L→R HIROSHI、TOKI、SHOJI、ATSUYA、SEIRA

L→R HIROSHI、TOKI、SHOJI、ATSUYA、SEIRA

【N0NAME インタビュー】
80’sをテーマにした
季節感満載なウィンターソング

4ヴォーカル&1ラッパーによる名古屋発のダンス&ヴォーカルユニット・N0NAMEが2ndCDシングルを完成させた。アップテンポでありながら切なさを感じさせる冬曲「SNOW」を表題に、メンバー作詞による「MASK」とピアノラブソング「GHOST」も収録する本作についてメンバー全員に語ってもらった。

やさしさや情景が
伝わりやすい曲になっている

2nd CDシングル「SNOW」は、タイトル通りのウィンターソングになっていますね。

TOKI
はい。いつもシングルを制作する時はプロデューサーさんと一緒にどんな曲にするかという方向性やテーマを話し合って決めています。前作「CRUISING TOKYO」(2021年7月発表のシングル)はロックテイストでしたが、今回は80’sをベースに季節感を取り入れて冬らしい曲にしようと決めました。
SHOJI
とても素敵な曲になりましたね。レコーディングの時は歌詞の内容を噛み締めつつ、心にグッとくるような感じで歌いました。
ATSUYA
冬の時期の曲というとバラードのイメージが強いと思うんですけど、あえてアップテンポな曲調にしていて、歌う時に“切なさ”を意識しています。
HIROSHI
完成した曲を聴いた時に女性の方も好きそうな曲になったなと思いました。強く歌わないことをみんなが意識しているので、やさしさや情景が伝わりやすい曲になっていると思います。
SEIRA
昨年末からインストアツアーを行なっていますが、この曲を好きと言ってくれる方が多いんですよ。振付けが覚えやすいから一緒に踊ってくれる方もいて、すでにいい感じに盛り上がってます!
TOKI
歌詞もキャッチーで、そこに80’sっぽさも出ています。

ジャケット写真とアーティスト写真も冬らしく、かつカッコ良い雰囲気がありますね。

TOKI
ありがとうございます。今回の衣装は黒と白を基調としていて、メンバーそれぞれのキャラクターに合わせてスタイリストさんが選んでくれました。いつもは統一感のある衣装なので、私服っぽさがあるラフな感じが曲にも合っていると思います。でも、アー写は野外で撮ったので、めちゃくちゃ寒かったです(笑)。

そのまま街を歩いていても違和感がない衣装ですね。

SHOJI
そうですね。歩きづらいのはATSUYAだけかな?(笑)
ATSUYA
上下白なので、普段はあまり着ない組み合わせですからね。
L→R HIROSHI、TOKI、SHOJI、ATSUYA、SEIRA
シングル「SNOW」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着