なのか運命なのかこの時しかないタイミングでメンバーとの出会いがあり、それから数日後リハーサルスタジオで初めて4 人は音を合わせた。その時、全員このメンバーでやれるところまで頑張ろうと決めたのだった。そこから一気に音源制作に入り、20年10月の渋谷eggmanでの初ライヴより、都内ライヴハウスを中心に活動を開始。ところが、新型ウィルス感染拡大防止による各イベントの中止が相次ぎ、バンド活動の中心であるライヴはまったくというほど無くなってしまう。しかし、楽曲制作をより多く行ない、50曲以上の楽曲を制作。また、TikTokにて”バンドあるある”をテーマにした動画を公開し、オリジナル楽曲「BPM」「乙女マスター」が注目を集め、21年5月にドラマ『結婚できないにはワケがある。』の主題歌「最強★ピース」とエンディングテーマ「BPM」を配信リリース!she9 オフィシャルTikTok

「最強★ピース」MV

「BPM」Lyric video

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着