電話が鳴るのが待ち遠しくなるアニメ
ソング!【今こそ奏でる!昭和歌謡
着メロ名曲サロン】

電話が鳴るのが待ち遠しくなるアニメソ
ング!

プレイリスト選曲:さにー
小さい頃は気づかなかったことに、大人になってから「実はすごかったんだ」と気づくことがありますが、「アニメソング」はまさにそう。
とくに昭和のアニソンは凝っていて、緻密な音楽性の楽曲ばかり!
さらにその着メロアレンジである当プレイリストは、メロディーのキャッチーさやハーモニーの美しさをストレートに楽しむことができます。
「魔訶不思議アドベンチャー!」「おしえて」では暴れまわるベースラインがポイント。どれだけ凝った編曲がなされていたのか?と原曲と聴き比べてみたくなること必至です!
■着信音の試聴・販売リンク
(※PCからはご利用いただけません)


「よあけのみち」大杉久美子
「デビルマンのうた」十田敬三
「行け!行け!飛雄馬〜巨人の星〜」アンサンブル・ボッカ
「アタックNo.1」大杉久美子
「おしえて」伊集加代
「タッチ」岩崎良美
「CAT’S EYE」杏里
「愛をとりもどせ!!」クリスタルキング
「魔訶不思議アドベンチャー!」高橋洋樹
「Get Wild」TM NETWORK
※着信音はモバイル版iTunes Storeのみ。
※現在はApple・iTunes Storeでの販売のみ。
※着信音の購入・設定方法は以下の関連リンクをご確認下さい。

さにー
70〜80年代ポップスを愛する20代。
学生時代のある日、たまたま中森明菜「十戒(1984)」の映像を見て、そのパフォーマンスにカミナリに打たれたかのごとき衝撃を受ける。そこから60〜80年代の音楽を深堀りしはじめ、緻密な音楽性やエンターテイメント性の高さに感銘を受ける。
その後は知識や情報を体系化するために、2018年にWebサイト「あなたの知らない昭和ポップスの世界」を開設。昭和ポップス好きの若者のためのコミュニティ「平成生まれによる昭和ポップス倶楽部」の運営も務める。
1994年、テレメッセージのポケットベルモーラに着信メロディ機能が搭載。1996年5月には、ドコモが世界初の着メロ機能付携帯電話を発売(プリセット楽曲からの選択のみ)した。同年9月には、自分で作曲したメロディを着信音にできる 「メロディ着信音作曲機能」が搭載され、注目を集める。1998年7月に発売された『ケータイ着メロ ドレミBOOK』(双葉社)シリーズは、8冊で計350万部を売り上げるほどの人気に。他にも自作用流行曲のスコア本が多く出版されるなど、着メロは平成の音楽文化を彩る一大ブームを巻き起こしたのである。令和の現在もその魅力が見直されつつある中、ガラケーのサービス終了は、auが2022年3月31日、ソフトバンクが2024年1月下旬、docomoが2026年3月31日が予定されている。しかし、ガラケーから生まれた素晴らしき着メロ文化を伝承するべく、この度プロジェクト企画をスタートする!

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着