Vaundy、自身初となる5大都市Zeppツ
アー& 7月スタート日曜ドラマ『ボク
の殺意が恋をした』主題歌に決定 最
新曲「benefits」MVも公開

Vaundyが、自身初のツアーとなる5大都市Zeppツアーを発表した。2021年9月12日(日)Zepp Nagoyaを皮切りに、10月19日(火) Zepp Tokyoまで 5大都市7公演を回る。本日6月12日(土)より〈オフィシャルサイト最速先行〉を実施するので、Vaundyのオフィシャルサイトをチェックしてみよう。
また、7月4日(日)スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』の主題歌をVaundyが担当することも発表された。ドラマのために書き下ろした新曲「花占い」(7/5(月) 0:00配信リリース)で、ドラマを彩る。
そして、6月12日(土) 0時にリリースされた最新配信曲「benefits」のミュージックビデオも公開された。

監督は、isai 脇坂侑希が務め、俳優の里々佳、鈴木康介、桜木那智の3人が出演。「恋愛が統率された世界/様々な愛の形、解釈」をオルタナティブかつシネマティックに表現した意欲作となっている。
Vaundy コメント
今回『ボクの殺意が恋をした』の主題歌を担当させていただきました。Vaundyです。この作品に携われてとても光栄です。このドラマのお話をいただいて、「どんな曲にしよう」と考えたとき一番初めに頭に浮かんだのが「踊り」というキーワードでした。「ドキドキして踊り出したくなるような曲にしたい」。曲をBGMに、踊るような恋をしている登場人物たちの映像が頭に流れ込んできました。画面を通して観ているみなさまに少しでも僕の曲でドキドキを届けられたら。そんな想いからこの曲はできています。楽曲のテーマとしては「実る前の恋」、何年も何千年も恋人になれないままでいる二人のお話です。劇中で聴くとまた違った印象に聞こえてくる不思議な曲になっていると思います。テレビで毎週放送を観るのが今から楽しみです。
中間プロデューサーコメント
殺し屋と暗殺ターゲットが恋してしまう、そんな振り切ったラブコメディにVaundyさんの世界観を埋め込んで欲しいと主題歌のオファーをさせて頂きました。初めてデモを聞いた時、Vaundyさんの魅力的なボーカルと胸が躍るメロディー、そして恋の切なさと希望を紡いだ歌詞に、鳥肌が立ち、ワクワクが止まりませんでした。ドラマの中で描くスリリングな恋を彩ってくれるのはもちろんのこと、「聴いてると恋がしたくなる!」そんな曲だと思います。ドラマと共にVaundyさんの主題歌も是非楽しみにして頂きたいです。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着