2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM

2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM

【超特急 ライヴレポート】
『BULLETTRAIN ARENA TOUR 2021
SPRING「Hoopla!」』
2021年6月4日
at ぴあアリーナMM

2021年6月4日 at ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
2021年6月4日 at 神奈川県 ぴあアリーナMM
 超特急が6月4日(金)に神奈川・ぴあアリーナMMでワンマンライヴ『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2021 SPRING 「Hoopla!」』を開催した。有観客ライヴは約1年4カ月振り、ぴあアリーナMMは約1年越しのリベンジとなる。メンバーと8号車(ファンの呼称)は久々の直接対面を果たし、思いの丈を爆発させるアツいステージが繰り広げられた。なお、本公演は新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮したかたちで行なわれ、観客はペンライトやハンドクラップでメンバーを応援した。

 大勢の8号車が集まる会場に爆音が轟きメンバー5人がステージに登場すると、「What's up!?」がライヴの口火を切る。ユーキが“みんな、会いたかったよー!”と声をあげ、5人は楽しさ全開のパフォーマンスで観客を焚きつけていく。続けてソリッドなビートの「Kiss Me Baby」、レーザーとミラーボールが輝く中で「Drive on week」を歌唱し、たたみ掛けるように「超えてアバンチュール」でアッパーな空間を作り出す。メンバーがテンション高く観客を煽ると、8号車はペンライトを力強く振って5人のパワーに応えた。

 今回のライヴの曲数は超特急史上最多なのだが、それでも足りないと言わんばかりに「My Buddy」からはメドレータイムに突入! 光る警棒を持っての「POLICEMEN」や「No.1」などの初期のナンバーをはじめ、夏曲コーナーでは「Summer love」や「Make it hot!」を久々にパフォーマンスしたりと、驚きと楽しさで観客を楽しませた。

 ライヴ中盤には8号車が選んだランキングコーナーを用意。超特急と会えない時に聴いた曲ランキングの1位に輝いたのは「a kind of love」が、超特急のセクシーな曲ランキング1位は「We Can Do It!」が選ばれた。さらに8号車がもう一度聴きたい曲ランキングでは、レアなユニット曲、ソロ曲がランクイン。カイとリョウガは「LIBIDO」をダンスし、タクヤはソロ曲「Cosmic岬」をスキルアップバージョンで、そしてユーキとタカシはぱみゅぱみゅ感たっぷりの衣装で「キャンディ・ナイト」を可愛く披露した。

 ここまでヒット曲、初期曲、レア曲とさまざまな姿を魅せてきた超特急。広いステージの端から端まで使い8号車をしっかりと見てパフォーマンスする5人からは、“とにかくみんなを楽しませたい!”という気持ちがあふれ出ていた。また、8号車が事前に録音した歓声を流す演出もあったりと、制限がある中でいかに一体感を作るかというチャレンジも随所随所に見られたのも特筆すべきところ。

 濃厚なライヴの時間はまだまだ続く。スウィンギンな「Table Manners」、ディスコチューン「Fantasista」を立て続けに投下し、「Asayake」では爽快な世界観を提示。《君が君のままいられるように 僕らこの場所で踊るよ》という歌詞は、まさに今の彼らの想いのように感じられた。

 ライヴもいよいよラストスパート! ダンサー4人の力の入ったラップとタカシのヴォーカルが交差する「Booster」では炎が燃え上がる中、文字通り灼熱のパフォーマンス。ユーキは長い助走からの側転ロンダートを決めた。続く「Burn!」はメンバーと8号車が一緒にXポーズを連続で行ない、大サビはメンバーの声に合わせて8号車は心の声で大合唱し強烈な一体感を作り上げる。タクヤが“8号車ー!”と大声でシャウトし、熱量たっぷりのまま5人は「バッタマン」を全力で歌い踊る。8号車も汗だくメンバーに向かって力いっぱいペンライトを振り、会場のボルテージはマックスとなった。

 MCタイムでメンバーは、この日の感想を述べていく。カイは「僕たち、1年4カ月分の想いを込めてたパフォーマンスさせてもらいました。めちゃめちゃ楽しかったです! 今日この日を迎えられたことを幸せに思います。みなさんありがとうございました。I Love You!」と声を上げ、タクヤは“もちろんコロナは大変ですけど、決して無駄な時間じゃなかったなって再確認できたし、超特急と8号車の絆は会えない時間があっても強くなれるんだっていうのを今日のライヴを通して思いました”と語った。また、タカシは“やっぱり8号車がいないとあかんなって改めて気づかされました。今、みんなの顔を見ながらライヴができてることがほんとに嬉しい。超特急がみんなの寂しい気持ちを埋めていける存在になっていきたいと思っていますので、これからも走っていきます!”と口にし、リョウガは“久しぶりに8号車の目の前に立てた瞬間に、マスク越しでも分かる幸せな表情をすごく感じました。ライヴ初日ですが、今日から最高の「Hoopla!」を作っていきたいです”と宣言。そして、ユーキの“みなさんも心が落ち込む時があると思うんですけど、小さな光がどんどん広がって、いつしかこのペンライトのように、光あふれる日々が来ると願って次の曲を披露したいです。みなさんに幸せなエールが届きますように”という言葉から「Yell」が届けられる。美しいメロディーと希望感に満ちた歌が会場に響き渡り、大きな拍手に包まれてライヴ本編が幕を下ろした。

 アンコールでステージに戻った5人は、前に進んでいく意思の詰まった「gr8est journey」を披露。そして、メンバーと8号車で一緒に走っていこうというメッセージが込められた「走れ!!!!超特急」をドロップ! 会場全体の気持ちがひとつになり、明るく楽しくアツいライヴは幕を閉じた。

 超特急と8号車が1年4カ月振りに作り上げたワンマンライヴは、まさに“Hoopla!=大騒ぎ”というタイトルに相応しいものだった。終演後には11月23日のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライヴ『BULLET TRAIN 10th Anniversary Super Special Live 「Dance Dance Dance」』も発表され、さらにタフさを増した超特急の活躍に期待したい。

撮影:米山三郎、深野輝美、林聖
取材:土屋恵介


セットリスト

  1. 1. What's up
  2. 2. Kiss Me Baby
  3. 3. Drive on week
  4. 4. 超えてアバンチュール
  5. 5. Pretty Girl
  6. 6. up to you
  7. 7. メドレー
  8. My Buddy
  9. 〜Clap Our Hands
  10. 〜POLICEMEN
  11. 〜No1
  12. 〜PUMP ME UP
  13. 8. Summer love
  14. 9. Make it hot!
  15. 10. a kind of love
  16. 11. We Can Do It!
  17. 12. LIBIDO
  18. 13. Cosmic岬
  19. 14. キャンディ・ナイト
  20. 15. Table Manners
  21. 16. Fantasista
  22. 17. Asayake
  23. 18. Booster
  24. 19. Burn!
  25. 20. バッタマン
  26. 21. Yell
  27. <ENCORE>
  28. 1. gr8est journey
  29. 2. 走れ!!! 超特急
超特急 プロフィール

チョウトッキュウ:今話題のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。12年6月にシングル「TRAIN」でインディーズデビュー。17年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得! 18年12月には念願のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライヴを成功させ、19年12月〜20年1月にはグループ史上最大規模のアリーナツアーを、20年12月にはグループ史上最大スケールのオンラインライヴを、そして21年6月には神奈川・ぴあアリーナMMにて3日間にわたる有観客ライヴを成功させた。超特急 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着