森川智之はノーミス、宮野真守は腕立
てでパンプアップも 『トップガン マ
ーヴェリック』“胸熱”吹替声優イベ
ントで収録秘話が明らかに

5月18日(水)、東京・神楽座にて、『トップガン マーヴェリック』の“胸熱”吹替声優イベントが開催された。イベントには、同作の吹替声優陣を代表し、マーヴェリック役・森川智之、ルースター役・宮野真守、演出の依田孝利氏が登壇した。
『トップガン マーヴェリック』は、トム・クルーズ主演、故・トニー・スコット監督の映画『トップガン』の続編にあたる作品。前作『トップガン』は、アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機によるスカイ・アクションと青春群像劇で描き、トム・クルーズの出世作となった映画だ。1986年公開の前作から約33年の月日を経て公開される続編『トップガン マーヴェリック』では、主人公のマーヴェリック役でトム・クルーズが主演。マーヴェリックが教官としてエリートパイロット養成学校“トップガン”に赴任する姿が描かれる。その他のキャストとして、『セッション』のマイルズ・テラー、『ノア 約束の舟』『アリ―タ:バトル・エンジェル』などのジェニファー・コネリー、『ザ・ロック』のエド・ハリスらが出演。さらに、前作でマーヴェリックのライバルだった“アイスマン”ヴァル・キルマーもキャスティングされている。メガホンをとるのは、『オブリビオン』のジョセフ・コシンスキー監督。プロデューサーとして。『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジェリー・ブラッカイマーと、『ミッション:インポッシブル』シリーズのクリストファー・マッカリーらが名を連ねている。
吹替声優イベントに森川、宮野、依田氏が登場すると、レディー・ガガの書き下ろし主題歌「Hold My Hand」が挿入された胸熱な予告映像が流されることに。宮野は、開口一番「やばい、泣くね、もう!36年前の作品に自分がまさか携わることになるとは思わなかったです」と感嘆。続けて「前作にもあった男同士の友情などがしっかり本作にも受け継がれているし、因縁めいたマーヴェリックとルースターの関係がありますよね。その関係がどうなっていくか見どころの一つです」と語った。
左から、宮野真守、森川智之、依田孝利氏
また、依田氏は『トップガン』続編の演出を担当したことについて、「前作を観て、MA-1を着て、『ハスラー2』でビリヤード場へ行った世代だから光栄でした。重圧もありましたが、お二人が見事に演じきってくれました」と語り、森川と宮野の熱演を称えた。そして森川は、声優デビューを飾ったちょうどその頃に『トップガン』を観たと明かすようにまさしくトップガン世代で、「当時映画を観て、本当にトムかっこいいなと映画館をでて感じた記憶があります。トムになりたくて当時 MA-1もどきに、レイバンもどきのサングラスをかけて。でもkawasakiのバイクはもっていなかったので、自分の自転車で国道を走っていました(笑)。それが36年経って、遂に願いがいました。夢は叶うんですね」と感慨深い様子をみせる。
次に流されたのは、“日本語吹替版のメイキング”映像。監督のジョセフ・コシンスキーに諏訪部順一、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーに大塚芳忠をそれぞれの吹き替えに起用した映像に、「めちゃくちゃ面白いな、このメイキング映像。監督とプロデューサーが話しているだけで映画に見える」と宮野が語る中、森川は「僕ら、映画の吹替はするけど、メイキング映像の吹替って初めてでしたね。どこにお金使ってんだろうねって(笑)」と驚いていた。
森川智之
また、依田氏は、大塚芳忠と諏訪部順一にオファーした経緯についてきかれると、「頼んでみたら、やってくださることになって(笑)、重厚感のある映像になりました。諏訪部さんからは『本編じゃねーのかよ!』とクレームも言われたり(笑)」と明かし、会場の笑いを誘った。森川は「もう最初から感動。映画始まったら涙でました。アイスマンがでてくるとこととか、ハンカチではなくタオルが必要ですよ!」とコメント。宮野も「最初の音を聞いた時に熱くなると思います。愛がつまっていて、ハンカチどころかバスタオルがいります」と熱弁しつつ、「男の友情が熱いので男が観て、滾る感じが今回もあります」と語った。また、森川は「ヒューマンドラマが素晴らしく、クリストファー・マッカリーの脚本が非の打ちどころがない。どのシーンを切り取っても絵になる」と太鼓判を押す。
宮野真守
さらにこの日は、航空自衛隊・百里基地の全面協力のもと撮影した、声優陣の発表映像も上映。森川が戦闘機に乗り込むという、あまりに壮大な映像に思わず宮野が爆笑する一幕も。森川は照れくさそうな表情も見せはにかみながら、「この映像の後、戦闘機で新宿まで帰りました(笑)」とジョークを飛ばしつつ、「長いことやっていますが、こういった形で発表するのは初めてでした」と振り返った。映像での森川の凛々しい様子に、宮野も「僕もコックピットに乗りたい」と大興奮。また、依田氏が吹替声優陣のチョイスについて、「自分の思うように自由に考えた」と語ると、森川は「本当に、吹替でも十分楽しめるようになっています」とアピールした。
イベントでは、本邦初公開の吹替版予告編も公開。壮大かつ胸熱な出来に会場も大盛り上がりの様子で、宮野は「ハングマン役の中村悠一、喋り過ぎだけどな!」とツッコミを入れつつも、一同感嘆。森川は「この予告をみて胸熱になってもらって、公開日をむかえたいですね」とアピールした。また、吹替の収録現場に関して、依田氏が映画本編でのシーンになぞらえ「ミス1回につき、腕立て伏せ1回」のメニューを取り入れたというエピソードを明かした。森川は「僕はノーミスだった」と述べたが、宮野は「僕は腕立てしましたよ。パンプアップして帰りました」と告白。また、演じていて胸熱だった点に話が及ぶと、宮野は「マーヴェリックに思いをぶつけるシーンが多く、風貌はいかついんですがあまり低い声を意識しないように、ナチュラルな声で表現したかった」と役作りを明かした。森川は、「自分の歳の重ね方と並行してマーヴェリックのお芝居に活かせたらな、と思い臨んだ。それに僕も『トップガン』、トムのファンだから、皆が受け入れて楽しんでもらえるようにしないとなという気持ちが強かったです」と明かした。
左から、宮野真守、森川智之、依田孝利氏
最後に、締めくくりの言葉が3人からおくられた。初めに依田氏は「前作に触れてない若い方にも文句なく勧めできますし、トップガン世代の方はマーヴェリックと同じ時間を生きてきたんだと感じていただけると思いますので是非、みて頂きたいと思います」と語ると、宮野は「若者代表として話していいかわからないですけど、今回、若手のトップガンたちにもフィーチャーされる部分が多く、若者にとって希望のある映画になっていると思います!そこに注目していただきたいです。夢は叶います!」と熱弁。最後に森川は「長い年月をかけて、トムが温めてきた本作、ベスト・オブ・ザ・ベストの吹替版で是非みていただきたいです。吹替版では細かな部分がみられると思いますので、公開日、私と一緒に感動しましょう!胸熱です!」と締めくくり、イベントは終了した。
『トップガン マーヴェリック』は2022年5月27日(金)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着