情感豊かなギタープレイが味わえる
アルバート・キングの
『アイル・プレイ・ザ・
ブルース・フォー・ユー』

『I’ll Play the Blues for You』(’72)/Albert King

『I’ll Play the Blues for You』(’72)/Albert King

今もそう呼ばれているのかどうかは分からないが、半世紀ぐらい前にはB・B・キング、アルバート・キング、フレディ・キングの3人をブルース界の「3大キング」と呼んでいた。当時のロック好きの若者はブルースをあまり知らなかったが、エリック・クラプトンやマイク・ブルームフィールドらが彼らの曲を取り上げていたこともあって、3大キングのアルバムをよく聴いていたのは確かである。その中のひとりのアルバート・キングのギターワークは、粘りのある独特のチョーキングと哀愁を帯びたフレージングが特徴で、ロック界に大きな影響を与えたアーティストだ。中でも、マイク・ブルームフィールド、ジミ・ヘンドリクス、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ジョン・メイヤーなどは弟子と言ってもいいぐらいの存在であろう。今回取り上げる本作『アイル・プレイ・ザ・ブルース・フォー・ユー』はタイトルトラック(名曲!)をはじめ、良質のファンキーなブルースが詰まった傑作に仕上がっている。

3大キングの特徴

3大キングの面々は誰もがギタリストとして名声を得ており、そのスタイルはそれぞれタイプが違う。一番早くデビューし、ギターの腕はもちろん歌のうまさも群を抜いているB・B・キング(1925年生まれ)は別格で、近代アーバンブルースのギターテクニックは彼が作り上げたといっても過言ではない。ジャズと比べてシンプルなスタイルが特徴のロックギターは、B・Bのフレージング(とチャック・ベリーのコードプレイ)をもとに展開させたものと言いきってもいいのではないだろうか。また、B・Bはロックやファンクといったブルース以外の音楽を取り入れることも多く、柔軟な思考を持っていることで、ジャンルにとらわれない幅広い彼のスタイルは進化し続けたのだと思う。

アルバート・キング(1923年生まれ)も、B・Bと同じくブルースマンでありながらジャンルにこだわらない活動を続けたアーティストだ。クリームやロベン・フォードが取り上げた彼の代表曲のひとつ「悪い星の下に生まれて(原題:Born Under A Bad Sign)」はスタックスレコード(南部のソウル専門レーベル)からリリースされており、南部ソウルのレーベルから彼はブルースを発信し続けていた。アルバート・キングは右利き用のギターをそのまま左で使用し、独自のオープンチューニングをいくつか使い分けるという独特のスタイルを生み出しているのだが、何より1音以上のチョーキングを多用し、そこから生み出されるエモーションに満ちた哀愁あるギタープレイが素晴らしい。ギターを弾く人ならわかっていただけると思うが、彼のギターをコピーするのはそう難しくない。しかし、深みのある音には絶対ならないというところに彼の凄さがある。

3大キングの中で一番年下のフレディ・キング(1934年生まれ)は、テキサスブルースを礎にR&B、ロック、ファンクなどに影響されたサウンドを持ち味に多くのロックミュージシャン(レオン・ラッセル、ドン・ニックス、カール・レイドル、ジェイミー・オールデイカーなど)をバックにスワンプロックのアルバムもリリースするなど、キャリア後半はロック寄りのブルースマンとして活動し、多くのロックアーティストに影響を与えている。ギタープレイの巧みさはもちろん、特に優れたリフを持つソングライティングが得意で、彼もまたアルバート同様クラプトンに取り上げられて知られるようになった「ステッピン・アウト」や「ハイダウェイ」など、初期の頃はインストの名演が多い。彼は1976年に42歳の若さで亡くなっているので、アルバムのリリースは他のふたりと比べると少ないが、全キャリアを通して注目すべきアーティストである。また、彼は歌もうまく、パンチのあるソウルフルなヴォーカルは彼のギタープレイと同様にアツい。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着