岸田教団&THE明星ロケッツ 岸田の「
オタク無分別禁止論」 第二夜 スポ
ーツについて

同人音楽サークルにしてロックバンド 岸田教団&THE明星ロケッツ リーダーであり教祖である岸田によるコラム「オタク無分別禁止論」。岸田が語れそうなお題“だけ”投げて、あとは好きに書いてもらうというある意味博打のこの企画。第二回目は「スポーツについて」。比較的オタクと縁遠いテーマを岸田はどう語るのか?
※このコラムのタイトルバナーは「可愛いネコちゃんの写真載せておけばPVがふえるんじゃないですかね」という岸田さんの制作方針により作成されています。

スポーツ、それはオタクにとってはいろいろです。
大体オタクといえど沢山います。めちゃめちゃスポーツやってる人も多いでしょう。野球やサッカー見てる人も多いと思います。多いですが、しかし非オタクと比較するとどうでしょうか。
遥かにスポーツとか興味ないぞという人が多いのではないか?と感じます。いや語弊がある。サッカーとか野球のメジャースポーツに興味がない、ですね。
そう、なぜか知らないけどオタク、その2つじゃないスポーツやってる人・見てる人多すぎませんか?勝手な偏見かもしれない!うん!でもこれ主観ですがちょっとあるなと思うんですよ。
だって俺も一番好きなスポーツ卓球だし!
サッカーも一通り見ますし野球も見るのでDAZN様との契約は大事にしていますが、それはそれとしてプレイするのも見るのも好きでそれなりに自分のスキルもあるのは卓球だけです。
岸田さんのところのネコちゃん
勿論この場合ここで指す”卓球”とは温泉とかレジャー施設でカップルとか陽キャがキャッキャいいながらぽ~んって打ってる方ではなく、ちょっとキモい感じの謎の動きで回転かけたサーブをしてやたらカサカサ素早く動いてガツンとラケットを振ってチョレイ!っていう方の”卓球”です。
そこで岸田さんなりに今熱い卓球をプレゼンしようと思います。
いやだってさ、サッカーをプレイするってハードル高いよね。だって怖いし。22人も集まらないといけないんだよ?無茶いうなよ。友達増やすとこからスタートかよ。
そしてチャラい元サッカー部のやつに煽られたり負けたりするとなんかムカつくし。(激しいオタクっぽい偏見)何よりそういう人がいっぱいいる世界に飛び込む勇気?ないない。
そこで卓球ですよ。どうですか。
2人いればできるし、用具以外は安いし(用具はまあ高いけどさ……)ちょっと子供にボコされたり強いおじいちゃんやおばあちゃんに歯が立たないこととかを受け入れれば気軽にプレイすることができます。
女性も強いです。俺の技術レベルが高くないのもありますが多分他のスポーツより男女差は明確に小さいでしょう。もしあなたの彼女が元卓球部で遊びで卓球やった時普通に勝てたという人。手加減されてる確率かなり高いですよ。下回転かけて送ったら全部ネットにかかるだろうからなんか悪いし嫌われたくないし……みたいなね!
東京オリンピック混合ダブルス金メダリストになった伊藤美誠選手を真似る岸田さん
そして卓球と言えばラケットをどうしようかなーって考えるのも凄く楽しいんですよね。用具マニアもいっぱいいます。多分やってない人は知らないと思うんですが基本的にラバーとラケットは別売りなんです。そしてあのゴム部分、実は結構劣化するんで数ヶ月くらいで張り替えながら使うんですがこれが色々ある。
初心者向けから上級者向け、回転重視にスピード重視。上級者も初級者も中級者もみんな大事。なんせ中級者くらいになる頃にはみんな”俺なりの用具への感覚とこだわり”みたいなものが多分出来上がってるくらい。
ラバーにいたっては実はアレ消耗品のくせに安くて2000~3000円、ハイエンドなものは8000円とかするんですよ! 勿論ハイエンドラバーのが高性能ですがその分扱いも難しく使ってるだけであの人めっちゃ強いのでは……って空気になります。
その癖そんなに高いのに真面目に練習してたら数ヶ月くらいでダメになります。ガチの人はもっと貼り替えてるでしょう。かといって良くないラバーやダメになったラバー使ってると飛ばないし回転もマジでかからない。
ほら、あの1000円位で売ってるレジャー用ラケットあるじゃん。あんなんだと飛ばないしほとんど回転かからなくていい球いかないですもん。もしこれから真面目に始めようと言うならああいうのではなくそこそこの別売りの方のやつを使ったほうがいいよ!
自分で言っててなんかそういうとこオーディオとか楽器の世界に近いもんもあって楽器やってる機材オタクは100%卓球やったら用具オタクになるなって思いました。ラケットもラバー色々あるんですよね、本当に。
ツルツルの見た目のやつ、同じ見た目で滑りまくる奴もあって、ツブツブのやつもあるし、そのツブツブの背が高い奴もある。他にもペタペタ粘着するやつとかもありましてホント見た目だけではわかりません。
普通のツルツルの見た目のやつは実はめちゃめちゃグリップ力があって回転かかります。一番スタンダード。ペタペタしてるやつは当然それ以上のグリップ力でボールをくっつけたまま逆さに出来るようなやつもあります。回転の癖が強くて量もエグい。
ツブツブのやつは逆にボールを掴まないので相手の回転をある程度無視して叩けるのでめっちゃ球速くなります。粒の背が高いやつは粒が倒れて滑るので相手の回転をそのまま返すことが出来ます。トップスピンかけたやつがバックスピンになって返ってきちゃう。(回転をそのまま返すと選手は向き合ってるので主観では逆回転になる!)
東京オリンピック男子シングルス銅メダリストになったドミトリ・オフチャロフ選手を真似る岸田さん
他にもゴムの下にスポンジがあってその硬さや厚みでも大きく変わるので千差万別。たくさん売ってます。ギターやエフェクター選ぶくらい楽しいです。余裕で勝敗に関わるので本気になれます。最高。
ラケットも純木材5枚合板、7枚合板、カーボン入りのやつ(カーボンが内側か外側かでも区分けがあるらしい)とか色々あります。俺自身カーボン入りのやつは試打しかしたことないんですが全部バラバラの感触です。重さも軽いものからクソ重いやつまである。上級者は1g単位で拘るらしいです。すごい世界……。
でも俺もギターの重さには神経質だし弦も決めたやつじゃないと嫌だしピックも決まってるからそういうものかもしれません。
そして何より強いおじいちゃんおばあちゃんがいるということは長くプレイできるスポーツと言う部分。ほら、こうやって聞いてたらめっちゃいいじゃんって思いません?
以上です。どうでしょう。なかなか楽しそうではありませんか?
えっ?そんなことない……?いやホントに楽しいから!
ネコちゃん
文・写真:岸田

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着