小野賢章・田丸篤志・島﨑信長らのコ
メント到着 山手線の各駅を舞台に3
0人のアイドルが登場「STATION IDOL
LATCH!」始動

小野賢章・田丸篤志・島﨑信長・住谷哲栄・伊藤昌弘・青山凌大が出演する、東日本旅客鉄道株式会社 監修協力のアイドルプロジェクト「STATION IDOL LATCH!」(ステーションアイドルラッチ)が始動、プロジェクトのティザー映像が公式YouTubeチャンネルで2021年5月20日(木)17時解禁された。また、ボイスドラマが6月3日(木)より公開予定。
キャストコメントとあわせて公開する。
「STATION IDOL LATCH!」とは
山手線各駅の駅員のキャラクターが、業務時間を終えるとアイドルとして活躍するという、まったく新しいアイドルプロジェクト。
(c) LATCH! Project/JRE
本プロジェクトでは、東京23区内を走行する山手線の全30駅および街の特徴をエッセンスとして取り込んだ、個性豊かな30人のアイドルが登場。街を盛り上げるアイドル活動を中心に、駅員として働く様子なども織り交ぜつつ、駅愛・街愛・友情などを通じ、夢を共にする30人の葛藤・成長・絆を追いながら山手線発→日本全国を元気にする物語が紡がれる。
イントロダクション
(c) LATCH! Project/JRE
30の駅からなる山手線、そこで働く個性豊かな駅員たち。
声よし、所作よし、笑顔よし──
そんな彼らは改札を出ると、キラキラ輝くスーパーアイドルに大変身!
その名も、ステーションアイドル LATCH!
パーフェクト駅員が奏でるアイドルデイズにお乗り遅れのなきようご注意ください!
ボイスドラマや楽曲リリース、イベントも
YouTubeで毎週公開されていくボイスドラマを軸に、楽曲のリリース、イベントやライブ、ファン参加型企画など様々な楽しみ方を準備しており、将来的には街を盛り上げるためのタイアップ企画などにも広がる可能性のある夢の企画だ。
【コメント】小野賢章(東海林 鈴音/ショウジ リオン役)
初めて企画内容を聞いた時、“あの山手線の駅員さんがアイドル活動をする”という点がすごく面白いなと感じました。アイドル達も駅や街の特徴がしっかり反映されていて、これから演じていくのが楽しみです。東京駅自体も、古き良き雰囲気を残しつつどんどん進化していっていると思うので、僕も東海林とともに成長し続ける姿をお見せできればと思います。山手線のように終着駅のない、長く続いていくコンテンツになるよう、応援していただけたら嬉しいです。
【コメント】田丸篤志(青葉梟 光加人/アオバズク ミカド役)
駅に紐づいたアイドルというのはとても面白いなと思いました。神堂は新宿駅を担当しています。自分も利用することのある身近な駅でした。そんな駅を担当することができてとても嬉しいです。駅を背負ってアイドルをこなしている彼等ですが、自分も同じように作品、キャラクターだけではなく駅を背負う気持ちで気合いを入れて現場に行きました。今後、皆さんが新宿駅を通ったときに神堂のことを感じてくれたら嬉しいなと思います。
【コメント】島﨑信長(神堂 唯姫/シンドウ ユキ役)
「駅員アイドル」というコンセプトが面白いと思いました。擬人化ではなく、あくまでも駅員なんです。そして青葉梟たちはレジェンドトリオということで、いい感じにレジェンド感と先輩風を吹かせつつ、池袋駅を、山手線を仲間たちと盛り上げていけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします!
【コメント】青山凌大(武庸 裕哉/タケツネ ユウヤ役)
武庸裕哉役の青山凌大です。お話をいただいた時は、とても楽しそう!という気持ちと、初めてのお仕事なので不安な気持ちとが入り交じった状態でした。武庸くんは要領がよく、なんでもそつなくこなせるキャラクターなんですが、嫌なものは嫌!とはっきり断ってしまう性格を持ち合わせています。はじめはあまり乗り気ではない武庸くんがどうアイドルになっていくのか、気持ちの変化を表現していきたいです。僕自身もまだまだ未熟ではありますが、武庸くんと一緒に成長して、精一杯役を演じ切りたいと思っています。よろしくお願いいたします!
【コメント】住谷哲栄(空蝉 塁/ウツセミ ルイ役)
空蝉塁役の住谷哲栄です。今回塁くんの声をやらせていただけることになりとても嬉しく思っています。実は役が決まってから初めて大塚駅に降りてみたんですが、駅周りは新しいお店や建物も多く栄えていて、でも少し歩くとバッティングセンターなど下町の雰囲気も感じられるのがとても魅力的な街でした。彼が掲げる“大塚駅をみんなに一番愛される駅にする”という目標のために、ボイスドラマやキャラソンを通して、塁くんらしく元気に盛り上げていきたいと思います。
【コメント】伊藤昌弘(諏訪 海/スワ ミハル 役)
諏訪海晴役の伊藤昌弘です。今回この役の演じる機会をいただけたと知った時は、海晴くんと西日暮里の魅力をお伝えしないといけないという使命感と、ワクワクした気持ちの両方が込み上げてきました。海晴くんはLATCH!メンバー内では最年少で、とても秀才なのですが、突発的なアクシデントに弱いという人間的なギャップもあります。そんな彼が成長していく姿や、物事に真剣に取り組む姿勢、アイドルとしての魅力をみなさんにお届けしたいと思っています。“西日暮里が山手線の中で一番輝いている”と皆さんに言っていただけるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!
バラエティ豊かなキャストが参加予定
ボイスキャストの第一弾として、東海林鈴音役(東京駅)に小野賢章、神堂唯姫役(新宿駅)に田丸篤志、青葉梟光加人役(池袋駅)に島﨑信長と、人気実力派声優の起用が発表された。他にも空蝉塁役(大塚駅)に住谷哲栄、諏訪海晴役(西日暮里駅)に伊藤昌弘。さらに武庸裕哉役(高田馬場駅)には、昨年の「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリに選ばれた青山凌大を抜擢。今後も若手からベテランまでバラエティ豊かなキャストの参加が予定されており、プロジェクトをますます盛り上げていく。
キャストオーディション企画も
また、本プロジェクトの連動企画として、現在募集期間中の他薦によるオーディション、JUNON✕AMUSEアイドルオーディション「あなたの推しを教えてください#推しエール」に「STATION IDOL LATCH!賞」が設けられることに。受賞者は初々しいアイドルとしてプロジェクトに合流し、フレッシュな魅力をもたらしてくれることだろう。
作品を彩るテーマソング「LATCH! 〜それが未来の扉〜」は、作詞に日本屈指の著名アーティスト、アニメ、舞台などの作品を数多く手掛ける森雪之丞氏、作曲にはHey! Say! JUMP、平手友梨奈への楽曲提供などで飛躍を遂げている辻村有記氏と、伊藤賢氏を迎えて制作された。
詳細は、公式サイトにて確認を。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着